ニュース

新型コロナ 諏訪地域2人目感染者

県は5日、県諏訪保健所管内の40代男性が新型コロナウイルスに感染していることが分かったと発表した。県内感染者は12人目、諏訪地方では2人目。男性は、関西圏を訪問後の先月27日に発熱し、県内11人目の感染者となった同保健所管内の30代男性とそ…

全文を読む

自粛の春 空から花見 閉鎖の高遠城址公園

上伊那地方は桜の季節を迎えた。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で花見の自粛が呼び掛けられ、伊那市内では桜の名所として知られる高遠城址公園(高遠町)や伊那公園(中央)、春日城址公園(西町)が感染予防対策の強化で4日から散り終わりまで閉鎖…

全文を読む

入学式少しでも明るく 原村小中学校に花飾り

原村の花卉生産者や華道の師範、花好きの女性らでつくるグループ「harahana花育プロジェクト」は5日、原小学校と原中学校の入学式(いずれも6日)を飾る生け花やフラワーアレンジメント作りを行った。新型コロナウイルスの感染防止のため、今年の式…

全文を読む

岩波其残の交友関係に注目 山田さん夫妻発刊

諏訪市出身の俳人で、俳画や楽焼など多彩な活動を繰り広げた岩波其残(1815~94年)。幕末から明治中期に生きた其残の交友関係に注目し、その実像に迫った「信濃 其残の住所録」を、其残と血縁のある同市小川の山田昭彦さん(65)、貴子さん(59)…

全文を読む

アイヌ民族の資料並ぶ 駒ケ根市立図書館

駒ケ根市立図書館がアイヌ民族に関する資料を館内で展示している。訪れた人たちが手に取り、アイヌの歴史や文化などについて学んでいる。23日まで。 アイヌ民族の男性が主人公の小説「熱源」が1月発表の第162回直木賞に選ばれたり、今月24日に北海道…

全文を読む

しゅんこう和紙ちぎり絵 御園グループ作品展

しゅんこう和紙ちぎり絵御園グループの作品展が、伊那市西箕輪のみはらしの湯のロビーで開かれている。メンバー5人の作品31点を展示。ちぎり絵ならではの、ぬくもりのある情景が来場者の視線を集めている。29日まで。 ちぎる、剥ぐ、貼るといった指先の…

全文を読む

岡谷市HPリニューアル スマホから見やすく

岡谷市は、市の公式ホームページ(HP)をリニューアルした。視覚効果を高めるとともにスマートフォンやタブレットからも見やすい表示に改良し、市の魅力をアピール。転入や転出、出産といった手続きを簡単に調べることができる「手続きナビ」やごみの出し方…

全文を読む

赤報隊隊士弔う相楽祭 下諏訪の魁塚前

江戸時代末期(幕末)に偽官軍の汚名を着せられて処刑された相楽総三(1839~68年)ら赤報隊隊士を弔う第152回相楽祭が5日、下諏訪町魁町の魁塚前で開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同町民有志らでつくる相楽会(小川道尋代表)の役…

全文を読む

新艇庫AQUA未来 水上防災拠点機能も

下諏訪町が諏訪湖畔に建設した新しい艇庫「AQUA(アクア)未来」の完成記念式典は4日、同施設で開いた。諏訪湖を活用した健康スポーツゾーンの拠点として、町が進めてきた事業。近日中に同施設近くの旧艇庫内に収めてあるボートを移し、本格的に供用を開…

全文を読む

諏訪地域で初の新型コロナ感染者 県内11人目

県は4日、諏訪保健所管内の30代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表した。詳しい行動歴や濃厚接触者については調査中。同居の家族はいるが、濃厚接触者に当たるかどうか県が調べている。県内での感染者は11人目、諏訪地域で…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP