行政・政治

伊駒アルプスロード 国直轄の事業化決定

国道153号バイパス・伊駒アルプスロードが3月31日、国土交通省の新年度の道路関係予算配分概要に記載され、国直轄整備事業として新規事業化が決定した。県事業として計画が進められてきたが、県は高度な技術が必要として国直轄による権限代行事業を求め…

全文を読む

公園大橋5月11日から通行止め 茅野市

茅野市運動公園近くの上川に架かる公園大橋が5月11日午前10時から7月31日まで全面通行止めとなる。老朽化した橋の補修工事に伴うもので、工事期間中は周辺道路の交通渋滞が予想されることから、茅野市建設課と施工業者の国美工業(茅野市)は3月31…

全文を読む

被災地派遣の茅野市職員2人 復旧状況を報告

水害に遭った姉妹都市の岡山県総社市と佐久市に派遣された茅野市職員2人の報告会が30日、市役所で行われ、被災地の復旧状況と教訓を今井敦市長に報告した。2人は「受け入れ体制作りが大切」などと語り、災害復旧工事に必要な技術職の確保に向けて職員OB…

全文を読む

事業者支援クーポン券 コロナ対策で駒ケ根市

駒ケ根市の伊藤祐三市長は30日の会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた市内事業者を支援するため、市内の温泉施設などで使用できるクーポン券を発行すると発表した。市内小中学生向け、一般市民向け、一般向けの3段構えで構成。市外、県外か…

全文を読む

高遠城址花見自粛を 伊那市が要請

伊那市は29日、市新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、観桜期を迎える高遠城址公園(同市高遠町)の対応を改めて協議し、今年は花見の自粛を要請していくことを決めた。宴会の自粛などを求めた上で夜間以外は公園を開放するとしてきたが、首都圏などで…

全文を読む

妊婦対象に歯科健診 諏訪市が新年度から導入

諏訪市は2020年度、妊婦対象の歯科健診を始める。母親に虫歯や歯周病があると唾液などを介して乳児も虫歯や歯周病になる可能性があるため、母親と乳児の口の中の健康維持を支援する。4月以降、都合の良い日に市歯科医師会加盟の歯科医院を受診してもらう…

全文を読む

「防災ガイドブック」改訂 茅野市

茅野市は、災害危険箇所や避難場所、防災対策をまとめた「防災ガイドブック」を8年ぶりに改訂し、別荘利用者を含む市内全戸への配布を始めた。最大規模の災害を想定し、浸水想定区域を大幅に拡大したほか、ため池決壊時の浸水想定を追加。市防災課は「発生す…

全文を読む

伊那市 市税などのスマホ決済4月から開始

伊那市は4月1日から、スマートフォン決済サービスの「PayPay(ペイペイ)」と「LINE Pay(ラインペイ)」による市税などの支払いサービスを始める。市民の利便性向上と収納率アップにつなげる狙い。 対象となるのは、市県民税(普通徴収)、…

全文を読む

箕輪町の生活「満足」7割 17歳対象に調査

箕輪町は、町内に住む17歳の若者を対象にした「町民意識・生活実態調査」の結果をまとめた。同町での生活の満足度について7割が「満足」と答え、約6割が「将来、町の役に立ちたい」と考えている。一方で「飲食店や娯楽施設が少ない」の不満も4割余あった…

全文を読む

県が「感染症対策室」設置へ

県は27日、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく新型コロナウイルス感染症対策本部の第1回会議を県庁で開き、危機管理部消防課に対策の総合調整を担当する「新型コロナウイルス感染症対策室」を設置することを決めた。4月3日付で、9人の職員を…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP