行政・政治

「立地適正化計画」策定へ 伊那市

伊那市は、人口減少に対応した持続可能なまちづくりを進めるため、「立地適正化計画」を新たに策定する。都市機能や居住の集約化と地域交通との連携による「コンパクト・プラス・ネットワーク」のまちづくりを目指す。都市計画マスタープランの改訂と合わせ、…

全文を読む

早太郎温泉を応援 駒ケ根市がチケット販売

駒ケ根市は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける駒ケ根高原の宿泊施設や日帰り温泉施設を支援する「プレミアム付早太郎温泉応援チケット」を発売する。地元住民に宿泊や宴会、入浴、食事などに使えるチケットを販売し、経営を支援する。市ホームページ…

全文を読む

AIオンデマンド交通の導入提案 茅野市

茅野市の新地域公共交通検討会議の初会合は18日夜、市役所で開いた。事務局の市は地区内に設定した拠点にバスで移送し、拠点から乗り合いタクシーで目的地を結ぶ新しい地域公共交通システム(AIオンデマンド交通)の導入を提案。仕組みを検証する実証運行…

全文を読む

岡谷市内の道路損傷 市民の投稿で情報提供

岡谷市は、市内で確認された道路や水路などの損傷箇所の情報をリアルタイムで収集、提供する「道路情報投稿アプリ」を導入し、運用を始めた。GIS(地理情報システム)を利用し、市民からスマートフォンやタブレット端末などを通じて寄せられた情報を地図上…

全文を読む

上伊那地域の高校再編案 県教委が住民説明会

県教育委員会は16日、今年3月公表した上伊那地域(旧第8通学区)の高校再編・整備計画1次案住民説明会を、伊那市の県伊那文化会館で開いた。同日実施した2回の説明会のうち、初回には地元住民80人以上が出席。改めて伊那北と伊那弥生ケ丘の2校を再編…

全文を読む

諏訪市内にPCR検査場 今月下旬に開設

諏訪市は15日、新型コロナウイルスの感染の有無を調べる検査場「諏訪医療圏地域外来・検査センター」を、諏訪市内に今月下旬に開設すると発表した。諏訪6市町村が開設者となり、岡谷市医師会と諏訪市医師会、諏訪郡医師会に運営を委託する。ドライブスルー…

全文を読む

新コロナ対策費など追加 県が補正予算案

県は15日、新型コロナウイルス感染症対策などの費用を盛り込んだ今年度一般会計6月補正予算案を決定した。約648億8350万円の追加で、総額1兆414億8921万円となり、6月補正としても総額でも過去2番目の規模。総額が1兆円を超えるのは20…

全文を読む

正確で円滑に 水門と排水ポンプ車操作確認

県諏訪建設事務所は15日、諏訪市の武井田川、鴨池川で、氾濫の危険性が高まった際に逆流を防ぐために閉める水門と排水ポンプ車の操作研修を行った。県、諏訪地方の4市町、災害時の応急対策で協定を結ぶ県建設業協会諏訪支部、県土木施工管理技士会諏訪支部…

全文を読む

適正な発電事業へ改正案示す 伊那市

伊那市は15日の市議会社会委員会協議会で、太陽光発電施設などを対象にした「再生可能エネルギー発電設備の設置等に関するガイドライン」の改正案を示した。発電施設の設置を避けるべき区域を追加したり、住民の求めに応じて協定を締結したりすることを新た…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP