行政・政治

中川村発足60周年祝う 記念式典

中川村は20日、村発足60周年記念式典を同村の中川文化センターで開いた。来賓ら300人ほどが出席。1958(昭和33)年8月1日に南向村と片桐村が合併して発足した村の歩みを振り返る機会とし、記念動画の試写会やコンサートなどで節目を祝うととも…

全文を読む

現職の去就焦点 諏訪、茅野両市長選まで半年

2019年4月末の任期満了に伴う統一地方選後半の諏訪、茅野両市長選まで、あと半年となった。諏訪市は1期目の金子ゆかり氏(60)=無所属、高島4=、茅野市は3期目の柳平千代一氏(65)=無所属、塩之目=の両現職が去就を明らかにしておらず、当面…

全文を読む

スマホで母子手帳「みやさんたっち」 宮田村

宮田村は10月から、新たな子育て支援策として、スマートフォンなどを使った村独自の母子手帳アプリ「みやさんたっち」のサービスを始めた。紙の母子健康手帳を補完する電子母子手帳と呼ばれるもので、子どもの予防接種のスケジュール管理や成長の記録など、…

全文を読む

諏訪湖ジョギングロード 下諏訪町が整備へ

諏訪湖畔に設けられているジョギングロードの未整備区間(下諏訪町の砥川~岡谷市境の十四瀬川)約300メートルについて、町は来年度中の整備を計画していることが12日、分かった。県諏訪建設事務所によると、ジョギングロードの進捗率は98%。未整備区…

全文を読む

諏訪湖SAスマートIC道路案 諏訪市説明会

諏訪市は11日夜、岡谷市と共に中央道諏訪湖サービスエリア(SA)への設置を計画するスマートインターチェンジ(IC)の説明会を地元の諏訪市有賀区公民館で開き、SAとアクセス道路を結ぶアプローチ道路(進入退出路)の案を示した。上下線ともSAの出…

全文を読む

ジョギングロード明るく 下諏訪の街路灯更新

下諏訪町は、諏訪市境近くから約400メートルの諏訪湖畔ジョギングロードにある太陽光発電式街路灯10基を更新した。9日夜から点灯し、ジョギングロードが見違えるほど明るくなった。 街路灯は設置から約30年が経過し、住民から「街路灯の間が暗い」と…

全文を読む

旧東バル跡地の活用基本構想 諏訪市が素案

諏訪市は9日開いた有識者会議「駅周辺市街地あり方検討会」に、諏訪圏工業メッセを実施できる多目的展示場を備えるなどとした旧東洋バルヴ諏訪工場跡地の活用基本構想素案を示した。現在、工業メッセの会場としている建屋(諏訪湖イベントホール)を改修する…

全文を読む

諏訪市都市計画マスタープラン 意見公募

諏訪市は、市の都市計画の指針「都市計画マスタープラン」の改定案をまとめ、今月19日までパブリックコメント(意見公募)を実施している。1998年3月に策定以来、初めての改定になる。人口減少や高齢化を受け、コンパクトな都市づくりを進めると明記。…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP