行政・政治

DIYリノベーションWS完成報告会 岡谷市

岡谷市は9日、今年度実施した「空き家DIYリノベーションワークショップ」の完成報告会を同市本町の新屋敷会館で開いた。空き家の解体や改修のノウハウを学ぶ連続講座で、昨年、会場近くにある空き家の一室を使い、受講者が古びた和室をモダンな部屋にリニ…

全文を読む

豚コレラ消毒ポイント開設 宮田、駒ケ根

宮田村の養豚場で家畜伝染病「豚コレラ」が発生したのを受け、県は9日、村内と駒ケ根市内に1カ所ずつ「消毒ポイント」を開設し、運用を始めた。畜舎や食肉施設などを訪れる畜産関係車両に寄ってもらい、タイヤを中心に下部を消毒する。豚の全頭処分など当初…

全文を読む

体験充実へ民間ツアー窓口 県霧ケ峰自然保護C

県は8日、諏訪市郊外の県霧ケ峰自然保護センターの機能強化を図る第3回検討会を同市のクリーンレイク諏訪で開いた。エコツーリズム推進のため同センターを機能強化する9項目の方針を決めた。センター内に民間のツアーデスク(ツアーを手配する窓口)を設置…

全文を読む

豚コレラ防疫完了 宮田の養豚場 全頭を埋却

県は8日、家畜伝染病「豚コレラ」が発生した宮田村の養豚場と松本市の食肉処理場で殺処分した豚2482頭を土中に埋める作業を終えた。豚のふんや飼料の埋却、豚舎の消毒など当初計画した防疫作業が完了した。県は同日に防疫対策本部会議を開き、県内の養豚…

全文を読む

目標値設け働き方改革 県戦略会議が方針案

県や県内経済4団体、連合長野、長野労働局などでつくる県就業促進・働き方改革戦略会議(座長・阿部守一知事)は7日、県庁で開き、人材確保や労働環境の改善など短期間で成果を出すための取り組み方針案を示した。若者のUターン就職率、女性や高齢者の就業…

全文を読む

公共交通もっと使って 駒ケ根市協議会WS

路線バスの使い方を知り公共交通を利用してもらおうと、駒ケ根市地域公共交通協議会は7日、高齢者を対象にしたワークショップを開いた。市高齢者クラブ連合会の会員11人が参加。路線バス「駒ケ岳ロープウェイ線」を利用して駒ケ根総合文化センターから駒ケ…

全文を読む

「豚コレラ」宮田村で確認 飼育全頭殺処分へ

県は6日、宮田村の養豚場に搬入された家畜伝染病「豚コレラ」に感染した疑いがある子豚80頭を遺伝子検査した結果、79頭が陽性だったと発表した。同養豚場で飼育する豚は感染の疑いがあるために全2444頭の殺処分が決定し、県は同日午後から作業を始め…

全文を読む

2019年度県予算案 将来への投資充実

県は6日、総額8859億7311万円の2019年度一般会計当初予算案を発表した。県の総合5カ年計画「しあわせ信州創造プラン2・0」の本格展開を図る予算案で、教育、子育て支援、産業の生産性向上など将来への投資を充実させ、人口減少社会への対応も…

全文を読む

岡谷市 「地域おこし協力隊」導入へ

養蚕や製糸業を中心とした地域資源を活用したまちづくりを推進する岡谷市は2019年度から、地元産の繭を使い養蚕から生糸生産、商品化、販売に至る「オール岡谷産シルク商品」の確立を目指す取り組みを本格化させる。同市では初となる地域おこし協力隊員を…

全文を読む

宮田村のこまゆき荘 指定管理者にイブキ

宮田村議会臨時会は5日開き、宿泊・日帰り入浴施設の村農業体験実習館「こまゆき荘」(同村新田)の指定管理者について、同村の有限責任事業者組合イブキを指定する議案を可決した。指定期間は4月1日から3年。 村は、現在の指定管理者との契約が3月末に…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP