ニュース

秋宮、大しめ縄新調 諏訪大社奉献会

下諏訪町の有志でつくる諏訪大社大注連縄奉献会(阪本正人会長)は5日、下社秋宮の神楽殿に最大直径約1.4メートルの巨大なしめ縄を取り付け、奉納した。御柱祭前年に新調しており、新年を前に新たな装いとなった。作業には約50人が参加。観光客らが見守…

全文を読む

大祭支える技術伝承 上社奉献会がしめ縄奉献

諏訪大社上社注連縄奉献会(小池幸夫会長)は5日、新しいしめ縄6本を作り、上社に奉献した。地元の諏訪市神宮寺、茅野市高部、同安国寺小町屋の氏子約120人が参加して大小のしめ縄をより上げ、本宮(諏訪市中洲)と前宮(茅野市宮川)の鳥居などに取り付…

全文を読む

ヤマブドウの「つる」でリース作り 宮田

宮田村町二区の工房・梅が里ギャラリー手づくり屋は5日、クリスマス特別企画「ヤマブドウのつるでクリスマスリースを作ろう」を同区のまちなか活性化拠点施設「MIYADA村人TERRACE(村人テラス)」で開いた。村内外の園児から一般まで13人が参…

全文を読む

「二番井」見識広める 水利委員会が研修

伊那市美篶の二番井水利委員会(山岸英治委員長)は5日、農業用水を目的に江戸時代から地元で守り続ける水路「二番井水系流路」の研修会を、市内の同水路沿いで行った。委員ら7人が参加。長年水路を研究する矢島信之さん(77)=美篶=から通称「二番井」…

全文を読む

農福連携で野沢菜収穫 伊那のぱぱな農園

伊那市西春近のぱぱな農園は11月下旬から12月上旬にかけて、漬物用の野沢菜の収穫を行った。農福連携に取り組んで2年目で、今季は障がい者就労施設の利用者の受け入れを増やして収穫した。同社によると、今年は生育が順調で、タイミング良く霜に当たった…

全文を読む

寒さ期待「天出し」 茅野で角寒天作り始まる

諏訪地方の冬の寒さを生かした特産の角寒天作りが茅野市内で始まった。五味喜一商店(同市宮川)は5日から、生天を屋外に並べて寒風にさらす「天出し」作業を開始。今後各店で本格化し、来年2月中旬ごろまで生産が続く予定だ。 原料となる海藻のテングサを…

全文を読む

サッカーJ2 山雅、今季最終戦飾れず

サッカーJ2松本山雅FCは5日、松本市のサンプロアルウィンで今季最後の公式戦となる第42節長崎戦に臨み、1-2で敗れた。クラブ史上初めてJ3降格の憂き目に遭った今季の最終成績は7勝13分け22敗の22位。第32節から11試合未勝利となり、最…

全文を読む

受け継ぐ職人技おんべ作り教本 長田さん作成

おんべは木遣り衆の宝物。伝統の技術を残したい-。諏訪地方の名だたる「おんべ職人」に学び、前回2016年の諏訪大社御柱祭で”職人デビュー”した茅野市豊平の大工、長田並喜さん(71)が、知識や経験を元に「おんべ作り教本」を作成した。「おんべを作…

全文を読む

紙媒体の良さに触れて 飯島の古民家宿

伊那市手良のデザイン事務所「ヒトコトデザイン」代表の小澤純一さん(40)が企画した「泊まれる、いんさつ展 ほんのある場所」が20日まで、飯島町田切の一棟貸し古民家宿「nagare」で開かれている。デジタル全盛の今だからこそ、紙媒体の良さを見…

全文を読む

元「うたのお兄さん」 薬物依存の体験語る

障がい福祉に関わる人や行政、当事者らでつくる諏訪地域障がい福祉自立支援協議会は4日、「みんなが輝く地域づくりフォーラム」を諏訪市総合福祉センターで開いた。NHK子ども向け番組で9代目「うたのお兄さん」を務め、現在はASK認定依存症予防教育ア…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP