地域

古着に刺しゅう 移動スタジオ立ち上げ

古着にその場で刺しゅうをし、一点物の服を仕上げる移動スタジオを、下諏訪町在住や出身の若者3人が立ち上げた。名前は「彩りある服を作る、どこへでも行ける小舟」というイメージを込めた「彩舟」。25日に茅野市民館で開く音楽イベント「ヤツガタケSTR…

全文を読む

諏訪を詰め込んだ 「ほいじゃねぇ」弁当

諏訪市のゲストハウスと飲食店が連携し、諏訪の食の魅力を弁当箱に詰め込んだ諏訪弁「ほいじゃねぇ」を考案した。諏訪地方発祥のラーメンチェーン店と漬け物店が共同で作った野沢菜漬け入り揚げギョーザをはじめ、ワカサギの空揚げ、コイの甘酢あんかけ、寒天…

全文を読む

目標大幅に上回る 建設中の赤穂公民館への寄付

駒ケ根市が建設中の新赤穂公民館に備品を贈る目的で活動する「赤穂公民館への寄付を募る会」が市民に協力を呼び掛けた募金が、目標金額の200万円を大幅に上回る300万円に達した。同会の加藤昭二代表(78)=同市小町屋=は「皆さんの協力で目標を達成…

全文を読む

交流たこ揚げ大会25日 伊那市の東、西春近

伊那市の東春近、西春近の両地区をつなぐ交流イベント「春近子ども凧揚げ大会」(実行委員会主催)が25日午後1時から、天竜川と三峰川の合流点にある河川敷で開かれる。昔ながらの正月遊びに親しみ、両地区の子どもから大人まで交流の輪を広げる狙いで今年…

全文を読む

伊那谷ガレットを家庭で 県振興局が教室

上伊那産のそば粉を使った料理「伊那谷ガレット」を家庭でも作ってほしいと、県上伊那地域振興局は22日、ガレット教室を伊那市伊那公民館で開いた。上伊那地方を中心に県内外の27人が参加。「kurabe」オーナーシェフで信州伊那谷ガレット協議会の渡…

全文を読む

市民大学来月開講 富士見町と北杜市の有識者

富士見町と山梨県北杜市内在住のソーシャルワーカーや政治学者ら有志が、地域住民を対象にした「八ヶ岳甲信市民大学」を2月に開講する。各分野で講演会や執筆、大学での講義などで活躍する有識者が、社会問題を掘り下げて実態を提起し、受講者と意見を交わし…

全文を読む

冷え込み期待「凍り豆腐」作り 茅野市湖東

諏訪地方の冬の厳しい寒さ「凍み(しみ)」を利用した産業が暖冬の影響を受ける中、茅野市湖東大石の小林豆腐工房(小林哲郎代表)で21日夕、翌朝の放射冷却を見越した「凍り豆腐(凍み豆腐)」の干し作業が行われた。太陽が沈み始めた午後4時半ごろから、…

全文を読む

26日はふろの日 秋宮周辺中心街でイベント

下諏訪町の下諏訪温泉旅館組合などが、風呂の語呂合わせで毎月26日を「26(ふろ)の日」と定め、諏訪大社下社秋宮周辺の町中心街でイベントを行う。江戸時代から温泉宿場として栄えた「下諏訪温泉」の認知度を高め、湯の恵みに親しんでもらう目的。初回の…

全文を読む

記念誌「諏訪地区保護司会70年の歩み」発刊

諏訪地区保護司会(69人)が、更生保護制度施行70周年に合わせた記念誌「諏訪地区保護司会70年の歩み」を発刊した。更生保護活動の拠点として2013年に開設した「諏訪地区更生保護サポートセンター」など直近10年の活動を中心にまとめた。同会は「…

全文を読む

信州ビーナスライン茅野 日本風景街道登録証

日本風景街道に登録された「信州ビーナスライン茅野」への登録証伝達式が21日、茅野市役所であり、国土交通省関東地方整備局長野国道事務所の塩谷正広所長から信州ビーナスライン輝く道づくり実行委員会の朝倉祐一委員長に登録証が手渡された。 輝く道づく…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP