ニュース

霧ケ峰自然保護センターを情報発信拠点に

県は、来年度の新規事業「信州ネイチャーセンター構築事業」で、県内4カ所の自然保護センターをエコツーリズムの新たな情報発信拠点の「ネイチャーセンター」と位置付ける。このうち霧ケ峰自然保護センター(諏訪市)の具体的な活用策の検討に着手する方針を…

全文を読む

上伊那の家庭ごみ4割 水切りで減量可能

上伊那地方の家庭から可燃として排出された収集ごみのうち重量ベースで42・5%が、水分を切ることで減量化ができる生ごみだったことが上伊那広域連合の調べで分かった。資源化できるごみも約2割混入しており、同連合は「生ごみは水切りを徹底し、資源化可…

全文を読む

パラ五輪アイホ日本代表へ岡谷からエール

岡谷市社会福祉協議会は23日、3月の平昌冬季パラリンピックに出場するパラアイスホッケー日本代表の壮行会を同市のやまびこスケートの森アイスアリーナで開いた。同市を練習拠点にしている代表チームの活躍を願い、応援メッセージを寄せ書きした国旗や市内…

全文を読む

中川村が保育料減額へ 上伊那最低水準に

中川村は4月から村内2保育園の保育料を減額し、保護者の経済的負担を軽減する。年間約600万円程度の減額になる見通し。負担分は各種経費を削減し、一般財源から拠出する。23日の新年度一般会計当初予算案発表の会見で、宮下健彦村長が明らかにした。 …

全文を読む

「湖山荘」11月営業終了 後利用を協議へ

県職員が加入する地方職員共済組合県支部の保養所「湖山荘」=諏訪市湖岸通り2=が、経営難により11月末に営業を終了して来年度いっぱいで廃止され、同支部などが所有する土地と建物は、今後処分される方向で検討されることが23日、分かった。 湖畔の諏…

全文を読む

一般入試に182人臨む 東海大諏訪高校

東海大諏訪高校(茅野市)で23日、2018年度一般入学試験が行われた。普通科、理数科合わせて182人(男子107、女子75)が、国語、英語(リスニングを含む)、数学の3科目の学力試験(筆記)と個人面接試験に臨んだ。 受験者の内訳は、普通科が…

全文を読む

吊るし飾り1000体 荒神山温泉春まつり

辰野町荒神山公園のたつのパークホテル(松井夏穂支配人)で、地元団体が制作した吊るし飾りが展示さている。3月4日まで開催中の「たつの荒神山温泉春まつり」(長野日報社など後援)のメイン展示。色とりどりの愛らしい人形が桃の節句の雰囲気を演出し、来…

全文を読む

個性あふれる創作人形 来月2日に作品展

創作人形作家・長田慧子さん=茅野市=が主宰する創作人形サークル諏訪、茅野、岡谷、松本の各教室生による合同作品展「ハートで展」が、3月2日に諏訪市の諏訪赤十字病院エントランスホールで開かれる。顔やボディー、小物にいたるまで手作りの洋装や和装人…

全文を読む

新和田トンネル無料化前倒し 県会で知事

阿部守一知事は22日、県道路公社が管理する有料道路のうち、2025年3月に料金徴収期限を迎える「新和田トンネル有料道路」(岡谷市-長和町、14.8キロ)について、「21年夏ごろまでに一般道路化が可能の見込み」と述べ、同期限から3年半余り前倒…

全文を読む

選択制「宿泊学習」を導入 富士見中1年生

富士見町富士見中学校は新年度から1年生の「総合的な学習」の一環に、体験を通して郷土愛を育む選択制の宿泊学習を新たに導入する。▽南アルプスジオパークの探索▽縄文体験と土器作り▽八ケ岳登頂│の3コース。宿泊行事と学習とを結びつけ、かつ複数の選択…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP