2割お得の諏訪市共通飲食券 来月5日販売

LINEで送る
Pocket

諏訪市飲食店組合連合会は、2割のプレミアム付き商品券「諏訪市共通飲食券」を発行する。1冊1万2000円(500円ずつ使用可能)分の商品券を1万円で、11月5日午前10時から諏訪商工会館で販売。2000円お得な飲食券で、忘新年会シーズンに合わせて消費喚起とまちの活性を図る。

同連合会の6年目の取り組み。商品券は会員約200店舗で、11月5日から来年2月28日まで使用できる。1人当たりの購入限度額は2冊2万円。発行数は1000冊、発行総額は1200万円となる。市、諏訪観光協会、諏訪商工会議所、諏訪地区タクシー事業協同組合が後援。同タクシー事業協組加盟4社の運賃の支払いもできる。

昨年の参加店のアンケートには「新規客が増えた」「前年より売り上げが落ちなかった」などがあり、家族で購入し高級店での食事に利用されているという。小泉親彦会長は「商品券に期待するお客さんも店も多い。飲食業が落ち込んでいるので、昨年以上の売り上げが出て、お客さんでまちの中が元気づけられれば」と期待する。

利用店舗の一覧表を付けて販売する。発売時間は午後6時までだが、昨年は午後1時には完売。売り切れ次第、販売を終了するので、早めの購入を呼び掛けている。問い合わせは小泉会長・ろばた焼き伊呂波(電話0266・58・0365)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP