経済

竜峡小梅の出荷最盛期 JA飯島選果場

飯島町飯島のJA上伊那飯島果実選果場で、同町と中川村特産のウメ「竜峡小梅」の出荷が最盛期を迎えている。関係者によると、今季は春先の暖かさの影響で着花が良好だったが、その分小ぶりで出荷量は少ない。価格はここ数年高く推移しているという。 栽培農…

全文を読む

茅野版DMO 本格始動へ設立総会

茅野市の一般社団法人「ちの観光まちづくり推進機構(茅野版DMO)」は22日、設立総会をマリオローヤル会館で開き、DMOの組織体制や4月の理事会で決定した初年度の事業と収支の計画を確認した。発展的に解散した茅野市観光協会の公益事業を引き継ぐと…

全文を読む

9月1日の全国新作花火 有料桟敷席を増設

諏訪市の諏訪湖で9月1日に開く第36回全国新作花火競技大会の実行委員会・運営委員会は18日、市役所で開き、開催要綱を決めた。大会運営の財源確保へ有料桟敷席を増設する。 増設するのは、70周年企画席(500席)、ペアいす席(30組60席、3万…

全文を読む

ふるさと納税返礼品 うなぎのかば焼き再開へ

岡谷市内のうなぎ店や川魚店などでつくる「うなぎのまち岡谷の会」(今野利明会長)は18日の総会で、シラスウナギ(ウナギの稚魚)の不漁に伴う仕入れ値の高騰で今年1月から休止している同市のふるさと納税の返礼品のうなぎのかば焼き(真空パック)の提供…

全文を読む

二つのアルプスへ早朝便 7月14日から運行

上伊那の飲食店主や山岳関係者らでつくる「アスタルプロジェクト」は18日、JR伊那市駅前を早朝に出発し、南アルプスの玄関口と中央アルプスの登山口に直行する便を7月14日から10月7日までの間、土曜日を中心に運行すると発表した。都市圏からの登山…

全文を読む

今年はAIもテーマに 9月にIoTサミット

諏訪地域の精密工業とIoT(モノのインターネット)の融合を目指す「IoTサミット2018」が9月7日、諏訪市のホテル紅やで開かれることが決まった。岡谷市内の企業などでつくる実行委員会が主催し、昨年に続いて2回目。専門家による基調講演やパネル…

全文を読む

学生70人精力的に面談 上伊那企業説明会

2019年3月卒業予定の大学生らを対象にした「上伊那地区企業説明会」(伊那公共職業安定所、伊那職業安定協会主催)が14日、伊那市のいなっせであった。学生優位とされる「売り手市場」の中、学生70人が参加。各企業のブースを精力的に回り人事担当者…

全文を読む

幸せ作物“おすそ分け” LURAの会加工班

伊那市高遠町長藤の宇野俊輔さん(62)が運営する会員制・参加型農業「LURA(ルーラ)の会」の加工班が、会員で育てた野菜、玄米などを使った農産加工品やグッズの製作販売をしている。宇野さんの手ほどきを受けながら、自分たちで食する作物を皆で育て…

全文を読む

上諏訪駅東口開発の住居棟 マンション今月着工

諏訪市のJR上諏訪駅東口の民間開発で計画されている住居棟の工事説明会が10日夜、市文化センターであった。マリモ(広島市)が、鉄筋コンクリート造10階建てのマンションを建設して89戸を分譲する。今月下旬に着工し、2019年11月末の完成、20…

全文を読む

「こまがねテラス」2年目 魅力向上を

登山客らを呼び込み中心市街地再生を図る駒ケ根市の「こまがねテラス」は8日夜、ワークショップをJR駒ケ根駅前ビル・アルパで開いた。2年目の活動に向け、部会を設けて広報や魅力向上などの課題に取り組むことを確認。現在の15店舗から、新たに18店舗…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP