ニュース

コロナ禍の撮影支援を JFCが総会シンポ

フィルムコミッション(FC)に取り組む全国の自治体や観光協会などで組織するジャパン・フィルムコミッション(JFC)は7日、諏訪市の旧東洋バルヴ諏訪工場跡地でJFC総会シンポジウムを開いた。自治体や観光協会、NPOのFC担当者ら約40人が参加…

全文を読む

地域経済「つなぐページ」開設 諏訪圏JC

諏訪圏青年会議所(JC)は、地元企業のビジネスマッチングを促進する「つなぐページ」を、インターネット交流サイトのフェイスブックに開設した。オンラインツールで地域経済の活性化を目指す県内JC初の試みで、諏訪地域を中心に2400社の登録と11月…

全文を読む

リンゴ早生種「シナノリップ」収穫始まる

中川村で、リンゴの早生種「シナノリップ」の収穫が始まった。村内の各農家は、盆までを期限に収穫作業に汗を流している。 シナノリップは、県果樹試験場が「千秋」に「シナノレッド」を交配して誕生し2018年に品種登録されたばかりの新品種。8月上旬か…

全文を読む

諏訪圏工業メッセ中止 コロナ禍で賢明な判断

「魅力あるSUWAブランドの創造」を目指して2002年から開催してきた県内最大の工業見本市「諏訪圏工業メッセ」が19回目となる今年、新型コロナウイルスの影響で初めて中止に追い込まれた。十分なビジネス効果(商談、販路拡大)が見込めず、「万が一…

全文を読む

50年分の熱気感じて 岡谷太鼓まつりPR展

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となった岡谷市の市民祭「岡谷太鼓まつり」のPR展が8日から、同市銀座のレイクウォーク岡谷1階レイクコートで開かれる。第50回の節目だった昨年の祭りの写真、過去のポスターなどを展示。来年の開催に向け、…

全文を読む

そばの実でオリジナルメニュー 高校生が協力

上伊那産ソバの実を使った商品開発に向け、オリジナルメニューを提案する「そばの実アイデアコンテスト」が7日、オンライン形式で開かれた。主催者であるキャリアコンサルタントの富岡順子さん(36)=南箕輪村=が、新型コロナウイルスの影響で消費の落ち…

全文を読む

諏訪圏工業メッセ中止 出展社の意向考慮

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、県内最大の工業見本市「諏訪圏工業メッセ2020」(10月15~17日)の開催の可否について検討してきた同実行委員会の「新型コロナウイルス感染症・諏訪圏工業メッセ対策本部」(座長・岩波寿亮同実行委員長)は…

全文を読む

コロナ禍の市民活動探る 茅野でWS

茅野市の市民活動センター「ゆいわーく茅野」は6日、ウィズコロナ時代の市民活動に焦点を当てたワークショップを開いた。市民・ボランティア活動に携わる団体、自治会、行政などから11人が参加。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休止を経て活動を再開し…

全文を読む

結婚式企画します 赤穂高商業科3年生

赤穂高校商業科(駒ケ根市)の3年生15人が6日、同校で記者会見を開き、生徒自らが企画する結婚式を12月に市内で執り行うと発表した。地元の結婚式関連事業者が加盟する「駒ケ根高原幸せの森ブライダル協会」が協力。挙式を希望するカップルを募っている…

全文を読む

人工授精で誕生の子牛競りに出品 上農高生徒

上伊那農業高校(南箕輪村)は6日、JA全農長野が木曽郡木曽町の県中央家畜市場で開いた和牛の競りに、今春同校を卒業した生徒の人工授精で生まれた子牛を出品した。繁殖農家を想定した実習で飼育してきた生命探究科動物コースの3年生が、販売実習として競…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP