ニュース

諏訪湖畔で「ながのグレートサンタラン」

サンタクロース姿で諏訪湖畔を走り、入院中の子どもにプレゼントを贈るチャリティーイベント「ながのグレートサンタラン」(同実行委員会主催)が10日、諏訪市の石彫公園を発着点に開かれた。昨年に続き2回目の開催で、今年は前回を約20人上回る約250…

全文を読む

「空き家活用」解体、改修体験WS 岡谷市

岡谷市が主催する「空き家DIYリノベーションワークショップ」が10日、同市本町の空き家を会場に始まった。実際に解体や改修を体験し、空き家の新たな活用を考える全8日間の連続講座。初回は市内外から参加した5人が、天井を剥がす作業に取り組み、空き…

全文を読む

八ケ岳の新そば堪能 茅野でまつり

茅野市の第8回信州八ケ岳新そばまつり(祭典委員会主催)が10日、JR茅野駅周辺の西口弥生通りと東口イベントスペース、宮川かんてんぐら前広場で開かれた。地元のそば店やそば打ち愛好団体、そば生産者グループなど10店が出店。地元産のそば粉を使った…

全文を読む

子育て中の母親らが吹奏楽 岡谷でコンサート

子育て中の母親らでつくる吹奏楽グループ「ウィンズ♪ファミリアすわ」(高坂貴子代表)は10日、ファミリーコンサートを岡谷市の県男女共同参画センターで開いた。諏訪、上伊那地方などのメンバー約30人が出演。工夫を凝らした演出で、子どもから保護者ま…

全文を読む

福求め大宝投げ盛況 JA上伊那本所でまつり

伊那市狐島のJA上伊那本所で10日、第23回「JA上伊那まつり」が2日間の日程で始まった。呼び物の「大宝投げ」は大盛況で、会場を埋め尽くした人は「こっちに投げてー」と、福を求めて懸命に手を伸ばした。 御子柴茂樹組合長や同市出身のタレント成美…

全文を読む

駒展が開幕 駒ケ根市立博物館で25日まで

県美術展や全国展に出品するなど、駒ケ根市内で活躍する作家の作品を集めた第17回駒展と、市内7小中学校の児童・生徒の優秀作品を展示する第3回ジュニア駒展が10日、市立博物館で開幕した。25日まで。 市や市文化財団などが主催する事業。駒展は市内…

全文を読む

目標100人達成 「諏訪の国」SNS発信者

諏訪地方観光連盟は9日、諏訪6市町村の観光地域ブランド「諏訪の国」をSNS(交流サイト)を使って売り込む発信者「諏訪の国公式アンバサダー」が目標の100人に達したと明らかにした。100人のツイッターなど3種類のSNSを合計すると、延べ約20…

全文を読む

原村の人口 初の8000人達成

原村は9日、明治8年(1875年)に村が誕生して以来、村の人口が143年目にして初めて8000人に達したと発表した。この日、村役場で記念セレモニーが開かれ、8000人目の住民登録を済ませた家族に五味武雄村長が記念品を贈った。 住民基本台帳に…

全文を読む

しっとり鮮やか 駒ケ根高原で紅葉見頃

寒冷前線に向かって湿った空気が流れ込んだ9日、上伊那地方は雨や曇りの一日となった。駒ケ根高原の太田切川に架かる「こまくさ橋」周辺では、両岸に植わるカエデ類の葉がしっとりとぬれて鮮やかさを増していた。 地面に落ちた赤や黄色の葉も艶やかさを増し…

全文を読む

自由な感性と喜び 辰野で障がい者作品展

辰野町荒神山公園の辰野美術館は、障がい者たちの作品を集めた企画展「創造の王国―日常に宿る表現・創造に潜む神秘」を開いている。上伊那地方の障がい者支援施設の利用者ら計29人と団体が手がけた、立体と平面の作品約250点を展示。自由な感性と創作の…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP