経済

着物を日傘にリメーク ソーイング岡谷展示会

茅野市のワークラボ八ケ岳で6日、着物からリメークした日傘を並べる展示会が開かれた。婦人服の縫製などを手掛ける「ソーイング岡谷」(下諏訪町)がコロナ禍を機に、人と人との距離(ソーシャルディスタンス)を保つ手段として、また思い出の品を手元に残し…

全文を読む

野生動物「速くくり」 ヒラサワのわな注目

宮田村町一区の金型設計制作、部品加工、製品組立のヒラサワ(平澤弘社長)が開発、製造する、野生鳥獣捕獲用のくくりわな「速くくりわな」が、県内外で鳥獣被害を受ける人たちから注目を集めている。名称の「速くくり」の通り、バネの圧縮力でくくり速度を早…

全文を読む

7月長雨と梅雨明け後の猛暑 農産物に影響

7月の長雨と梅雨明け後の猛暑の影響で諏訪地方の農産物の出荷に影響が出ている。特に夏の冷涼な気候を生かした栽培で国内有数の産地となっている八ケ岳山麓地域のセロリの生産農家は「こんなに悪い年はない」と悲鳴を上げる。生鮮食品を扱う小売店では品薄状…

全文を読む

「すずらん颯」オープン 駒ケ根高原

駒ケ根市の駒ケ根高原に立地する「国民宿舎すずらん荘」が生まれ変わり、新たな宿泊施設「駒ケ根高原リトリートすずらん颯」が今夏、オープンした。自然豊かな環境を生かした森林浴や温泉、治癒力を高める食事などを組み合わせた「リトリート(転地療法)」を…

全文を読む

コロナ収束後修学旅行を 原村が観光情報郵送へ

原村は、新型コロナウイルス感染症収束後を見据え、感染症予防対策とともに原村ならではの複数ペンションへの分宿や自然体験を盛り込んだ修学旅行を提案していこうと、アクセスのよい首都圏や愛知県の小中学校約5000校に村の観光情報一式を郵送する。小中…

全文を読む

上諏訪温泉、売上高大幅減 諏訪市に支援要望

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う観光客の減少で、諏訪市の諏訪湖温泉旅館組合に加盟する宿泊施設の1~9月売上高が前年比で26億円以上の大幅な減額となる見通しであることが26日、分かった。団体旅行や忘年会が厳しく、人件費の削減が現実味を帯びる…

全文を読む

伊那マツの「経木」 新ブランドで発売

木製品の製造・販売を手掛ける「やまとわ」(伊那市)が、伊那産アカマツ(伊那マツ)を使った日本伝統の包装材「経木」を商品化し、新ブランド「信州経木 Shiki」で販売を始めた。木を読み、加工する職人の目利きと熟練の技で復活させた商品で、自らも…

全文を読む

辰野のほたるマイカード ポイント10倍好評

辰野町の辰野ほたるシール協同組合(米山敏男理事長)は、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた地元商店の経営継続対策として「ほたるマイカード」のポイント10倍キャンペーンを実施している。町の補助を受けて7月から、過去最大となるポイント10倍…

全文を読む

”秋の味覚”小ブナ出荷 JA上伊那

JA上伊那は22日、上伊那地方の秋の郷土料理「小鮒の甘露煮」に使われる小ブナの出荷作業を駒ケ根市内で今年初めて行った。今季は昨年並みの約8トンを出荷予定。9月中旬に出荷のピークを迎える見通しだ。地元のJAの直売所などで販売される。 JA上伊…

全文を読む

八ケ岳山麓の花卉・野菜 直売所プレオープン

南諏、山梨県内の八ケ岳南西麓で花、野菜の生産を手掛ける若手有志が、富士見町富士見の国道20号沿線に直売所「八ケ岳ボタニカルデポ」を今月、プレオープンした。花や野菜の苗、農産物の販売を中心にして、園芸文化を地域に広げて岳麓地域を活性化したい―…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP