八面観

2018年09月14日付

最大震度7を観測した北海道の地震は発生から1週間が経過した。停電や交通インフラは復旧が進む一方で、避難所生活は長期化の様相だ。加えてインターネット上でのデマに不安を募らせている人もいる▼地震後も自宅で過ごしている女性は、再び揺れが来るとの誤…

全文を読む

2018年09月13日付

平成の時代とともに始まった諏訪湖マラソン(諏訪圏健康推進協議会主催)は、10月28日で30回を数える。第1回大会を取材した筆者にとっては、この間を振り返ると感慨深い▼当時、諏訪湖を一周するマラソンは、中学や高校では実施されていたが、大規模な…

全文を読む

2018年09月12日付

最近はスマートフォンを天にかざすだけで、その方向に見えている星の名前を教えてくれる星座早見のアプリがある。時刻を指定すれば、ずっと昔、ずっと未来の星空も教えてくれる▼自分などはときどき夜道を歩きながら明るい星を見つけた際に確認してみる程度の…

全文を読む

2018年09月11日付

「楽しそうにしている大人の姿を見せたい」。伊那市の平澤正貴さん(45)が以前に語っていたこと。伊那商工会議所青年部の前部長で、伊那ローメンファン倶楽部部長。イベント会場で何度も顔を合わせているが、いつもにこにこ、楽しげだ▼「それしか取り柄が…

全文を読む

2018年09月09日付

〈恐れのなかに恐るべかりけるは、ただ地震なりけりとぞ覚え侍りしか〉。鴨長明は都を襲った地震の惨状を「方丈記」に記している。平家の滅亡間もない文治元年(1185年)の大地震だという。文面からその恐ろしさが伝わる▼平安末期に京都や滋賀を襲ったと…

全文を読む

2018年09月08日付

さすがに暑さがやわらいできた。コスモスの花があちこちで揺れている。秋の花は美しいのだが、見ていると、何かもの寂しくなる。季節が冬へ向かうことを知っているからだろうか▼諏訪二葉高校(諏訪市)などで美術教師を勤めた洋画家の宮芳平は、多くの詩を残…

全文を読む

2018年09月07日付

2020年に開催される日本にとって2回目の夏季五輪「東京オリンピック」。開催まで2年を切ったが、ここにきて「ボランティアが集まらない」と問題になっている。猛暑の期間、過酷とも言える労働を課せられるのに手当はない「やりがい搾取」などと悪い評判…

全文を読む

2018年09月06日付

台風は古くから「野分」と呼ばれて恐れられた。「二百十日」のちょうど今頃吹く、野の草木を倒すような強い風を指すという。強い勢力を持った台風21号が去ったきのうの朝、通勤途中に倒木や折れた樹木の枝などをあちこちで見かけた。台風の異名通りの怖さが…

全文を読む

2018年09月05日付

地元の落語会の取り組みに少しだけ関わらせてもらい、年に数回落語に触れる機会をいただいている。その時代の風景や人々の表情が目に映るような、そばやサンマの焼ける香りも感じられるほどの噺家さんの巧みな言葉選びや表現力には、いつも感心させられる▼先…

全文を読む

2018年09月04日付

がんは日本人の死因の大きな部分を占める。どうにも厄介な存在だ。おそらく世界中の英知が根本的な治療方法や特効薬の開発、発見に心血を注いでいるのだろうが、実現には至っていない。がんを防ぐための生活習慣や、がんの早期発見・治療が大切になる▼昨秋、…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP