八面観

2018年8月24日付

今年の夏は、いつになく局地的大雨(ゲリラ豪雨)が多発しているように思える。テレビのニュースや天気予報でも、連日のごとく全国各地の局地的大雨について報道され、時に熱帯地方特有の「スコール」ではないかと思える強烈な雨が降り、傘など何の役にも立た…

全文を読む

2018年08月23日付

古い民家の構造の一つに、「通り庭」がある。表口から裏口に抜ける土間が、家の中を真っすぐに走る。今ではすっかりなくなってしまったけれど、商人や職人が住んだ町屋などに残る懐かしい造りである▼今夏、取材で何度か訪ねた下諏訪町の旧中山道沿い休憩施設…

全文を読む

2018年08月22日付

記録的な酷暑も盆を過ぎて一段落。朝晩は空気がひんやりとし、田畑に飛び交うトンボが目に付くようになった。多くの小中高では夏休みが終わり、2学期がスタート。校舎に子どもたちの笑顔や歓声が戻ってきた▼まとまった休みで心身ともにリフレッシュし、気持…

全文を読む

2018年08月21日付

お盆が明けたと思ったら暑さが急に和らぎ、昼間は日差しが強いものの朝夕はひんやりと爽やかで、からっとして過ごしやすくなった。秋の訪れが確実に近づいているようだ▼まだ猛暑が続いていた7月末か8月初めのこと。むっとする空気の中で瞬間的だがさっぱり…

全文を読む

2018年08月20日付

「路傍三百」と聞いたことがある。300種ぐらい知っていれば道端の植物はおよそ見当がつくようになるとか、散歩をすれば、それぐらいたくさんのものが見られるという意味で使われるそうだ▼小紙上伊那版で連載している「道草を楽しむ」が、15日で300回…

全文を読む

2018月8月19日付

「あの夏は暑かった」。そんな一過性の異常気象で終わればいいのだが。災害レベルと言われる今夏のような猛暑が当たり前になっていくようだと気が重くなる▼だが、むしろそうなる可能性の方が高くなっているのではないか。いくつかのテレビ番組で環境省が制作…

全文を読む

2018年8月18日付

自然観察、マスつかみ、流しそうめん―。いずれも夏休み中に自治体および地区単位で開く子ども寺子屋教室で行う内容だ。盆暮れ、土日祭日が必ずしも休日とは限らない親の就労形態の多様化に伴って生まれた、子どもたちの新たな居場所。各地の公民館関係者を中…

全文を読む

2018年8月17日付

人気を集めているNHKのクイズ番組「チコちゃんに叱られる!」ではないが、知っているようで実は知らないことがたくさんある。この夏の猛暑と関連して、小学生だったら一研究のテーマにしたくなることがいくつかあった▼一つはニュースで知ったこと。子ども…

全文を読む

2018年08月16日付

台風の接近で連日の暑さが和らいだある日、無数のトンボが舞い立った。一帯の視界を薄暗くするほどの数。まるでチャンスは今日限りといわんばかりに激しく飛び回っていた▼盆が過ぎれば秋風が立つ│との言い伝え通り、朝晩の風が涼しくなってきた。「例年通り…

全文を読む

2018年08月15日付

諏訪市湖岸通りの諏訪湖畔にあるモニュメント「平和の塔」。諏訪地方の有志グループ「戦争はいやだ、平和を守ろう会」が、発足10年を記念して3年前に建立した。今年も8月6日の広島原爆の日に合わせて「平和の鐘を撞く集い」を開き、約70人が参加して鐘…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP