八面観

2018年02月14日付

韓国・平昌冬季五輪が開幕し、熱戦が繰り広げられている。4年に1度の冬の祭典で、長野冬季五輪以上の好成績が期待される日本。女子スピードスケートの小平奈緒選手の出身地・茅野市ではパブリックビューイングが開催され、小平選手の金メダル獲得への大きな…

全文を読む

2018年2月13日付

気象庁には「石を投げれば信州人に当たる」と言われた時代があったそうだ。気象庁の職員に長野県出身者が多かったという指摘で、お天気キャスターの森田正光さんが自らの経験を重ねつつ、著書で紹介している▼言われてみると、思いつく人は多い。作家の新田次…

全文を読む

2018年2月12日付

頭からアンテナが伸び、一般情報だけでなく感覚や感情までもやりとりする。脳がコンピューターのソフトウエアベースとなる。そんな時代が10数年後にはやってくるそうだ。にわかには信じ難いが、人工知能(AI)の急速な発達を目の当たりにすると、夢物語で…

全文を読む

2018年02月11日付

きょう2月11日は「建国記念の日」。国民の祝日に関する法律に「建国をしのび、国を愛する心を養う」と定められている。今さらながらであるが、おぼろげな知識を補完するつもりで由来をインターネットで調べてみた▼「建国記念日」ではなく「建国記念の日」…

全文を読む

2018年02月10日付

入学してから3年間、お米の生産から流通までを実践的に学んできた上伊那農業高校生産環境科の3年生は、自分たちで作った有機肥料栽培米をクラス全員で味わい、高校での学びを締めくくった▼登録検査機関のJA上伊那の検査員から「1等米」のお墨付きを得た…

全文を読む

2018年2月9日付

「いかのおすし」と言えば子どもたちが誘拐などの犯罪から身を守るため「知らない人について『いか』ない」などの行動をまとめた標語。学校での防犯教室などで教わる▼やがて社会人になると、ビジネスマナーとして最初に教わるのが「ほうれんそう」だろう。組…

全文を読む

2018年02月08日付

その組織は「脱体育会系」で「コミュニケーション」を重視、「全員がリーダー」の意識を持ち、「良好なコンディション」の維持を常に心掛ける。今年1月7日のラグビー大学選手権決勝で、前人未到の9連覇を達成した帝京大学の素顔だ。日ごろの積み重ねが「負…

全文を読む

2018年2月7日付

20年前のきょうは、長野冬季五輪の開会式が行われた日である。長野市の長野五輪スタジアムでは、諏訪大社御柱祭の建て御柱が披露され、横綱・曙関の土俵入りもあった。日本勢は大活躍し、冬季五輪史上最多になる金5、銀1、銅4の10個のメダルを獲得した…

全文を読む

2018年2月6日付

仕事柄、絵画や書などの展示会を見る機会が多い。書体によって何と書かれているのか読めない書は正直苦手。絵も抽象画の世界になってくるとよくわからない時がある。「見たままの印象でいいんですよ」と言われるが、わからないものはわからない▼要は自分に芸…

全文を読む

2018年02月04日付

「太いのり巻きを1本持ってな、その年の恵方に向いて食べるんや。食べ終わるまで絶対に目を開けたり、しゃべったりしたらあかんねん」。学生時代に友が披露した関西の節分のユニークな風習に、地域の多様性を実感した▼今や信州の節分でも店頭に巻きずしが並…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP