八面観

2017年09月12日付

いつごろの理科の授業で耳にしただろうか。太陽表面の爆発現象「フレア」。大規模なフレアが11年ぶりに観測され、情報通信研究機構は全地球測位システム(GPS)や電波通信に影響を与える可能性があると注意換気した▼米航空宇宙局(NASA)の観測衛星…

全文を読む

2017年09月10日付

〈鎌倉が先生の本拠地だとすると、小津組の第二の故郷は、蓼科です〉。俳優笠智衆さんが自著「大船日記」に書いている。先生とは映画監督小津安二郎のこと。監督は晩年、茅野市の蓼科高原を仕事場とし、数々の名作を送り出した▼小津監督を蓼科へと導いたのは…

全文を読む

2017年09月09日付

「傷痍軍人」と聞いて、若い人は分かるだろうか。富士見町出身の報道写真家、樋口健二さんが戦争で負傷した軍人のその後を取材した写真集「忘れられた皇軍兵士たち」(こぶし書房)を出版した。戦後の繁栄の裏側で、人知れず生き続けた傷痍軍人に焦点を当てた…

全文を読む

2017年09月08日付

ちょっとした心配りや手助けを実践することで、障がいのある人が暮らしやすい地域社会を実現しようという「あいサポート運動」。2009年に鳥取県の独自運動としてスタートし、各地に広まっている▼長野県では13年に「信州あいサポート運動」として始まっ…

全文を読む

2017年09月07日付

最も日本に台風が上陸する季節がやって来た。近年、県内では台風による大きな被害がないため、警戒心が薄れがちになっているが、過去には県内でも多くの死者を出した歴史がある。「四方を山で囲まれているから大丈夫」などと油断してはならないのだ▼台風は最…

全文を読む

2017年09月06日付

夏の終わりに訪れた下諏訪町郊外の八島湿原で、「自然との出合いは一期一会」という言葉を聞いた。咲いている花も、空を飛ぶ鳥も、吹き抜ける風も、その日その場限りで、いつも変化している。人生で二度とない瞬間という意味だそうだ▼一期一会と言えば、古本…

全文を読む

2017年09月05日付

電話が苦手な人が増えているという。携帯電話やスマートフォンがこんなに普及しているのに―とも思ったが、10代の平日1日のメディア利用時間は交流サイト(SNS)の58分に対し電話は約3分という総務省の調査結果を目にして、なるほどと時代の変化を感…

全文を読む

2017年09月04日付

人から受ける親切が身に染みるときがある。何らかの期限に追われ、当てにしていたことがままならなかった際にはなおさらだ。自分のことはさておいた親身な応対に出合うと、心からありがたいと思う▼先日、不案内な土地に個人住宅を訪ねた。車にカーナビは付い…

全文を読む

2017年09月03日付

県希少野生動植物保護監視員の小口泰人さんが、中川村でブッポウソウを確認したのは1990年。ここから始まった保護活動と巣箱かけだった。県天然記念物で絶滅危惧種の渡り鳥の繁殖地は周辺に広がり、同村を含む上伊那南部地域では今季、23つがいの営巣が…

全文を読む

2017年09月02日付

まさか人災だったとは。岐阜県瑞浪市の中央道で8月18日夜に起きた土砂崩れ。同市の窯業原料メーカーが崩落現場に窯業原料を不法投棄した疑いが出てきた▼この日は中央道を名古屋方面へ車を走らせていた。翌日帰る予定だったから、少し時間が前後すれば自分…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP