文化

高島藩士採集の押し葉や押し花 国内最古か

高島藩士が約300年前の江戸時代中期に関西方面などで採集し、諏訪市内の子孫が引き継いだ押し葉や押し花が、採集年月日などの記録が残り現存するものとしては国内最古とみられることが3日、分かった。現在所蔵する市博物館と調査を担当した国立科学博物館…

全文を読む

女声コーラス日台交流 しなのと幕聲合唱団

岡谷市を拠点に活動する女声コーラスしなの(和田美智子団長、37人)と、台湾の幕聲(ムウシェン)合唱団が3日、同市の諏訪湖ハイツで交流会を開いた。お互いに合唱を披露し合い、最後は一緒に台湾と日本の曲を歌って充実した時間を共有した。 幕聲合唱団…

全文を読む

原田泰治美術館 20周年特別展「広い世界」

諏訪市の原田泰治美術館で、開館20周年記念特別企画展「広い世界」が開かれている。画家原田泰治さんが描いた40~100号の大型作品のみを展示。同館で初展示となる作品2点を含む国内外の風景画23点が並んだ。来年1月14日まで。 初展示の作品は上…

全文を読む

信州総文祭7日から 県内17市町で28部門

高校生の文化芸術の祭典・全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」は7~11日、初めて県内で開く。文化系の活動に取り組む全国の高校生が集まり、日頃の活動の成果を披露するイベント。松本市で総合開会式を行い、演劇や合唱など28部門を県内17市町で…

全文を読む

中尾歌舞伎後援会が発足 伊那市長谷

伊那市無形民俗文化財「中尾歌舞伎」の継承に向け、中尾歌舞伎保存会(西村篝代表)を支援する「信州伊那中尾歌舞伎後援会」の設立総会が29日、同市の長谷公民館で開かれた。設立発起人や賛助会員ら約20人が出席。会則や事業計画などを決め、会長に市教育…

全文を読む

信州書道展 1500点を審査

第45回信州書道展(長野日報社主催、南日書道協会など後援)の作品審査が29日、諏訪市の諏訪中学校体育館であった。中南信地方を中心に昨年並の約1500点が集まり、協会員ら約40人で審査した。結果は長野日報の紙面で9月中旬に発表する。 応募は前…

全文を読む

土器ヒントに縄文の国旗制作 茅野で講座

茅野市中央公民館は28日、縄文時代の国旗を想像して作る講座「縄文国の国旗をつくろう」を尖石縄文考古館で開いた。市内の子どもら27人が参加し縄文土器の文様をヒントにして制作。縄文人が土器作りをしていた方法を参考に、色付けし、思い思いの作品に仕…

全文を読む

名作ずらり 茅野市制施行60周年記念企画展

茅野市美術館で28日、地域にゆかりの深い画家8人の絵画約60点を集めた企画展「信濃美術をみつめる―描くこと この地との出会い」が開幕する。茅野市制施行60周年を記念した企画展。同館収蔵作品のほか、県信濃美術館東山魁夷館蔵の東山魁夷「緑響く」…

全文を読む

伝わる力強さと愛 木村浩子さん作品展 伊那

伊那市西春近のかんてんぱぱホールで、「口と足で描く芸術家協会」会員の木村浩子さん(80)=沖縄県=の作品展が開かれている。左足の親指と人さし指に絵筆を縛り付けて描いた絵画や書36点を展示している。8月1日まで。 木村さんは3歳のときに脳性ま…

全文を読む

松本零士展 富士見町高原のミュージアム

富士見町の高原のミュージアムで、漫画家・松本零士さんの直筆漫画原稿やアニメーションのセル画などを展示した企画展「松本零士 銀河の世界展」が開かれている。代表作の「銀河鉄道999」を中心に、「宇宙海賊キャプテンハーロック」「宇宙戦艦ヤマト」な…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP