晴れやかに七五三参り

LINEで送る
Pocket

境内を歩く子どもたち=3日午前、諏訪大社上社本宮

境内を歩く子どもたち=3日午前、諏訪大社上社本宮

天候に恵まれた文化の日の3日、諏訪大社は七五三参りの家族でにぎわった。晴れ着姿の子どもたちがにこやかな表情を浮かべながら、健やかな成長を願う両親や祖父母と一緒にお参りした。

諏訪市の上社本宮では、振り袖姿の女の子や、羽織はかまや洋服を着た男の子が祈とうを受けた。千歳あめや風船を手に境内をうれしそうに歩いたり、家族と記念写真を撮ったりすると、一般参拝客から「かわいいね」と声がかかった。

茅野市宮川の小学1年柳平果凜さん(7)は、両親と祖父母、弟の明慶君(3)と一緒にお参り。ダンスを習い始める予定でおり「いっぱい練習して、上手に踊れるようになる」と笑顔を見せた。父親の直樹さん(37)は「これからも、元気に、明るく育ってくれれば」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP