ニュース

写真と模型でフォトモ 糸崎公朗さんが作品展

原村の八ケ岳美術館で企画展「糸崎公朗のつくる写真展」が開かれている。フォトモ(フォト+模型)という3D写真の展覧会。路上に残されたレトロな建築や、原村の街角や風景の写真などを独自の視点で切り取り、立体化している。9月16日まで。会期中無休。…

全文を読む

「人をつなぐ基地」製作中 ゆいわーく茅野

茅野市市民活動センター「ゆいわーく茅野」は、誰もが振り向く市民活動のニーズ発信基地を作る「ざわツク活動リレー」を展開している。子どもから大人までさまざまな人がリレー形式で製作に携わり、「力を借りたい人」「誰かの役に立ちたい人」らをつなぐ基地…

全文を読む

諏訪湖花火大会 天候急変に備え雨対策を

諏訪市の諏訪湖で15日に開く第71回諏訪湖祭湖上花火大会を前に、大会運営委員会は14日、打ち上げ台を設けた初島や湖畔で準備状況を確認した。台風10号の影響が心配されるが、14日時点では予定通り実施する方向で準備を進めている。大雨が降ったり、…

全文を読む

県立高校再編 地域協議会の設置準備進む

県立高校第2期再編に向け、県教育委員会が旧12通学区ごとに設ける方針の「高校の将来像を考える地域の協議会」(地域協議会)が、諏訪地域の旧第7通学区でも設置準備が進んでいる。9月末までの設置を目指し、県教委と諏訪6市町村教委が、事務局体制や協…

全文を読む

祖父母が学芸員に 孫に昭和の暮らし伝える

富士見町歴史民俗資料館と井戸尻考古館は31日まで、祖父母と孫やひ孫を含むグループ全員の入館料を無料にする企画「夏休み、集まれおじいちゃん・おばあちゃん学芸員」を行っている。展示している昭和の生活や仕事の道具などを使った経験のある人が高齢化で…

全文を読む

競技かるた全国3位 赤穂中2年の小松さん

小倉百人一首競技かるたの第31回全国中学生選手権大会(4日、東京都)に出場した駒ケ根市赤穂中学校2年生の小松光瑠さん(13)=同市=が個人戦初段以下の部で3位に輝いた。小松さんは「当日は調子がよかった」と振り返り、「練習を続け、段位を今の初…

全文を読む

人呼べる街に 伊那市にチャレンジショップ

一般社団法人アスタルプロジェクトは、JR伊那市駅北側の商店街で進めている「グルメ横丁プロジェクト」の一環で、飲食店チャレンジショップを同所に開設した。改装した旧小料理屋を「試運転の場」として、飲食店開業に意欲のある人や、中心市街地への出店を…

全文を読む

多彩なプログラム 17日に原村よいしょ

原村の夏祭り「第25回原村よいしょまつり」(同実行委員会主催)は17日午後0時30分から、原小学校校庭で開かれる。子どもたちや地域の踊り連の発表、戦隊ヒーローショーのほか、村の各種団体によるブースや露店が立ち並び、夜までさまざまなイベントを…

全文を読む

歴史価値や保存経過 辰野の明倫館に説明板

辰野町小野の国登録有形文化財・旧小野村役場庁舎「明倫館」と土蔵の説明板が、同館前に設置された。昨年文化庁から交付された登録プレートを掲げ、歴史価値や保存の経過などを紹介。建物を所有管理するNPO法人建造物明倫館保存会で、地域の関心向上や継承…

全文を読む

もりぞうポストに投函 下諏訪の長﨑さん

下諏訪町東高木の旧甲州街道沿いにある長﨑正彦さん宅で、生け垣のヒバの木が成長し、近くに立つ郵便ポストを覆うようになった。枝木は顔に見立てて刈り込んでいて、「写真に映える」と道行く観光客や住民がカメラを向けている。 ヒバは樹齢約…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP