出早公園の紅葉が見頃 岡谷

LINEで送る
Pocket

見頃を迎えた出早公園北側の紅葉

見頃を迎えた出早公園北側の紅葉

岡谷市長地出早の出早公園の紅葉が見頃を迎えている。例年に比べ遅れ気味ながら、緑からオレンジ、朱色と変化するグラデーションが楽しめる。風が冷たさを増した2日も、さまざまな表情を見せる紅葉を楽しみながら園内を散策する人の姿があった。

出早雄小萩神社の社叢でもある公園には、約20種類、500~600本のカエデがあり、春のカタクリと共に自然豊かな名所として知られている。保護・育成活動に取り組んでいる地元有志の団体「愛楓会」(鮎沢健二郎会長)によると、夏の猛暑と秋の長雨の影響で遅れているが、公園北側の日当たりのいい場所ではきれいに色付いたカエデを楽しめる。

園内では愛楓会による「もみじ祭り」が5日まで開かれており、湯茶の接待もある。鮎沢会長は「10日ころまで楽しめると思う」と話し、来園を呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP