文化

所蔵品虫干し一点ずつ確認 八剱神社

諏訪市小和田の八剱神社(宮坂清宮司)で4日、所蔵品を蔵から出して自然の風に当て、湿り気やカビ、虫から守る「虫干し」が行われた。総代ら約30人が像や武具、古文書などを蔵から運び出して斎館に並べるとともに状態を確認した。 斎館の大広間には、収蔵…

全文を読む

シルクとブライダル衣装展 岡谷蚕糸博物館

岡谷蚕糸博物館(岡谷市)のリニューアルオープン5周年記念事業「ユミカツラ シルクの魅力とブライダルファッション展」が1日から、同博物館で始まった。ブライダルファッションデザイナー桂由美さんがデザインし、素材にシルクを使用したウエディングドレ…

全文を読む

橋爪まんぷさん 日本漫画展に出品

長野日報で四こま漫画「オジやん君」を連載中の漫画家、橋爪まんぷさん(78)=伊那市境=が、東京・銀座のギャラリー暁で5日から始まる第50回日本漫画2019展に作品2点を出品する。今年のテーマは「人工知能」で、橋爪さんはロボット化したかかしを…

全文を読む

原村で「星空の映画祭」開幕 復活から10年

星空の下で映画を鑑賞する「第34回星空の映画祭」(同実行員会主催)が26日夜、原村の八ケ岳自然文化園で開幕した。復活してから10周年の節目を迎え、「全世代が楽しめる」9作品をラインアップ。8月18日までの間(8月2、3日は「星まつり」のため…

全文を読む

旧井澤家住宅に絵手紙ずらり 笑楽会が作品展

伊那市西町の市有形文化財「旧井澤家住宅」で17日、市内の絵手紙教室「笑楽会」の作品展が始まった。四季折々の草花や野菜などをモチーフにした温かみのある作品約300点を展示。来場者の目を楽しませている。28日まで。 趣のある同住宅でじっくりと作…

全文を読む

43人に長野日報社賞 ピティナ諏訪地区予選

第43回ピティナ・ピアノコンペティション諏訪地区予選の長野日報社賞の授賞式が14日、諏訪市高島3の本社であった。保育園児から高校生まで43人が受賞。佐久秀幸社長がトロフィーやメダルを手渡し、優れた演奏をたたえた。 諏訪地区予選は6月22、2…

全文を読む

友好の縄文土器 伊那市が知立市へ貸し出し

伊那市と愛知県知立市との友好都市提携25周年を記念して、企画展「伊那市の縄文土器」が20日から、知立市の歴史民俗資料館で開かれる。昨年9月に県宝指定された3点を含む伊那市内で出土した約5000年前の縄文時代中期の土器39点を貸し出す。信州の…

全文を読む

8月21日桂由美さんファッションショー 岡谷

岡谷市郷田の岡谷蚕糸博物館は8月21日午後3時から、日本初のブライダルファッションデザイナー桂由美さんのファッションショーを同市のカノラホールで開く。リニューアルオープン5周年の記念事業。一般的なウエディングドレスをはじめ、和服の要素を取り…

全文を読む

「染と織」楽しんで 岡谷蚕糸博物館で企画展

岡谷市の岡谷蚕糸博物館は企画展「M2+K2(エムツープラスケーツー)ハンドウェービングダイイング―たのしんで染と織」を開いている。同市、伊那市などで活動する染織家4人でつくるグループ「M2+K2ナガノテキスタイル」が、絹織物作品など約50点…

全文を読む

八ケ岳の縄文文化紹介 周辺3館が共同企画展

富士見町井戸尻考古館と原村八ケ岳美術館、山梨県北杜市考古資料館の3館が共同で開く企画展「ワンダフルジャーニー・星降る八ヶ岳山麓の縄文世界」が各館で始まった。3市町村を含む中部高地の縄文文化が日本遺産に認定されたことを記念した特別展。黒曜石の…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP