ニュース

JR茅野駅西口をキレイに 活動続け10年

茅野市の公民協働組織「ちのステーションクリーン運動推進協議会」が、JR茅野駅西口周辺で続ける草取り・清掃活動が10年の節目を迎えた。サラリーマンや学生、観光客が行き交う早朝の歩道にしゃがみ、雑草やコケを取り除く地道な奉仕作業で、70代を中心…

全文を読む

これは食べられます きのこ鑑別相談始まる

県諏訪保健福祉事務所は20日から、専門知識を持つ県きのこ衛生指導員による鑑別相談所を諏訪合同庁舎(諏訪市)2階の同事務所で始めた。初日としては例年よりやや少ない5人が来場。食用かどうかなどを見てもらい、「食用に適さないキノコは食べない」こと…

全文を読む

巣の数2割増 スズメバチ駆除は細心の注意を

県内各地で今年、スズメバチが例年より多く巣を掛け、駆除の相談が相次いでいる。中川村を拠点とする「信州日本みつばちの会」の会長で、ハチ研究家の富永朝和さん(79)=同村=によると、巣の数は「平年のほぼ2割増し」。春先の天候が巣づくりの環境に適…

全文を読む

純伊那産シードル完成 イベントで飲み比べ

伊那市の中心市街地で20日夜、伊那谷のシードル(リンゴの発泡酒)の完成を祝う初のイベント「シードル・ヌーヴォー」が開かれた。純伊那産シードルを手掛けるASTTAL(アスタル)シードルクラブの呼び掛けで上下伊那の4団体が参加し、2~3銘柄ずつ…

全文を読む

縄文文化賞に矢野さん(立命館大文学部教授)

茅野市の「宮坂英弌記念尖石縄文文化賞選考委員会」(小林達雄委員長)は20日、今年度の受賞者を、立命館大学文学部教授の矢野健一さん(57)=京都市=とする答申をした。市は同日、答申通り受賞者に決めた。矢野さんの西日本の縄文文化研究、活動に対す…

全文を読む

クリアファイルに高島藩主の花押

諏訪市博物館は、高島藩主諏訪家墓所(同市湯の脇)の国史跡指定を記念し、「高島藩主クリアファイル」を同館で販売している。墓所に墓がある2代忠恒から8代忠恕まで7藩主の花押をファイルの表面に、それぞれの墓標の写真を裏面にデザインしている。 国史…

全文を読む

日本太鼓全国フェスで御諏訪太鼓をアピール

御諏訪太鼓宗家の故小口大八さんが設立に関わった日本太鼓財団が、創立20周年を記念して21日に東京都千代田区の国立劇場で開く「第21回日本太鼓全国フェスティバル」に、岡谷市を拠点に活動する御諏訪太鼓保存会が出演する。古屋邦夫会長(69)は「財…

全文を読む

諏訪湖水質保全計画 素案中間報告

県環境審議会は19日、県庁で開き、策定中の「第7期諏訪湖水質保全計画」(2017~21年度)素案について中間報告を受け、意見交換した。県は、貧酸素対策に絡めて、ヒシの大量繁茂対策として盛り込んだ調査について「県の機関で実施し、水質、環境改善…

全文を読む

諏訪湖ヨットハーバー時計塔折れる 台風影響か

諏訪市高島の諏訪湖ヨットハーバーにある時計塔が根元から折れ、湖上に係留していた個人所有のヨット1艇を直撃し、マストが傷付いていたことが19日、分かった。けが人はいなかった。18日未明に県内に接近した台風18号の強風の影響とみられる。 市教育…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP