社会

要支援・介護伸び鈍化 諏訪広域連合認定者数

諏訪広域連合は、2017年度の介護保険事業の運営状況をまとめた。諏訪6市町村の65歳以上人口が増加傾向にある中、第1号被保険者(65歳以上)の要支援・要介護認定者数は前年比3人減の1万515人となり、右肩上がりだった伸びが“鈍化”した。同連…

全文を読む

高遠のクロモジ 癒やしの空調機器

伊那市の伊那東部山村再生支援研究会は、同市高遠町の千代田湖周辺に自生する香木クロモジ(クスノキ科)の精油を活用し、癒やしをもたらす空調機器を試作する事業を産学官と連携して始めた。一帯は日本有数の自生地であることが東京農業大学の調査で判明。年…

全文を読む

寒天作り調査、紹介 海につながる新聞発表会

海と身近な地域のつながりを学んで、成果を手作りの新聞にまとめた県内の小学生による「海につながる新聞発表会」が20日、長野市の県立大学であった。茅野市や塩尻市、大町市の小学1~6年生22人が、茅野特産の寒天など「海なし県の信州」が海から得る恩…

全文を読む

「地域支え合いネット」発足 駒ケ根

駒ケ根市で介護予防・日常生活支援事業を担っている生活支援コーディネーターや市民有志らが19日、NPO法人「地域支え合いネット」を発足した。住民同士の支え合い活動を支援するほか、行政や介護事業所などと連携して事業を実施し、地域福祉の向上を目指…

全文を読む

富士見町消防団第10分団 大舞台で全力

第26回全国消防操法大会(消防庁、日本消防協会主催)が19日、富山市の県広域消防防災センターで開かれ、長野県代表として富士見町消防団第10分団(高橋利幸分団長)がポンプ車の部に出場した。23道府県の隊が技術を競い、同分団は入賞を逃したが、「…

全文を読む

光学素材の国際会議 諏訪で特別講演会

高速光通信を可能にするプラスチック光ファイバーの材料・フォトニクスポリマーの国際会議の特別講演会「諏訪から世界へ」が18日、諏訪市文化センターで開かれた。東京理科大学の藤嶋昭・栄誉教授らが講演。日本を代表する光触媒の化学者である藤嶋さんは光…

全文を読む

KYBデータ改ざん 岡谷市民病院で装置使用

油圧機器メーカーのKYBによる免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、岡谷市病院事業は18日、運営する岡谷市民病院(同市)で不正が疑われる免震用オイルダンパー8本が使われていると発表した。不正の疑いがあるとしてKYBが公表した県内9件のリス…

全文を読む

27日に「酒ペディア」 諏訪市図書館

県立長野図書館(長野市)や諏訪市図書館は27日、酒蔵が並ぶ同市内を歩き、情報を発信する催し「信州・酒ペディアin上諏訪」を開く。諏訪の日本酒にまつわる文化や歴史など得られた情報でインターネット百科事典「ウィキペディア」の記事を作り、世界に発…

全文を読む

伊那市長谷の自動運転車実証実験 ルート拡大

国土交通省が昨年度に引き続き年度内に行う伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点にした自動運転車の実証実験で18日、関係者で構成する地域実験協議会が伊那市役所で開かれた。バスにより長谷と同市高遠町を結ぶ往復12キロのルートで、約4週間…

全文を読む

日本政策金融公庫の田中総裁 長野日報社来訪

日本政策金融公庫(日本公庫)の田中一穂総裁(63)が17、18日、同公庫伊那支店が業務区域とする上・下伊那地域を視察した。18日には、伊那市西春近の長野日報社伊那支社にも来訪。2日間を振り返り、「お会いした皆さんが本当に元気で頑張っている。…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP