社会

空梅雨の上伊那 辰野と飯島の降水量半分

上伊那地方の今年の梅雨期間(6月7日~7月18日の42日間)の降水量は、伊那で平年同期の約7割、辰野、飯島では半分程度にとどまったことが19日、長野地方気象台のまとめで分かった。梅雨前線が長野県から離れた場所に停滞し、高気圧に覆われて晴れる…

全文を読む

19日は非常食を食べる日 豪雨災害忘れず

2006年7月の「平成18年7月豪雨」から11年となる19日、岡谷市の今井竜五市長らが、土石流が起きた湊の小田井沢川と川岸の志平川の「災害伝承之碑」を参拝し、防災への誓いを新たにした。また、同日を新たに「非常食を食べる日」と定め、同市のレイ…

全文を読む

白いドロドロを吸引 諏訪湖で異臭除去対応

諏訪湖の異臭への対応で県諏訪建設事務所は19日、下諏訪町東赤砂の漕艇庫近くの小河川河口付近で臭いの原因とされる原生動物「アメーバ」の腐敗した死骸などとみられる白い塊を強力吸引車(バキュームカー)で除去した。 異臭は一時、湖岸や流入河川の河口…

全文を読む

詳細案提示へ アルプスロードの伊那市区間

国道153号バイパス・伊駒アルプスロード(伊那市青島―駒ケ根市北の原、全長約11キロ)計画で、県伊那建設事務所は近く、伊那市区間(約7キロ)のより詳細なルート案を示す方針だ。昨年2月に計画の範囲となるルート帯を決定し、おおよそのルート案は提…

全文を読む

南ア登山口へ直行 早朝ジャンボタクシー

一般社団法人アスタルプロジェクト(伊那市)が計画した市街地と南アルプス登山口を結ぶ早朝ジャンボタクシーの試験運行が15日、JR伊那市駅前―仙流荘間で始まった。仙流荘を出発する南ア林道バスの第1便に間に合う直行便で、初日は6人が乗車。前泊需要…

全文を読む

救急隊員分娩介助学ぶ 諏訪中央病院

救急隊員が分娩介助を学ぶ講習会が15日、茅野市玉川の諏訪中央病院で開かれた。救急隊員や救急救命士ら21人(うち女性4人)が県内各地から参加。医療機関に到着する前の出産や新生児の心肺停止に対応する知識と技術を学んだ。 同病院ライフサポート委員…

全文を読む

南ア北部遭対協顧問の西村さん 警察協力章

南アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会顧問で救助隊名誉隊長の西村和美さん(72)=伊那市長谷溝口=が、多年にわたって警察活動に協力した功労者を警察庁長官が表彰する警察協力章を受け、13日に県警本部で伝達式があった。西村さんは「(隊員を始めた…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP