社会

ウェブ110番 聴覚障がい者が通報訓練

110番の日の10日、県警は聴覚や言語機能に障がいのある人でもパソコンやスマートフォンなどから文字で通報できる「ウェブ110番」のシステムを使った通報訓練を実施した。聴覚に障がいのある人にシステムを体験してもらおうと、県内の110番通報をす…

全文を読む

貸し切りバス処分22件 県内調査まとめ

国交省北陸信越運輸局長野運輸支局は9日、2016年1月に起きた「軽井沢スキーバス事故」以降の2年間で、県内で実施した監査業務など「貸し切りバスの安全・安心確保のための主な取り組み」の実績を公表した。県関係で21事業者、22件の法令違反による…

全文を読む

駒ケ岳スマートIC 3月供用開始へ

駒ケ根市の福岡、南割両区にまたがる中央道駒ケ岳サービスエリア(SA)に整備する駒ケ岳スマートインターチェンジ(IC)の建設工事が3月の供用開始を目指して進められている。高速道路の利便性向上や2027年開業予定のリニア中央新幹線県内駅とのアク…

全文を読む

近づくICT活用授業 教職員対象に研修会

小学校で新学習指導要領が完全実施となる2020年度から、論理的思考力を育むための「プログラミング教育」がスタートする。ICT(情報通信技術)教育の一環として、算数、理科、総合の教科でコンピューターを活用し、論理的思考を身に付ける。諏訪地域で…

全文を読む

ネパールで交通安全運動 林さんが赴任へ訓練

駒ケ根市の駒ケ根青年海外協力隊訓練所(JICA駒ケ根)で6日、今年度第4次隊の派遣前訓練入所式があり、JICAボランティア69人が入所した。隊員候補生の中には駒ケ根市出身の会社員、林まどかさん(34)が含まれており、ネパール・ポカラへの赴任…

全文を読む

児童増加で教室確保 南箕輪小の改修着工

南箕輪村は南箕輪小学校の児童増加に伴う教室を確保するため5日、校内の一部施設の改修工事に着手した。3月末までに整備を終え、児童数のピークを迎えると見込まれる来年度の受け入れ態勢を整える予定だ。 同校の児童数は815人と年々増加傾向にあり、ク…

全文を読む

中ア遭難防止対策協 フェイスブックを開設

中央アルプス地区山岳遭難防止対策協会は、中アの気象情報や登山道及び積雪の状況、登山前の注意喚起情報などを掲載するインターネット交流サイト(SNS)「フェイスブック」の公式ページを開設した。入山を控えた登山者への事前情報発信強化のために設けた…

全文を読む

高い利便性 小黒川スマートIC開通3カ月

伊那市西町の中央道小黒川スマートインターチェンジ(SIC)は9月30日の開通から3カ月が経過し、上下線合わせた1日の平均利用台数は10月、12月(24日まで)が約1600台、11月は約1700台だったことが、ネクスコ中日本(中日本高速道路)…

全文を読む

八ケ岳で新年を 入山ピーク

年末年始を八ケ岳の峰々で過ごす登山者の入山がピークを迎えている。主峰・赤岳(2899メートル)への登山口となる茅野市美濃戸口では30日、早朝から登山者が降り立ち、それぞれの目的の山に向かって入山していった。 例年だと、30~31日の午前中が…

全文を読む

無火災110年へ火の用心 茅野市玉川田道区

火の用心!!カン、カン―。無火災の記録を更新し続け、来年は110年を迎える茅野市玉川田道区で28日夜、「こども夜警」があった。小学生を中心に20人が参加し、家族や地域の人と一緒に、拍子木を鳴らし、声掛けをしながら区内を1周し、防火意識の高揚…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP