八面観

2020年7月29日付

このまま収まるかと、一時は淡いながら期待を抱かせた国内の新型コロナウイルス感染拡大。緊急事態宣言の解除後、それを待っていたかのように感染者数は再び上昇を始め、歯止めがかからない状況だ▼終息は容易でないだろうと想像していたが、春先ごろにはまだ…

全文を読む

2020年7月28日付

商店街のアーケードで、黄色の円盤が風を受けてくるくる回っていた。反対側から見ると、ヒマワリの花をかたどった風車だった。街を明るくしてくれる気の利いた飾りで、梅雨明けが近いことを知らせているように見えた▼今年も育てているだろうか…。ふと思い出…

全文を読む

2020年7月27日付

少し前のニュースだったと思う。新型コロナウイルスについて、科学者のグループが飛沫感染で考えられているより遠くまで飛んでいるという声明を発表した。「空気感染」と呼びWHOに対し対策を見直すよう求めた▼WHOの責任者は「可能性は除外できない」と…

全文を読む

2020年7月26日付

不安定な陽気のせいもあるだろうか。一時期はガラリとしていた医療機関の待合に混雑が戻ってきた。世の中、病を抱えた人がいかに多いかをつくづく思う▼年を取ると世間話も健康や病気のネタが増える。そこでしばしば話題になるのが医療機関の評判だ。大概、地…

全文を読む

2020年7月25日付

非核平和や反戦を願い、諏訪や上伊那地域にもシンボル的なモニュメントが建てられている。戦争の悲惨さや平和の尊さを伝えたいとの先人の思いが込められている▼諏訪市の諏訪湖畔に5年前建立された「平和の塔」は市内などで反戦・平和活動をする人たちの象徴…

全文を読む

2020年7月24日付

今年は玉が小さかったり、生育不良のまま腐ったりして大変だよ―。ジャガイモを栽培する知人男性がため息をついていた。長雨や日照不足の影響で、多種の農産物が不作になるとの懸念が強まっている▼都内中央市場では6月からジャガイモやニンジンの出荷が充足…

全文を読む

2020年7月23日付

家庭向けの雑誌「家の光」8月号にJA上伊那の御子柴茂樹組合長のインタビュー記事が載った。御子柴さんといえば、普段は眼光鋭くダンディーなスーツ姿で硬派な印象だが、雑誌の写真は作業用のつなぎを着てほほ笑み、「えっ優しさをアピールするイメージ戦略…

全文を読む

2020年7月22日付

英語が苦手な私でも「go to」の意味は知っている。「~に行く」だ。政府の国内旅行需要喚起策「Go To トラベル」キャンペーンが、きょう22日から始まる▼旅行代金の最大5割、1人1泊当たり2万円を上限に補助する。新型コロナウイルスで打撃を…

全文を読む

2020年7月21日付

洗濯用の粉の洗剤を買ってきて、いざ使おうと箱を開けたら、計量用のスプーンが入っていなかった。メーカーが入れ忘れたわけではない。箱をよく見てみれば、環境への影響に配慮してプラスチックのスプーンを付けていない旨が割と大きな文字で印刷されてあった…

全文を読む

2020年7月20日付

茅野市蓼科の道の駅「ビーナスライン蓼科湖」に、小さなソフトクリーム屋さんが開店した。八ケ岳中央農業実践大学校の牛乳など、地元素材にこだわったソフトを提供する。19日も大勢の来店客でにぎわった▼昭和の時代に蓼科プール平にあり、文人墨客に愛され…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP