ニュース

諏訪地方小学校 運動会がピーク

諏訪地方の小学校の運動会が、19日にピークを迎えた。新型コロナウイルスの感染防止のため時間を短縮し、児童が密着する競技をやめ、間隔を広く取った表現に変更するなど、工夫しながら実施した。秋晴れの下、運動会日和となった同日は、来年4月の統合で閉…

全文を読む

新型コロナ 県内感染者300人超え

長野市は19日、市内の40代と50代の男性2人の新型コロナウイルス感染を発表した。これで県内の累計感染者は300人を超えた。ただ、8月下旬を中心に拡大した県内の「感染第2波」は落ち着きを見せている。新規感染者数は9月2日までの1週間が80人…

全文を読む

4連休の登山安全に 八ケ岳に相談所

諏訪地区山岳遭難防止対策協会は4連休初日の19日、八ケ岳連峰の四つの登山口に秋山登山相談所を設置した。同協会の相談員が登山届の確認や装備の確認、登山道の情報提供などを行い、登山者に安全登山を呼び掛けた。 今年は、新型コロナウイルスの影響など…

全文を読む

岡谷で初のオープンエアマーケット

岡谷市内の農家や農業団体などが集まるオープンエアマーケット(青空市場)が19日、同市の岡谷蚕糸博物館前芝生広場で開かれた。新型コロナウイルス感染症の影響で販売機会や販路を失っている農業関係者らを支援するため、市が同館と協力して農産物の直売機…

全文を読む

秋夜ほおずき提灯 伊那市高遠町鉾持神社例祭

伊那市高遠町の鉾持神社の秋の例祭に合わせ、西高遠のご城下通り(本通り)で19日夜、軒先に飾ったほおずき提灯に明かりがともされた。秋夜の城下町を、淡い光で魅せる恒例の提灯。西高遠の霜町町内会では25本の青竹に提灯をつるし、城下町の入り口を彩っ…

全文を読む

高遠さくらホテル再開へ 26日プレオープン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月末から営業を休止していた伊那市高遠町の「高遠さくらホテル」が、10月1日から営業を再開する。秋の行楽シーズンに合わせ、市内を訪れる観光客の利用を見込む。感染防止対策を徹底した上で受け入れる。9月26日か…

全文を読む

蓼科日記の複製完成 小津監督ら日常つづる

日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完成し、19日に披露された。経年劣化した原本を汚…

全文を読む

オンラインで移住相談 上農高生が魅力紹介

上伊那農業高校(南箕輪村)のコミュニティデザイン科グローカル(GL)コースで課題研究に取り組む3年生の里山観光班が19日、オンライン移住相談会を行った。同校と、移住・定住に関心がある県内外の人たち約10人とを遠隔会議システム「Zoom(ズー…

全文を読む

諏訪の魅力PR ロゴとキャッチコピー募集

諏訪市は来年8月10日の市制施行80周年に合わせ、市の魅力を市内外に発信するロゴマークとキャッチコピーを制作する。市制施行時に制定した市章とは異なり、シティプロモーションを展開する際の象徴として継続的に活用する考え。プロ、アマを問わず10月…

全文を読む

マスク作りへ「収繭」作業 岡谷市川岸小

岡谷市川岸小学校の6年1部(31人)が8月下旬から飼育してきた蚕3000頭が繭を作り、18日、繭を収穫する「収繭」の作業を同校で行った。児童たちは蔟から繭をかき出し毛羽を取り除いて、約6キロを収穫。今後、この繭から糸を取り、織って反物にし、…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP