八面観

2018年12月26日付

虫垂炎で救急搬送されたことがある。自分で119番通報したのだが、まさか虫垂炎だとは思わないので、救急車に来てもらうほど重症なのか自力で病院に行くべきなのか、迷ったことを覚えている▼救急車をタクシー代わりに使う人が多いので消防署が適正利用を呼…

全文を読む

2018年12月25日付

恋人がサンタクロース、背の高い…。松任谷由実さんの楽曲とともに、大ヒットした映画「私をスキーに連れてって」。平成の始め頃の作品と思っていたが、1987(昭和62)年公開だった。ビデオ(VHS)の発売が89年だから勘違いしていたようだ▼スキー…

全文を読む

2018年12月24日付

日本人の生活に定着した祭りや行事を見回し、贈り物に着目したのは、ロシア語通訳にしてエッセイストとしても活躍された米原万里さんだ。〈どれも贈り物のやりとりを伴うからこそ根付いたのではないだろうか〉と推論している▼クリスマスが代表格だろう。エッ…

全文を読む

2018年12月23日付

追いかけても、追いかけても、するりと逃げる。なかなか手が届かない。若き日の自然写真家、西村豊さん=富士見町=にとって、ホンドキツネは憧れの異性のような存在だったのだろう。縮まらない「距離」がもどかしかった▼20代前半、冬の八ケ岳で、月の光に…

全文を読む

2018年12月22日付

スーパーで買い物をしていると、カボチャや柚子が入り口近くの一番目立つ位置に鎮座していた。忙しさのあまり、曜日すら忘れがちになっていたが、22日が「冬至」であることに気づかされた。伝統文化や風習が薄れつつあるというが、しっかりと昔ながらの風習…

全文を読む

2018年12月21日付

仲間同士で世間話をしていてよく出てくるフレーズが、「あるある」という同調を表す言葉だろう。会話の途中で「それ、あるよね」などと合いの手が入ると、話が盛り上がっていく。共感の輪を広げる魔法の文句かもしれない▼そんな言葉を冠した企画「下諏訪ある…

全文を読む

2018年12月20日付

県内高校生の約3割が、自分にネット依存の傾向があると感じているという。県教育委員会の実態調査。平日にスマートフォンやパソコンなどを3時間以上使う生徒は約半数の48%で、前年度調査から8%増えた▼新聞社にいて歯がゆい思いもあるが、ICT(情報…

全文を読む

2018年12月19日付

反省する習慣を持っているかどうかがとても大事-。取材で先日聞いた講演で、講師がこう指摘していた。自らを省みることは容易ではないけれど、反省を積み重ねることが必要と説いたのだと受け止めた▼経営コンサルタントの小宮一慶さんを講師に、諏訪信用金庫…

全文を読む

2018年12月18日付

音楽には不思議な力があるんじゃないか―。福祉施設に歌のプレゼントをしている人たちを取材していて、そう思うことがある。選曲のうまさもあるが、聞いている人たちが演奏に合わせて自然に手拍子を始めたり、一緒に口ずさみ出したりする▼合唱団が施設訪問し…

全文を読む

2018年12月17日付

わがまちの良いところを聞かれて、すぐに気の利いた返答ができるだろうか。長野県に住んでいれば自然や環境が頭に浮かぶが、それでは少々独自性に欠ける。地方創生が課題となる中、各自治体では地域の振興をどう図っていくか知恵を絞る▼鹿児島県霧島市は「褒…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP