行政・政治

お年寄り支援にポイント付与 富士見町

富士見町は、お年寄りや障がい者宅の雪かき、ごみ捨てなど無償ボランティアをする町民に、「支え合いポイント」を付与して町内入浴施設の無料優待券を贈る福祉施策を新年度から新たに始める。2019年度一般会計に事業費を計上した。 町によると、高齢者世…

全文を読む

諏訪地方6市町村 コンビニで証明書交付

諏訪地方6市町村は1日から、マイナンバーカードを使って全国のコンビニエンスストアなどで住民票の写しや印鑑登録証明書といった6種類の証明書を交付するサービスの運用を開始した。先行実施していた諏訪市と未実施だった5市町村でシステムを再構築した。…

全文を読む

改元日の婚姻届歓迎 茅野市5月1日特設窓口

茅野市は1日、皇太子さまが新天皇に即位し平成が新たな元号に代わる5月1日、市役所1階に婚姻届を受領する特設窓口を設けると発表した。新調したウエディングボードで2人の記念撮影も行い、写真を添付した「結婚記念証」を即日交付する考えだ。 婚姻届は…

全文を読む

地域おこし協力隊員2人採用へ 岡谷市は初

岡谷市の今井竜五市長は今年度、養蚕振興と「岡谷シルク」のブランド化に向け募集していた地域おこし協力隊員2人の選考が終了したことを25日の市議会一般質問で報告した。同市では初の隊員採用で、来年度から岡谷ブランドの核となる養蚕とシルク商品の開発…

全文を読む

未来基金活用し給付型奨学金導入へ 下諏訪町

下諏訪町は来年度から、「こども未来基金」を活用した給付型奨学金を導入する。向学心を持ちながら、経済的な理由で修学が困難な高校生以上を支援する。月額1~2万5000円を支給し、返済は求めない。25日開会した町議会3月定例会で事業費を盛った一般…

全文を読む

支援に感謝 柳平茅野市長が市議会であいさつ

4月29日の任期満了で引退する柳平千代一茅野市長(65)は、2月25日に開会した市議会3月定例会の招集あいさつで、「茅野市のまちづくりという大海原で、素晴らしい航海ができた」と語り、3期12年の市政運営に対する市民と市議、市職員の支援に感謝…

全文を読む

虐待防止へ機能強化 茅野市子ども家庭支援拠点

茅野市は新年度、子ども家庭総合支援拠点「育ちあいちの」に児童相談所職員OBをスーパーバイザーとして配置する。社会問題化する児童虐待の防止と早期発見、適切な対応に向けて、より専門的なノウハウや関係機関との連携を定着させ、拠点の機能強化を図る狙…

全文を読む

介護支援ボラ高齢者にポイント付与 伊那市

伊那市は2019年度、65歳以上の高齢者を対象にした「介護支援ボランティアポイント事業」を始める。市内の介護施設などでボランティア活動を行うと買い物に使えるポイントや商品券などと交換できる仕組み。住民主体の支え合い活動の担い手の育成・確保を…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP