経済

地元の野菜を 来月6日から富士見マルシェ

富士見町内に参入した農業法人の野菜を直売する「富士見マルシェ」が今年も7月6日から始まる。町中心部にあるゆめひろば富士見での開催に加えて、今年は新たに各地区の福祉サロン会場を主に町内全集落に”出張”。「地元産の安心安全な野菜で町民の健康づく…

全文を読む

人材確保へ戦略、支援策は 岡谷でセミナー

岡谷市と県は28日、人材確保セミナーを同市カノラホールで開いた。国の人材確保支援の取り組みや県の移住支援策を紹介し、都会から人材を呼び込む採用戦略を人材サービス会社が講義。諏訪地方を中心に県内各地の中堅・中小企業の経営者、採用担当者ら85人…

全文を読む

諏訪圏工業メッセ魅力向上へ 委員会発足

県内最大級の工業展「諏訪圏工業メッセ」の実行委員会は27日、2022年以降の開催に向けて意見を交わす「企画推進委員会(在り方検討会)」を立ち上げた。諏訪市小和田南の諏訪商工会館で1回目の会議を開き、これまでの17年間の成果を踏まえながら話し…

全文を読む

千葉でカフェ経営太田さん 宮田高原出店検討

千葉県南房総市で人気を集めている「カフェ&コテージ バニ・ナチュラルズ」のオーナーシェフ・太田豊さん(55)が、宮田村の宮田高原にあるセンターハウスで料理を提供することを検討している。食材の味を生かしたイタリア料理で、「地元の野菜だけでなく…

全文を読む

ヤマブドウのワイン塩 28日から試験販売

伊那市が特産化を進めるワイン用ヤマブドウの新品種「信大W―3」を栽培する市内の農家でつくる「やまぶどう生産者の会」は、ヤマブドウのワイン塩「山紫ソルト」を28日から試験販売する。ワインの色と香りを楽しむフレーバーソルトで、肉料理をはじめ、て…

全文を読む

茅野商議所 4年ぶりに市へ政策提言

茅野商工会議所(宮坂孝雄会頭)は27日、茅野市への政策提言をまとめ、今井敦市長に提出した。産業全般と商業、工業、観光の4分野で約30項目の振興策を示し、実現に向けて連携を呼び掛けた。 提言のうち、共通項目には▽公立諏訪東京理科大学との連携▽…

全文を読む

「七夕」短冊願い込め 笠原書店に飾り付け

岡谷市の笠原書店は、7月7日の「七夕」にちなみ、店内のササに願い事を書いた短冊を飾ってもらうイベントを行っている。同時に、岡谷スカラ座(同市)との連携で映画「アラジン」のグッズが当たるキャンペーンを実施。短冊に込めた願い事の中から一つを選び…

全文を読む

まちなか歩いてモニタリング こまがねテラス

登山客らを呼び込み中心市街地再生を図る駒ケ根市の「こまがねテラス」は23日、3年目の取り組みをスタートさせた。同市中央の銀座通りで開かれたこまがね大使村まつりと子育て地蔵尊すくすく縁日に参加し、活動をアピール。イベントの参加者を対象にまち歩…

全文を読む

土蔵をギャラリーカフェに 茅野移住金成さん

東京から茅野市豊平に移住した金成昌美さん(49)が、地元塩之目に土蔵を改修した念願のギャラリーカフェ・そよ風をオープンした。山が見える場所でカフェを開くことが若い頃からの夢だったといい、子どもたちが手を離れたこともあり、第二の人生のスタート…

全文を読む

伊那で食べ歩きイベント 来月26、27日

伊那商工会議所(伊那市)の地域資源活用委員会は21日、“日本最大級”をうたった飲み・食べ歩きのイベント「COME ON いな人飲み屋さん♪」の開催を発表した。7月26日夕から翌27日のランチタイムまでをイベント期間に、同市内を中心とした17…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP