知事選あす7日投開票 3候補各地で政策主張

LINEで送る
Pocket

任期満了に伴う知事選は7日、投開票される。立候補しているのは届け出順に、新人の草間重男氏(72)=小諸市=、新人で元上田市議の金井忠一氏(72)=上田市=、4選を目指す現職の阿部守一氏(61)=小諸市=の3人でいずれも無所属。3期12年の阿部県政の実績が問われる選挙戦。各候補は新型コロナウイルス感染症、物価高騰など直近の課題への対応や、県の将来像などについて政策を主張している。

阿部氏は出馬に当たって121項目の公約を発表。新型コロナ対策と社会経済活動の両立、価格高騰対策の第2弾などで「確かな暮らしを守り抜く」とし、その上で「若者や女性に選ばれる」などとする県の将来像を示した。前回選では自民、公明、旧国民民主、旧立憲民主の各党から推薦を受けた。今回は「原点に立ち返りたい」として推薦は求めなかったが、各地の遊説などでは各党派の県議らの協力を得た。

金井氏は労働団体などでつくる「明るい県政をつくる県民の会」に擁立され、共産党県委員会からの推薦を受ける。選挙戦では、現県政を「厳しい生活を送る県民の声に耳を傾けていない」と批判し、県民に寄り添う「あったか県政」への転換を主張。新型コロナ対策では検査体制の強化などを掲げるほか、給食費無償化や18歳未満の子どもの医療費完全無償化、リニア中央新幹線建設工事の中止などを訴えている。

草間氏は県内の主要駅などを巡り、地雷廃絶運動の推進や信州大の新学部を移動式キャンパスにすることなどの独自施策を主張している。

おすすめ情報

PAGE TOP