文化

茅野市60年を写真で紹介 八ケ岳総合博物館

茅野市八ケ岳総合博物館は、同市の今昔を写真でつづった写真集「写真で見るむかしの茅野市」を発刊した。市の所蔵品や市内の所蔵家から提供を受け、写真497枚を掲載した。撮影した年や解説文も載る。 同館の企画展「茅野市60年 博物館30年」の図録と…

全文を読む

新村英一生誕120周年記念公演 来月22日

諏訪市出身の世界的舞踊家、新村英一(1897~1979年)の生誕120周年を記念した現代舞踊公演「舞踊の祭典」(市教育委員会主催)は、12月22日午後3時から同市文化センターで開く。ニムラ舞踊賞の授賞式や新村が創作した作品のリメーク上演のほ…

全文を読む

美しいハーモニー カノラ少年少女合唱団定演

岡谷市のカノラホールを拠点に活動するカノラ少年少女合唱団(小松稔団長)は25日、今年度の定期演奏会を同ホールで開いた。小学1年生から高校3年生までの団員約90人が出演。集まった約1100人の聴衆に美しいハーモニーを届けた。 プログラムは3部…

全文を読む

県内外から1919点 きょうまで現代書藝展

第24回県現代書藝展(県現代書藝協会主催、長野日報社など後援)が25、26の2日間、松本市のキッセイ文化ホールで開かれている。一般、学生の両部に県内外から応募された計1919点を展示。多彩な書が一堂に会し、来場者の目を引いている。 一般部は…

全文を読む

地場産業「鉄平石」を紹介 諏訪で企画展

諏訪地域が一大産地の「鉄平石」を紹介する企画展が、諏訪市諏訪1のまちづくりの拠点「すわまちくらぶ」で開かれている。同市内にあった工場の外壁や県内の橋脚の側面に使われた実物、大正時代や現在の採掘場など写真を展示。地場産業を支える諏訪ブランドの…

全文を読む

2年ぶり「絵画キルト大賞」審査結果

画家原田泰治さんの作品をパッチワークなどで表現したコンテスト「第14回絵画キルト大賞」の審査発表が20日、諏訪市の原田泰治美術館であった。2年ぶりの開催で全国から92点の作品が寄せられ、入賞7点、入選31点の計38点を選出。最優秀賞には山本…

全文を読む

原天明さんの俳句 虚子立子記念館に掲示

茅野市玉川の俳人・原天明さん(84)の俳句「鷹柱ひかりの渦となりにけり」が石板に刻まれ、神奈川県鎌倉市にある「鎌倉虚子立子記念館」に掲げられた。原さんは「願ってもできることではない。夢のよう、光栄です」と話している。 「鷹柱」は、渡りの季節…

全文を読む

「暗色の色彩家野村千春」展 岡谷美術考古館

岡谷市の岡谷美術考古館は、開館5周年記念収蔵作品展の第2弾として「暗色の色彩家(コロリスト) 野村千春」展を開いている。生誕110周年にあたる岡谷市出身で春陽会、女流画家協会で活躍した野村千春(1908~2000年)の画業を紹介する。来年1…

全文を読む

諏訪地方児童生徒絵画作品展 諏訪教育博物館

諏訪市諏訪1の諏訪教育博物館は、企画展「諏訪地方児童生徒絵画作品展」を開いている。信濃教育会が小中学生を対象にした「第32回今を生きる子どもの絵展」で地方審査に入選した93点。家族や住民らが来場し、子どもたちの優れた表現に見入っている。来年…

全文を読む

立川流建築など見学 「中洲の文化財散歩」

諏訪市教育委員会は18日、市博物館で開催中の指定文化財展(12月2日まで)に合わせ、同市中洲地区の文化財を巡るウオーキングイベント「中洲の文化財散歩」を開いた。約40人が参加し、地区内を4キロほど歩きながら市有形文化財で立川流建築の福島御頭…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP