ニュース

3年ぶり泥んこサッカー 伊那商議所青年部

伊那商工会議所青年部は17日、泥んこサッカーの大会「2019どろカップ令(zero)」を伊那市下新田の遊休農地で開いた。2016年以来3年ぶりの開催で、県内外から24チームが参加。台風一過の晴天の下、全身泥だらけになりながらボールを追い、熱…

全文を読む

行く夏惜しみ踊りの輪 原村よいしょまつり

原村の夏を締めくくる「第25回原村よいしょまつり」(同実行委員会主催)は17日、原小学校グラウンドを会場に行われた。メインの踊りには、各区や村内事業所などから14連(約500人)が参加。行く夏を惜しむかのように踊りを楽しんだ。 祭典委員長の…

全文を読む

門前封鎖に区長お手上げ 南箕輪で「盆正月」

南箕輪村の田畑区で16日深夜から17日朝にかけ、若い世代が盆休みの延長を求めて、区の役員宅前に物を積み上げ封鎖する伝統行事「盆正月」があった。早朝に、門の前に台車や門松などが所狭しと並べられているのに気付いた松澤純一区長(69)は、すっかり…

全文を読む

夏休みの思い出新聞に 長野日報社で親子体験

長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリジナル新聞”を製作。夏休みの思い出を永遠にとどめ…

全文を読む

東西春近綱引き合戦 春富中3年生が夏フェス

伊那市春富中学校の3年生は17日、東春近と西春近をつなぐ天竜川・殿島橋で「夏フェス」を行った。2005年夏まで開かれていた春近どんぴちゃ祭りを継承し、名物だった橋の上での東西対抗綱引き合戦が14年ぶりに復活。両地区の中学生や住民が白熱した戦…

全文を読む

よあけの焚き火 サン・セバスチャン映画祭出品

諏訪地方観光連盟の「諏訪シネマズ」第2号に選ばれた映画「よあけの焚き火」が、スペイン最大の映画祭「第67回サン・セバスチャン国際映画祭2019」(9月20~28日)に正式出品されることが決まった。ニューディレクターズコンペティション部門での…

全文を読む

天然の淡水シジミ 諏訪湖で復活の兆し

「シジミが採れる諏訪湖」を目指し、県が2017年に諏訪市湖岸通り沖に整備した湖底を砂で覆う「覆砂」の事業区域で、天然の淡水シジミが昨年8月に初めて確認されていたことが、県がまとめた諏訪湖環境改善事業調査結果報告書で分かった。同区域にはかつて…

全文を読む

有線放送をスマートスピーカーに 富士見

富士見町は、現在の有線放送システムに代わる自治体広報システムの候補の一つとして、「スマートスピーカー」を使った実証実験を行っている。有線放送で家庭に設置されている受信端末機のメーカーサポートが2026年で終了となるため。公共施設など7カ所に…

全文を読む

守矢文書でみる改元の記録 神長官守矢史料館

年号が初めて日本で使用されたのは「大化」、定着したのは大宝元(701)年からとされる。茅野市神長官守矢史料館では、改元に関わる記録や改元される年にどんなことがあったのか、諏訪神社上社の神長官を務めた守矢家の史料「守矢文書」を展示して、その時…

全文を読む

県内ゆかりの若手作家を支援 伊那で公募個展

伊那市の県伊那文化会館で16日から、県内ゆかりの若手作家による公募個展「トライアル・ギャラリー2019」が始まった。若手作家の活動支援が目的の事業。今年は和全(わぜん)さん=飯田市出身=、唐澤安伊歌(あいか)さん=箕輪町出身=、市岡一恵さん…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP