ニュース

性的少数者への認知度向上 伊那市の意識調査

伊那市は、2019年度に行った性的少数者(セクシュアルマイノリティー)の認知度や意識に関する市民へのアンケート調査の結果をまとめた。性的少数者、またはLGBTという言葉を「知っている」は79.1%に上り、前年度より5ポイント上昇。性的少数者…

全文を読む

昭和伊南病院 4月の医業収益赤字計上

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昭和伊南総合病院(駒ケ根市)の4月の医業収益が前年同月を12.8%下回り、約138万円の赤字を計上したことが分かった。患者数の減少が要因で、感染防止を目的にした健診や診察の一部休診や、患者側が感染を避ける…

全文を読む

伊那市の温泉施設 きょうから営業再開

新型コロナウイルスの感染防止対策で休業していた、伊那市の羽広温泉みはらしの湯(西箕輪)と信州高遠温泉さくらの湯(高遠町)は5日から営業を再開する。両施設とも時間を短縮して営業。当面の間は売店や食堂は休業し、入浴のみのサービスとなる。 両施設…

全文を読む

東京五輪記念書展 下諏訪の吉澤さんが出品

東京オリンピック・パラリンピック記念書展「日本の自然と書の心-日本の書二〇〇人選」が11日、東京の国立新美術館で開幕し、諏訪地方では唯一、下諏訪町矢木東の書家・吉澤大淳さん(75)が作品を出品する、新型コロナウイルス感染症の影響で開催が延期…

全文を読む

トチノキとヒトツバタゴ共演 茅野の長円寺

茅野市穴山の長円寺(宮里孝憲住職)で、敷地内に植わるトチノキとヒトツバタゴの花が満開を迎えている。どちらも同寺の初夏の風物詩として知られ、毎年楽しみに訪れる人もいるという。 トチノキは推定樹齢300年以上の巨木。黄緑がかった白い房状の花が空…

全文を読む

諏訪市連合女性会活動終了へ 3団体に寄付

諏訪市連合女性会は4日、今年いっぱいで活動を終了するのに伴い、諏訪市と諏訪赤十字病院、介護老人保健施設かりんの里に合わせて120万円を寄付した。加藤秀子会長は「このお金は女性会75年の歴史の一部。少しでもお役に立てれば」と語り、新型コロナウ…

全文を読む

善光寺「御開帳」1年延期 御柱祭と重なる

善光寺(長野市)は3日、2021年春に予定していた「御開帳」を1年延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて判断したもので、延期後の日程は22年4月3日~5月29日の57日間を予定。諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)と時期が重…

全文を読む

景気回復キャンペーン開始 富士見町

富士見町は、新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだ町内の景気の回復を目指すキャンペーン「みんなで富士見を元気にしよう。」を今月から始めた。3日、名取重治町長と名取元秀町商工会長、窪田福美町観光協会長が町役場で共同会見し、キャンペーンのスター…

全文を読む

コロナ対策推進PR ポスター掲示の店舗増加

県や県経営者協会、県商工会議所連合会などが新型コロナウイルスの感染防止策を実施する事業者を支援しようと創設した制度「新型コロナ対策推進宣言」を活用し、自店の感染防止対策を来店客に発信する店が増え始めている。専用のポスターには対人距離の確保、…

全文を読む

浜さん展望台でバイオリン演奏 茅野市民館

茅野市民館の展望台からバイオリン演奏をお届け-。同市のバイオリン奏者浜匡子さんの無観客演奏会が2日夜、同館イベントスペース展望台であった。新型コロナウイルスで芸術活動が制約される中、同館が「音楽を地域に届けたい」と企画した。展望台を利用した…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP