ニュース

岡谷の製糸業語る 諏訪倉庫が歴史資料室開設

諏訪倉庫(小宮山英利社長)は岡谷市郷田の本社内に同社の歴史資料室を開設した。明治から昭和初期に掛けて製糸業が発展した岡谷市で、各地から集まる繭を巨大な倉庫群で保管し、社業発展の礎を築いた同社。資料室には、岡谷の製糸の歴史を知る上でも貴重な資…

全文を読む

ベトナムに響く御諏訪太鼓 交流イベント出演

岡谷市を拠点に活動する御諏訪太鼓の山本麻琴さん(35)ら2人がベトナムの首都ハノイなど3都市で行われた日本とベトナムの友好促進を目指す桜をテーマにしたイベントに出演し、日本の文化を発信した。和太鼓とダンス音楽、ダンサーとの共演で斬新な発想が…

全文を読む

教室開催や練習会に力 諏訪市木遣保存会

諏訪市木遣保存会は、4月から新たに市民対象の木遣教室開催や、月例練習会に力を入れるなど2022年の御柱祭を見据え、会員増強を図る。26日夜、市内の仙岳で開いた臨時総会で決めた。同会発足43年で初の女性会長に就任した竹森笑子さん(62)=南真…

全文を読む

あせらず地域に溶け込んで 田口さん講演

作家でエッセイストの田口ランディさんが26日、下諏訪町新町下の喫茶店「カフェ&ギャラリーひとつぶの麦」で、移住についての講演をした。同店が町から民間移住交流拠点と位置付けられているのを受け、独自に企画。東京から神奈川県湯河原町に移り住んだ田…

全文を読む

手作りの木の動物たち 酒井さん22種類作成

伊那市西春近諏訪形の酒井一さん(65)が、木材加工の技術を使って動物をかたどった木製置き物を作っている。イヌやネコといった身近な動物にはじまり、ロバ、ラクダ、トナカイ、サイなど作製している動物は多彩。「ミニ動物園にしたい」という酒井さんは現…

全文を読む

わいわいサロン始動 県シニア大卒業生有志

2月に県シニア大学諏訪学部を卒業した第36期生有志10人は、「わいわいサロン」の活動を始めた。毎月第3水曜日に茅野市の市民活動センター「ゆいわーく茅野」に集い、参加者同士で情報交換しながらやりたいことを提案していく。「仲間づくりや何かを始め…

全文を読む

笑顔の広小路商店街 空から紹介

駒ケ根市の広小路商店街振興組合は26日、商店街の魅力を発信し活性化につなげようと制作した公式動画などの披露イベントを同商店街の「スマイルハウス広小路」で開いた。空撮で中央アルプスを背景にした景観の素晴らしさを映し出した公式動画を公開。コンテ…

全文を読む

諏訪湖周搬入可燃ごみ処理手数料 難しい統一化

岡谷、諏訪、下諏訪の2市1町でつくる湖周行政事務組合の広域ごみ焼却施設「諏訪湖周クリーンセンター」(岡谷市内山)に搬入される可燃ごみの処理手数料が統一されていないままとなっている。同センターに直接持ち込む場合は搬入者の住所によって料金の有無…

全文を読む

酔人集う春の諏訪 街道5蔵呑み歩き

諏訪市内5軒の造り酒屋を巡り日本酒を楽しんでもらうイベント「上諏訪街道春の呑みあるき」が25日、同市の国道20号沿いであった。好天に恵まれて県内外から多くのファンが訪れ、蔵人が丹精込めた地酒を堪能した。 宮坂醸造(元町)ではファンが長い列を…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP