経済

学生と社会人 地域活性化語ろう 9日談論会

ドリンク片手に「地域活性化」について自由に語り合おうと、岡谷市中央町のカフェ・ヒルバレーで9日午後7時から「ヒルバレー談論会」が開かれる。企画したのは岡谷市塚間町出身の長野大学企業情報学部2年、巻渕優也さん(20)=上田市。普段は交わること…

全文を読む

上伊那版DMO 設立は来年10月目標

新たな観光推進組織「上伊那版地域連携DMO」の検討会は6日、伊那市のいなっせで開き、上伊那地方8市町村の首長や観光、商工団体などの代表者は、DMOの設立に向けて組織や予算、事業などの具体的な検討に入ることを承認した。上伊那観光連盟を一般社団…

全文を読む

就業体験幅広く かみいなインターンシップ

上伊那地方の企業が一斉に学生の就業体験を設ける「かみいなインターンシップウイーク」が4~9日の6日間の日程で行われている。経済団体や行政機関などでつくる上伊那地域若者人材確保連絡協議会が呼び掛けて初めて実施し、13事業所が参加。この機会に複…

全文を読む

形よし香りよし 諏訪湖でワカサギ投網漁

諏訪湖で4日朝、今季のワカサギ投網漁が始まり、春にふ化した1年目の「小公」を中心に約160キロが諏訪市渋崎の諏訪湖漁業協同組合の市場に初出荷された。昨年7月のワカサギ大量死で昨季は年末の3日間を除き、投網漁を取りやめていたため、解禁はほぼ2…

全文を読む

集客力向上へ再整備 南アルプスむら長谷

伊那市は4日、同市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を、2021年度までの5カ年で総額1億1800万円かけて再整備する計画を市議会全員協議会に示した。今年度行う駐車場の拡張のほか、現状でも年間1000人が長谷地区を訪れているマウンテンバイク…

全文を読む

自然と野菜堪能 原村で収穫体験ツアー

原村は2日、農業収穫体験モニターツアーを同村の八ケ岳中央農業実践大学校で開いた。首都圏の夫婦や親子ら11人が参加し、村の自然と取れたて野菜の味を堪能した。 同村で初めての試み。首都圏の人たちに村の高原野菜を知ってもらい、ブランド力を高めるこ…

全文を読む

新鮮野菜に行列 岡谷農業フェスティバル

岡谷農業フェスティバル2017・JA信州諏訪農業祭岡谷会場は2日、同市中央町のイルフプラザ平面駐車場で開いた。野菜や果樹、農産加工品などの販売ブースや食べ物の出店が並び、地元の新鮮野菜を買い求める大勢の市民でにぎわった。 農業フェスは同市の…

全文を読む

女性の移住応援 木村さん古民家シェアハウス

人と人がつながる場所になれば―。飯島町の元地域おこし協力隊の木村彩香さん(30)=神奈川県出身=が、町内の古民家を活用した女性向けシェアハウスをオープンした。協力隊の活動などで知り合った地域住民らと共に、築50年の木造平屋一部2階建ての建物…

全文を読む

医療機器分野に参入を 岡谷でセミナー

ものづくりの技術と医療を結び付け、事業化を目指す「ビジネスにつなげる医工連携セミナー」が29日、岡谷市のテクノプラザおかやで開かれた。企業、大学、行政、支援機関の関係者など約60人が参加。講演や事例報告などを通じ、成長が期待される医療機器分…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP