地域

高札にお触れ 22日、飯島お陣屋あんどん市

飯島町のJR飯田線飯島駅前広小路にあんどんを並べて江戸風情を楽しむ祭り「第24回お陣屋あんどん市」は22日午後2時30分から行う。実行委員会(小林哲雄委員長)は、開催を予告する高札を飯島陣屋や町役場前など町内17カ所に立て、祭りをPRしてい…

全文を読む

諏訪湖花火大会へ打ち上げ台設置準備進む

第69回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)を8月15日に控え、諏訪湖に浮かぶ初島周辺で花火の打ち上げ施設の設置作業が進んでいる。全長約180メートルの「ストリート台」と呼ばれる打ち上げ台はほぼ完成。打ち上げ用の筒も持ち込まれてい…

全文を読む

家族で諏訪の名所巡り 30日からお宝あそび

先人たちの功績の掘り起こしに取り組む諏訪市内の有志グループ「偉功とふれあう楽しい仲間」(三ツ井磐会長)は30日から、市内の名所旧跡などを巡る催し「神の国諏訪 お宝あそび」を始める。4年目を迎え、一部コースを変更。市内小中学生向けの「特典」も…

全文を読む

フットパスで駒ケ根発信 都内から体験ツアー

地域の自然景観や歴史、文化などを楽しみながら歩くフットパスのコース作りに取り組む駒ケ根市で16、17の両日、市内のコースを巡る「駒ケ根歴史フットパス」が行われた。東京の旅行会社が企画したツアーで、都内から18人が参加。駒ケ根高原や竜東地域、…

全文を読む

薬師寺とつながる校名瓦 岡谷西部中

岡谷市の岡谷西部中学校で18日、奈良県にある国宝、薬師寺東塔で見つかった学校名を刻んだ瓦が”里帰り”し、お披露目をした。永池隆校長は「縁をつなぐ瓦を通して、日本の文化や歴史に思いを寄せてほしい」としている。 返還された瓦は1枚で、縦35セン…

全文を読む

諏実の粋な「かんざし」 高校生開発の商品

次世代の地域経済や流通業界の人材育成を目指し、県内で商業を学ぶ高校生が参加している第5期マーケティング塾は17日、松本市の松本大学で「商品完成発表会」を開いた。8月18~20日に同市の井上百貨店で開く「デパートゆにっと合同販売会」に向け、高…

全文を読む

地域で「桜」守ろう 伊那市美篶で講習会

桜を使った地域活性化に取り組む伊那市美篶の美篶地区各種団体協議会が、「地域桜守」と連携して桜の育成管理に取り組む。18日は初めての講習会を地区内にある三峰川堤防の桜並木で行い、協議会の運営委員や各区長らが、同地区の「地域桜守」4人を講師に樹…

全文を読む

霧にめげずに登頂 上伊那地方で学校登山

上伊那地方の中学生が中央アルプスの主峰・駒ケ岳(2956メートル)を目指す学校登山が18日、伊那市の春富中学校を皮切りに始まった。2年生約150人が千畳敷から入山。駒ケ岳周辺は霧に覆われたものの、生徒たちは天候にもめげずに登頂し、喜びの声を…

全文を読む

花火鮮やか3000発 上諏訪温泉イベント

諏訪市の諏訪湖で17日夜、「上諏訪温泉宿泊感謝イベント」が開かれ、約3000発の花火が夏の夜空を彩った。諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館協同組合でつくる実行委員会が主催。色鮮やかで、さまざまな形の花火が次々に上がり、湖畔を訪れた宿泊客や納涼の住…

全文を読む

諏訪湖の花火打ち上げへ準備 23日から連日

諏訪湖の夏夜を彩る花火シーズンの到来を前に、打ち上げ準備が進んでいる。16日は小口煙火(諏訪市湖岸通り、小口芳正社長)が17日夜の「上諏訪温泉宿泊感謝イベント」(打ち上げ数約3000発)に向けた作業を初島周辺で行った。23日からは連日、諏訪…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP