八面観

2021年2月7日付

長野県や諏訪、上伊那地域には2月の記念日が意外と多い。ちなみに、きょうは「長野の日」。1998年の長野冬季五輪の開会式が2月7日に行われた。古代衣装を着た伊藤みどりさんの聖火の点火や建て御柱の場面が脳裏に焼き付く▼語呂合わせで2月23日は富…

全文を読む

2021年2月6日付

立春がすぎ、春の訪れを告げるように、地上に届く光も日増しに強まっている。2月を指す「光の春」という言葉はロシア語に由来するとか。酷寒の地の人たちにとって、軒のつららを解かす日の光は春の訪れを知らせる便りだろう▼寒さも和らぎ、体も動きやすくな…

全文を読む

2021年2月5日付

昨年までにメジャー通算78勝をあげた現役バリバリのメジャーリーガー田中将大投手が、8年ぶりに日本球界に復帰する。それもかつてプレーしていた楽天イーグルスに。楽天ファンだけでなく、野球ファンのほとんどが喜んでいることだろう▼楽天時代、東日本大…

全文を読む

2021年2月4日付

これから大きな課題になっていきますよ―。10年ほど前の自治体職員の”予言”が頭に浮かぶことが多くなった。団員確保や待遇など、消防団をめぐる問題が各地で顕在化してきたからだ▼南箕輪村と中川村の消防団が来年度からポンプ操法とラッパ吹奏大会の開催…

全文を読む

2021年2月3日付

「眉間にしわが寄ってるよ」と家族に指摘された。先週から続く右肩の痛みが表情を通じて伝わったようだ。寝返りを打つにも、服を着るにも走る激痛。表情を気にしている余裕はない▼五十肩(肩関節周囲炎)。50歳前後に起きる肩の痛みとして、古くは江戸時代…

全文を読む

2021年2月2日付

車を運転するときに、方向指示器を早めに出すことを心掛けている。曲がろうとしてブレーキを踏み始めるよりもさらに前の段階、つまりアクセルから足を離してスピードを緩めようという時点には出していようと思っている▼後続車に、ブレーキランプが点灯したこ…

全文を読む

2021年2月1日付

まちの花屋さんを訪ねてみると、桜の花が咲き始めていた。生け花用の花材として仕入れているという切り枝だった。まだほんの2、3輪といったところだったが、枝にはつぼみがたくさんついていた。開花が目前なのか、ピンク色をしているつぼみもいくつかあった…

全文を読む

2021年1月31日付

少し気が早いが、「今年の漢字」に「再」を挙げたい。ラジオの出演者が話しているのを聞き、同感した。緊急事態宣言が再び発令されたことではない。コロナが収束し、再生、再建、再興といった方向にかじを切る。希望につながる年になってほしいという思いであ…

全文を読む

2021年1月30日付

「皆で打ち合わせを」と口にして、「3密」の言葉が脳裏をよぎる。素人の予防策では絶対に感染しない自信などを持てようもなく、かといって安全な手だても思いつかず、じれるばかり。皆はこの状況にどう対処しているのだろう▼新型コロナウイルスの感染状況を…

全文を読む

2021年1月29日付

デジタル化など先端技術は現代のまちづくりに欠かせない要素。これらのサービスに順応する人がいる半面、ついていくのが難しい人もいる。誰もが取り残されずにサービスを受けるためにはどうしたらよいのか。まちづくりの課題に挙げられている▼茅野市が昨年1…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP