社会

20日に「サル対策」研修会 辰野町川島区

辰野町川島区の有害鳥獣対策委員会(根橋護委員長)は20日午後1時30分から、2019年度第1回の獣害対策研修会を下横川営農総合センターで開く。近年力を入れているサル対策を中心に、地域の被害状況や追い払い方法について学ぶほか、威嚇用の大型花火…

全文を読む

高校生の就活円滑に 企業66社と意見交換

諏訪地域労務対策協議会は14日、諏訪地方の高校の進路指導教諭と企業の採用担当者、行政の労政担当者との情報交換会を茅野市のマリオローヤル会館で開いた。7月1日の高校生の求人解禁日を前に7高校と66社が参加し意見交換。求職、求人活動が円滑に進む…

全文を読む

自走草刈り機を担い手に 伊那市手良

伊那市手良で耕作放棄地発生防止や解消、有害鳥獣対策等に共同で取り組む任意団体「中山間地八ツ手第一集落協定」が、組合員の高齢化に対応するためリモコン式の自走草刈り機を導入した。毎年支払われる国の交付金の中で運用できるよう、リースを活用している…

全文を読む

「高血圧」県内で突出 茅野市

茅野市は高血圧の人が多い?―。茅野市は、国民健康保険の特定健診受診者に占める高血圧の割合が、県内で飛び抜けて高い状態にあることが分かった。2017年度の高血圧とLDL(悪玉)コレステロールは県内19市中ワースト1位で、最高血圧130以上でみ…

全文を読む

家畜の幸福度測定へ実証実験 八ケ岳中央農大

原村の八ケ岳中央農業実践大学校は今年度から、家畜のアニマルウェルフェア(AW、動物福祉)に配慮した生産システムの構築を目指し、酪農、採卵鶏、養豚の3分野で飼育形態別の家畜の幸福度を測る実証実験を始める。3年計画で、科学的データに基づいたAW…

全文を読む

「らくらく入店の会」発足 原田泰治さんら

諏訪市の画家、原田泰治さん(79)らが発起人となり11日、諏訪地域の店舗や公共施設などの段差を解消するバリアフリーを進める「らくらく入店の会」を発足した。バリアフリーの店や施設が増えることで「車椅子利用者や障がい者、高齢者らが気軽にまちに出…

全文を読む

再興の梵鐘響く 諏訪の善光寺で突き初め式

諏訪市南真志野の善光寺(加藤聖麟住職)は9日、再興した梵鐘の突き初め式を行った。鐘楼門として建てられた2階造りの山門に、戦時中に供出して以来の新たな鐘を設置。矢澤敬正総代主務(73)や前任の総代を含め役員8人が突き、地域に響き渡る鐘の音や余…

全文を読む

中アのライチョウ 5年前から生息か

国特別天然記念物ニホンライチョウが絶滅した中央アルプスの駒ケ岳で、昨年確認された雌1羽とみられる個体が5年ほど前から生息していた可能性があることが、環境省に寄せられた情報提供などで分かった。同省は、中アに生息環境がある裏付けになると指摘。駒…

全文を読む

地球温暖化を考える 茅野でイベント

茅野市地球温暖化対策地域協議会と市は8日、「地球温暖化を考える日」イベントを茅野市民館で開いた。クイズラリーや映画を通し、訪れた親子約150人が二酸化炭素(CO2)削減、地球環境の保全などを楽しく学んだ。 映画はアニメ「森のリトル・ギャング…

全文を読む

「こまがね世界塾」開講 駒ケ根のJOCA

駒ケ根市の青年海外協力協会(JOCA)は8日、人材育成セミナー「こまがね世界塾」を同市銀座通りのJOCA本部で初めて開いた。JOCAグローバル人材育成課長の加藤秀一さんがナビゲーターを務め、「信頼関係づくりは世界共通」と題する講義や演習など…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP