地域

にぎわいや安全願う 八島ケ原湿原で祈願祭

下諏訪町郊外にある八島ケ原湿原で26日、安全祈願祭があった。下諏訪観光協会が主催し、町内を中心とした行政や観光関係者ら約30人が参加。神事を行い、大型連休から始まる観光シーズンのにぎわいや無事安全を祈った。 湿原を見下ろす広場で開いた祈願祭…

全文を読む

障がい関係なく合同合宿 諏訪地区水泳連盟

諏訪、上伊那地方のスイミングクラブで練習する選手が参加し、5月3~5日に実施する合同合宿に今年度初めて、松本市を拠点に活動する障がい者水泳クラブ「ウルトラ☆スターズ」が参加する。健常者、障がい者が同じ水泳大会に参加するケースはこれまであった…

全文を読む

29日から八ケ岳ヴィレッジマーケット

原村の八ケ岳自然文化園で29日から、八ケ岳中央高原の観光シーズンに合わせた「八ケ岳ヴィレッジマーケット」が始まる。食やフリーマーケット、各種体験、パフォーマンスなどを提供し、訪れた人に八ケ岳の魅力も発信する。今年は10月29日までの毎週末に…

全文を読む

祖父から継ぐ「花桃の里」満開

駒ケ根市中沢の百々目木川沿いにある花の名所「花桃の里」で、約900本のハナモモが満開になった。白を主体にピンクや赤色の花々が谷間の斜面を彩り、辺り一帯では鳥がさえずりチョウが舞うなど春真っ盛りとなっている。 二十数年前からハナモモを植えてき…

全文を読む

青空に響くアルプホルン 中ア千畳敷で開山式

告げる開山式(駒ケ根観光協会主催)が25日、中ア千畳敷(標高2612メートル)の駒ケ岳神社前で行われた。関係者や一般の観光客ら約150人が参加。澄んだ青空の下で神事を行い、シーズン中のにぎわいと安全を祈願した。 この日の千畳敷は午前10時の…

全文を読む

オノマトペに文化的遺伝子 茅野で縄文研修会

茅野商工会議所の縄文プロジェクトは25日、国学院大名誉教授の小林達雄さん(79)=東京都=を講師に招き、JR茅野駅ビル2階の茅野・産業振興プラザで研修会を開いた。小林さんは「日本人と縄文の心」と題して語り、オノマトペ(擬音語・擬態語)に縄文…

全文を読む

日露戦争の戦況刻々と 「南信評論」号外

長野日報社(諏訪市)が発行する「長野日報」の前身「南信評論」の号外が、東京都東久留米市の民家で大量に見つかった。1904~05(明治37~38)年に発行された136枚で、記事は帝国通信社が配信。日露戦争の戦況を地方にも刻々と伝えている。同社…

全文を読む

赤穂小が大臣表彰 図書貸し出し大幅増

読書活動を積極的に推進し、図書の貸し出し冊数が大幅に増えた駒ケ根市赤穂小学校が、読書活動優秀実践校として文部科学大臣表彰を受けた。足を運びやすい図書館づくりや児童の興味を引く本の配置など、図書館司書や学校教諭らが連携し読書推奨の取り組みを進…

全文を読む

”春の味”を摘む 伊那市富県の菜の花畑

伊那市富県の農林産物直売所「たかずや」(埋橋一会長)は24日、管理する近くの畑で菜の花の芽の摘み取りを始めた。観光農園として開放し、1袋200円で5月上旬まで楽しめる。 遊休農地を活用して5年目で、高鳥谷山麓の標高900メートルに広がる30…

全文を読む

ララオカヤに常設大型スクリーン 

岡谷市内の商業活性化を通じたにぎわいづくりを目指すNPO法人「維新塾」(中島秀明理事長)は、同市のJR岡谷駅前のララオカヤ1階にスポーツ中継を放映できる環境を整えた「ララビジョン」を開設する。常設の大型スクリーンを設けた場所で、5月3日のオ…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP