社会

市民対象に工事見学会 野底福島トンネル

県伊那建設事務所は14日、伊那市内で建設が進められている国道153号伊那バイパスの野底福島トンネル(仮称)で、市民を対象にした工事見学会を開いた。地元住民を中心に約50人が参加。普段は立ち入ることができない建設途中のトンネル内に入り、工事の…

全文を読む

1人1日当たりのごみ排出量 長野県が全国最少

2017年度の県民1人1日当たりのごみ排出量が前年度比5グラム減の817グラムで全国平均より103グラム少なく、4年連続で全国最少となったことが、環境省の一般廃棄物処理事業実態調査で分かった。2番目に少ない滋賀県を13グラム下回った。人口1…

全文を読む

経営者セミナー1000回 岡谷市倫理法人会

岡谷市倫理法人会(林史章会長)が毎週火曜日の朝に開いている「経営者モーニングセミナー」が16日の次回開催日で通算1000回の節目を迎える。「時代が変わっても変わらない『心』についての学び」を深める目的で発足以来続く事業。同会では節目の回を記…

全文を読む

これからの子育て考える 県共同参画をめざす会

県共同参画をめざす会(小池喜代会長)は11日、定期総会に合わせた講演会を岡谷市長地権現町の県男女共同参画センターで開いた。地域で子育て・親育ちを応援するNPO法人「CLIPinすわ」の本間佐男理事長が「今どきの子育ては?」をテーマに講話。会…

全文を読む

春色一変、冬に逆戻り 諏訪地方

低気圧が本州の南岸を通過した影響で、県内は10日、広い範囲で雪が降った。諏訪地方でも同日朝方から降り始め、6市町村すべてで大雪警報が発令された。長野地方気象台によると、4月に県内で大雪警報が出されたのは1998年以来21年ぶり。原消防署(原…

全文を読む

降雪で入園禁止措置 伊那市の高遠城址公園

日本の南側を通過する低気圧と強い寒気の影響で、10日の上伊那地方は全域で大雪となった。「さくら祭り」が開かれている伊那市高遠町の高遠城址公園では10センチ以上の積雪があり、三分咲きとなったタカトオコヒガンザクラにも重く湿った雪が乗った。公園…

全文を読む

スマート農業技術 伊那で大規模実証実験へ

県や伊那市、信州大学、JA上伊那などの産学官民でつくる研究チームが、同市東春近の農事組合法人「田原」が経営するほ場で、スマート農業技術の大規模実証実験を始める。遠隔操作による水田の水管理や小型無人機ドローンを活用した水稲の生育管理など、8項…

全文を読む

原村「樅の木荘」リニューアル 11日式典

老朽化に伴う耐震・改修工事で昨年5月から休業していた原村所有の温泉宿泊施設「原村レストハウス樅の木荘」の工事が完了し、オープニングセレモニーが11日午前10時から行われる。同日午後1~4時と、12日午前10時~正午には一般内覧会が開かれる。…

全文を読む

諏訪湖祭湖上花火今年は4万発 実行委運営委

諏訪市の諏訪湖で8月15日に開く第71回諏訪湖祭湖上花火大会の実行委員会と運営委員会の会合会議は9日、市役所で開いた。今年は非競技プログラムとして、10号玉の計10玉打ち上げを追加。湖畔公園には新たに指定席を設ける。70周年記念大会で約4万…

全文を読む

母子守る「防災ノート」 飯島町が妊婦に配布

飯島町は、町内在住の妊婦を対象に防災ノートの配布を始めた。国立保健医療科学院生涯健康部の吉田穂波さんらが監修した「あかちゃんとママを守る防災ノート」のデータをA5版20ページの冊子にしたもので、妊娠期から育児期に災害が発生した際の備えや避難…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP