社会

諏訪地方6市町村消防団出初め式 決意新た

諏訪地方6市町村で12日、消防団の出初め式が行われた。各消防団員は息の合った分列行進やはしご乗り、放水などを披露。地域の安心安全を守る決意を新たにした。表彰式では、活動に尽力した団員や永年の勤続者らを表彰し、その功績をたたえた。 岡谷市消防…

全文を読む

上伊那8市町村 消防団出初め式

上伊那地方8市町村の消防団は12日、新春恒例の出初め式をそれぞれ行った。団員らが各地域の中心部を練り歩き、市中行進や分列行進を披露。今年1年の無火災を願い、地域防災の担い手として団の士気を高めた。 伊那市消防団の出初め式は消防団や赤十字奉仕…

全文を読む

110番通報の適正利用を 2割が不要不急通報

県警が2019年に受理した110番通報は9万1623件で、このうち無言電話や間違いなど不要不急の通報は前年比3・1%増の2万938件あり、全体の約22・8%を占めたことが県警通信指令課のまとめで分かった。不要な通報対応のために緊急の通報を受…

全文を読む

ポスターとCMで投票呼び掛け 赤穂高生

19日告示、26日投開票の駒ケ根市長選と市議補選に向け、市の若手職員と赤穂高校(同市)の生徒有志が、市民に投票を呼び掛けるポスターとCMを製作した。同市のJR駒ケ根駅前ビル・アルパで10日、お披露目会を開催。市選挙管理委員会は、特に昨年7月…

全文を読む

一年通じて気温高く 2019年の諏訪

2019年の諏訪は一年を通じて気温の高い日が続き、年平均気温が12度で1945年の統計開始以来3番目に高かったことが9日、長野地方気象台のまとめで分かった。月平均気温は10月に平年比2・3度高くなるなど8月以降、平年よりも高い状態が続いた。…

全文を読む

高齢飼い主支える愛犬育成 支援呼び掛け

日本聴導犬協会(本部・宮田村)は1月、愛犬が高齢の飼い主の生活を支援できるよう育成する「シニア・サポート犬」の訓練指導を始める。新たな社会福祉事業の一環として、創設から22年間にわたり積み重ねてきた聴導犬、介助犬育成のノウハウを生かし、65…

全文を読む

3年連続ゼロ達成 駒ケ根署管内の交通死亡事故

2019年に駒ケ根署管内(駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村)では交通死亡事故は発生せず、2017~19年の3年連続死亡事故ゼロを達成した。16年11月16日を最後に発生しておらず、同署はさらに事故防止に努めるとしている。 同署は国道153号…

全文を読む

茅野市の世帯人数 100年で半減

2019年の茅野市の世帯人数(1世帯当たりの人員数)は平均2・4人で、1920年の平均4・8人から100年で半減したことが、市の統計調査で分かった。夫婦や親子だけで構成する核家族や高齢者独居世帯が増加し、育児や介護、生活の孤立化が進む中、地…

全文を読む

移動販売1月15日出発 富士見のJumpin’

社会福祉法人清明会が運営する就労継続支援A型事業所「Jumpin’(ジャンピン)」(富士見町とちの木)は、富士見町内の、商圏から離れた地域を対象に食料品や日用雑貨の移動販売を始める。お年寄りや障がい者ら買い物弱者の要望に応え、障…

全文を読む

初島カワウ追い払い 柵にビニールテープ効果

県水産試験場諏訪支場(下諏訪町)などは諏訪湖の水産資源への被害軽減策として、魚食性鳥類のカワウのねぐらになりつつあった諏訪湖の人工島「初島」の柵にビニールテープを巻き付けている。同支場によると、一時は約180羽が島をねぐらに使っていたという…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP