ニュース

移住セミナー第2弾は仕事 茅野市

茅野市移住推進庁内連絡会議は27日、オンライン移住セミナー第2弾を市役所や参加者などをウェブ会議システムでつないで開いた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で地方移住への関心が高まる中、移住先としての茅野市の魅力をオンラインで発信する試み。今…

全文を読む

伊那北高100周年記念事業 式典は10月9日

伊那北高校(伊那市)創立100周年記念事業実行委員会は、当初は昨年実施する計画で準備していたが、新型コロナウイルスの感染対策で1年間先送りした記念行事の日程を公表した。記念式典は10月9日に同市の県伊那文化会館で行う。このほか、美術展やコン…

全文を読む

空き家予防に理解深める 藤森さん講演

諏訪市は27日、空き家予防セミナーを同市の駅前交流テラスすわっチャオで開いた。市空家等対策協議会委員で司法書士の藤森智明さんが「スッキリ!空き家のあれこれ」と題して講演。定員を上回る約20人が受講し、空き家の予防策に理解を深めた。 藤森さん…

全文を読む

地域公共交通計画案まとまる 駒ケ根市

駒ケ根市地域公共交通協議会(会長、伊藤祐三市長)は、来年度から5年間の市内公共交通施策の指針となる地域公共交通計画案をまとめた。デマンド型乗合タクシー「こまタク」の利便性向上を図るほか、市街地循環や駒ケ根高原を起点とする山麓エリアを周遊する…

全文を読む

繭ひな人形で火災予防啓発 岡谷消防署

春の火災予防運動(3月1~7日)に合わせ、岡谷消防署は「火無祭」と銘打ち、蚕の繭で作ったひな人形などを岡谷市の同消防署入り口に展示している。介護老人福祉施設さわらび(同市西山)の利用者と職員が手作りしたもので、ひな壇にはひな人形15体のほか…

全文を読む

漬物石作り「石工」体験 伊那でイベント

石を細工する職人「石工」の体験イベントが27日、伊那市のいなっせで開かれた。約10人が参加し、石を割ったり削ったりする道具を使って漬物石を作った。 同市は江戸時代に活躍した職人集団「高遠石工」のゆかりの地。これまで石仏を鑑賞するイベントはあ…

全文を読む

「あそびば!」今年度で幕 富士見

富士見町内で小学生の放課後の受け皿として13年間、地元のお母さんたちが運営してきた野外活動の「あそびば!」が今年度で幕を閉じる。活動を支えてきたスタッフ、近年の小学生ともに取り巻く環境が変化し、継続が難しくなったため。当初は林野での自由な過…

全文を読む

福祉の視点で防災考える 富士見中で初の授業

富士見町富士見中学校で26日、福祉の視点から防災を考える初の授業があった。地域福祉の担い手の一人としての自覚を養い、災害発生時にどう行動するかを考える、同校では初めてのテーマ。2年生116人が町社会福祉協議会職員で防災士の高木雅成さん(37…

全文を読む

旧東バル跡地 活用案に県内外から関心

諏訪市湖岸通りにある旧東洋バルヴ諏訪工場跡地(諏訪湖イベントひろば)の活用プロジェクトで、諏訪市が実施したサウンディング型市場調査に県内外の16企業団体から応募があったことが、市企画政策課への取材で分かった。さらに市民から7件の提案が寄せら…

全文を読む

白樺湖畔に「森の美術館」 28日オープン

池の平ホテル&リゾーツは28日、茅野市と北佐久郡立科町にまたがる白樺湖の湖畔エリアに「白樺リゾート森の美術館」をオープンする。世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館、蓼科テディベア美術館に隣接し、同社では「森の3つの美術館」として、芸…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP