文化

小野の「明倫館」と土蔵に国登録プレート

辰野町小野の国登録有形文化財・旧小野村役場庁舎「明倫館」と土蔵の登録プレートが文化庁から交付され、13日に町教育委員会を通じて所有管理するNPO法人建造物明倫館保存会へ引き渡された。今年5月の登録以降、関係者が待ち望んだ「国民の財産」の証し…

全文を読む

新村英一生誕120周年記念 22日舞踏公演

諏訪市出身の世界的舞踊家、新村英一(1897~1979年)の生誕120周年を記念した現代舞踊公演「舞踊の祭典」は、22日午後3時から市文化センターで開く。市教育委員会が主催し、ニムラ舞踊賞の授賞式や新村が創作した作品のリメーク上演のほか、ダ…

全文を読む

宮島さんが「石仏師守屋貞治」写真展 伊那

伊那市創造館で8日から、高遠石工の守屋貞治(1765~1832年)が残した石仏の写真展「石仏師守屋貞治 慈悲の旅路」が始まった。写真家の宮島功さん(78)=飯田市=が、作品60点を展示。開催に合わせて会見し、「石仏を通じて貞治の生きざまを追…

全文を読む

古代の諏訪と出雲 信州風樹文庫文化講演会

諏訪市信州風樹文庫運営委員会は8日、第20回文化講演会「建御名方神をめぐる神話~古事記における諏訪と出雲」を同市の中洲小学校で開いた。千葉大学名誉教授の三浦佑之さんが古事記研究者の観点から、糸魚川を経由した出雲と諏訪の関係を話し、約150人…

全文を読む

諏訪地方唯一の養蚕農家牛山さん 蚕糸有功賞

1948(昭和23)年から70年にわたって養蚕に取り組み、諏訪地方唯一の養蚕農家として今も働き続ける牛山仁志さん(93)=茅野市金沢木舟=が、一般財団法人「大日本蚕糸会」の蚕糸有功賞を受賞した。7日、4代目の長男金一さん(67)とともに市役…

全文を読む

諏訪市博物館 諏訪の昔学ぶ特別講座15日

諏訪市博物館は15日午後1時30分から、館内に設けた「すわ大昔情報センター」の利用法や諏訪の昔を学ぶ特別講座を開く。郷土の考古学者藤森栄一を紹介するパネルシアターの上演もあり、小学生以上の参加を受け付けている。 同センターは5月に考古学中心…

全文を読む

新田次郎の新資料公開 諏訪市図書館で記念展

諏訪市出身の新田次郎(1912~80年)の小説「霧の子孫たち」の校正原稿、新田自身が詠んだ俳句の色紙など、新たな資料6点が諏訪市図書館で展示されている。県内在住者2人が同館に寄贈した資料を中心に初公開。新田が親交のある人に原稿などを手渡し、…

全文を読む

二・四事件を検証 矢澤さんが信濃に論文発表

上伊那郷土研究会員で「伊那路」編集委員の矢澤静二さん(66)=伊那市西春近=は、信濃史学会出版の月刊誌「信濃」第70巻第11号に論文「『伊藤泰輔日記』が語る二・四(教員赤化)事件―上伊那地域の事例にみる」を発表した。1933(昭和8)年に多…

全文を読む

天神山古墳の出土品 美篶笠原区が伊那市へ

伊那市美篶笠原区は3日、区が所有する天神山古墳の出土品を同市へ寄贈した。明治時代に地元住民が発見した鉄刀や金環、めのう製勾玉、土器の須恵器など24点と、鉄刀の一部とみられる複数の破片などを市創造館で収蔵する。長年にわたり管理していた吉祥寺(…

全文を読む

情感豊か古田人形芝居 箕輪町で定期公演

県選択無形文化財に指定されている、箕輪町の古田人形芝居の2018年度定期公演(町教育委員会主催、古田人形芝居保存会など共催)が1日、町文化センターで行われた。同保存会と箕輪西小学校古田人形クラブ、箕輪中学校古田人形部などが出演。地域に伝わる…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP