行政・政治

酒井氏再選、向山氏6選 県議選伊那市区

現職、新人の3人が立候補し、8年ぶりの選挙戦となった伊那市区(定数2)は、ともに自民党現職の酒井茂氏(66)が再選、向山公人氏(76)が6選を決めた。共産党新人で元小学校教諭の橋本明典氏(62)は及ばなかった。 酒井氏は伊那市副市長など長年…

全文を読む

諏訪、茅野市長選まで1週間 無投票の公算大

統一地方選後半の諏訪、茅野両市長選は14日の告示まで1週間に迫った。諏訪市は現職1人、茅野市は新人1人が立候補する予定。両市とも対抗馬は依然現れず、無投票の公算が大きくなっている。 諏訪市長選では現職で再選を目指す金子ゆかり氏(60)=無所…

全文を読む

「天下第一の桜」開花宣言 伊那市

伊那市は6日、「天下第一の桜」と称される高遠城址公園に植えられているタカトオコヒガンザクラの開花を宣言した。公園では「さくら祭り」を開催中で、7日から散り終わりまで公園入園料が有料(大人500円、小中学生250円)になる。 開花は過去最速タ…

全文を読む

県議選 投票率の行方注目 前回は戦後最低

7日投開票の県議選は、投票率の行方が注目されている。県議選投票率は低下が続き、2015年の前回選は48・92%と戦後最低を更新した。今回、期日前の投票率は前回同時期を上回る割合で推移しているものの、投票率全体の底上げにつながるかは不透明な状…

全文を読む

町道御田町線の美装化工事順調 下諏訪

下諏訪町が3カ年計画で取り組んでいる町道御田町線の美装化工事が順調に進み、総延長550メートルのうちの310メートルが改修を終えた。町中心市街地に位置する御田町通りの趣ある街並みに合わせて、路面を落ち着いた色合いにカラー舗装した。最終年度と…

全文を読む

みやさんエコバッグ完成 宮田中生徒が提案

宮田村は2日、村のPRに活用する「みやさんエコバッグ」のお披露目会を村役場で行った。2017年度の子ども議会で、当時の宮田中学校3年生が発表した提案を形にする事業。村キャラクター「みやさん」や中央アルプスをデザインしたロゴを入れ、赤と黒の2…

全文を読む

栗林秀吉氏に委嘱 伊那市の産業振興委員

伊那市は今年度、市の産業振興について助言する「産業振興委員」を新たに設置し、栗林秀吉氏(72)=同市富県=に委嘱した。同市はIoT(モノのインターネット)など先端技術を活用したビジネスモデル構築などに積極的に取り組んでおり、栗林氏はこれらを…

全文を読む

子どもや家庭を支援 諏訪市役所に拠点開所

諏訪市は1日、市役所4階に0~18歳の子どもと家庭に関する支援窓口「子ども家庭総合支援拠点」(愛称・すわ☆あゆみステーション)を開所した。妊娠期から社会的自立まで、子どもや家庭の切れ目ない支援につなげる。拠点内に「発達支援室」を設け、成長段…

全文を読む

73個人・団体表彰 岡谷市市制83周年式典

岡谷市は1日、市制施行83周年記念式典を市役所で開いた。市政の進展に功労のあった79個人・団体を表彰。市の歩みを振り返り、今後のさらなる発展を誓った。 式典で今井竜五市長は「市発展のための先人の英知と弛まぬ努力に対して深甚なる敬意を表すると…

全文を読む

結婚式は飯島町で 町がプロデュース事業開始

飯島町は、交流人口の増加を目指してウエディングプロデュース事業を始めた。町内で結婚式を挙げたい人の相談に乗り、会場などをコーディネートする内容。衣装やカメラマンなどの手配も行う。窓口の町定住促進室は「結婚する皆さんを祝福するムードを前面に打…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP