行政・政治

防災無線受信機を希望の高齢者へ貸与 富士見町

富士見町は、防災行政無線を室内で受信できる機器を町内75歳以上の高齢者宅に無料貸与する準備を進めている。難聴地域に住む人や耳が遠く、風雨が強い時に聞き取りにくいといった不便を感じているお年寄りの希望に応じて機器を貸し出す。関連条例を設けて町…

全文を読む

諏訪市の小中一貫教育 基本内容と骨子を作成

諏訪市教育委員会は、未来創造ゆめスクールプランに基づいて導入する「小中一貫教育」の基本的な内容と骨子を作成した。小中学校の教員が互いに乗り入れて授業を行うなど、小中9年間を見通した教育課程を編成し、児童生徒の成長を支える仕組みを整える内容。…

全文を読む

諏訪6市町村首長 すべて無投票

10日に告示された下諏訪町長選は、1974年以来46年ぶりの無投票となった。諏訪地方では2017年8月の富士見町長選から首長選の無投票が続き、諏訪6市町村すべての首長が無投票で選ばれたことになる。有権者が選挙に参加できる権利を行使できない状…

全文を読む

下諏訪町長初当選 一夜明け宮坂さん決意

下諏訪町長選から一夜明けた11日朝、町長に初当選した宮坂徹さん(70)は、後援会臨時事務所で取材に応じ、当選の喜びを顔に浮かべながらも、コロナ禍における厳しい町政運営のかじ取り役としての決意を語った。 次期町長に選ばれた実感はまだわかないと…

全文を読む

伊那市と大成ロテック連携協定 道路整備で

伊那市と、道路舗装などを手掛ける大成ロテック(東京)は11日、「道路空間整備システム構築プロジェクト」に関する協定を締結した。同社が市内の道路をフィールドとして取り組む実証実験で協力する。環境意識の高まりや運転免許返納者の増加で自転車が見直…

全文を読む

下諏訪町長に宮坂氏 無投票で初当選

任期満了に伴う下諏訪町長選は10日告示され、新人で前町議会議長の宮坂徹氏(70)=無所属、清水町=のみが立候補し、無投票で当選が決まった。新型コロナウイルス感染症下で迎えた諏訪地方では初の選挙となったが、「町職員として、議員としての経験を町…

全文を読む

「GoToイート」食事券 郵便局で販売開始

新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた飲食店に対する政府の支援策「Go To イート」のプレミアム付き食事券が、9日から県内の郵便局441カ所で発売された。25%のプレミアム付きで、同日から県内4184の加盟店での利用がスタートした。 …

全文を読む

南箕輪 唐木村長今期で引退 長期化懸念

南箕輪村の唐木一直村長(72)=無所属、南殿=は6日、村内で会見し、任期満了に伴う来年4月6日告示、11日投開票の村長選には立候補せず、今期限りでの村長引退を表明した。村政運営が長期化することへの懸念を示し、「4期16年をもって村長職を退く…

全文を読む

新地域公共交通システム 茅野市が実証運行へ

茅野市は4日、新しい地域公共交通システムの実証運行を12月7日から始めると明らかにした。高齢者らを対象にしたスマートフォンのアプリ活用の乗り合いタクシー(AIオンデマンド交通)と、拠点とJR茅野駅を結ぶ高校生ら対象のバス運行の2本立て。12…

全文を読む

「受動喫煙防止条例」制定に本腰 諏訪市長

諏訪市の金子ゆかり市長は長野日報社のインタビューに応じ、市長2期目の公約に掲げている「受動喫煙防止条例」の制定に向けて、2021年9月の市議会に条例案を提出する意向を明らかにした。人が集まりやすい児童公園や観光地、祭りやイベントなどを念頭に…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP