スポーツ

東京五輪聖火リレールート 県内は14市町村

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、来年3月から7月にかけて47都道府県を一巡する五輪聖火リレーのルート概要(実施市町村)を発表した。県内では、1998年長野冬季五輪や日本アルプスの景観、優れた歴史文化などのPRを狙って14…

全文を読む

「金星」喜ぶ伊那養場所 木曽青峰高と相撲

県伊那養護学校の寄宿生が27日、伊那市西箕輪の同校体育館で、強豪で知られる木曽青峰高校(木曽町)相撲部と交流し、部員たちと白熱した取組を繰り広げた。養護学校からは高等部の22人が参加。相撲の楽しさに触れ、次々と“金星”を挙げて喜んだ。 交流…

全文を読む

全校児童元気よく 春の運動会シーズン到来

諏訪地方の春の運動会シーズンが幕を開けた。25日、トップを切って諏訪市高島小学校で運動会があり、強い日差しが照り付ける中、保護者や地域住民の声援を受けて、全校児童が元気よく校庭を駆け回った。 紅白に分かれて、全19種目を繰り広げた。全校によ…

全文を読む

駒ケ根で国体ホッケー開催を市に要望 県協会

県ホッケー協会は21日、駒ケ根市に対し、2027年に県内で開催を計画する国民体育大会で、同市をフィールドホッケー競技の開催地に立候補するよう要望した。同協会の佐々木祥二会長と倉嶋勇理事長が市役所を訪れ、杉本幸治市長に要望書を手渡した。杉本市…

全文を読む

諏訪湖マラソン 持ち込み・県民枠募集終了

秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第31回諏訪湖マラソン(10月27日、諏訪湖ヨットハーバーほか)で、諏訪、上伊那地方の4会場でエントリーを受け付ける「直接持ち込み枠」と、マラソン大会エントリーサイト「RUNNET」の県民枠の募集が20日に行われ、計…

全文を読む

登山道コースで限界突破 南箕輪でトレラン

南箕輪村郊外の経ケ岳(標高2296メートル)の登山道をコースにしたトレイルランニング大会「第5回経ケ岳バーティカルリミット」(同実行委員会主催)が18日、同村の大芝高原を発着点に開かれた。全国各地の選手たちが自身の限界突破を目指し、斜面を一…

全文を読む

春季高校野球県大会 東海38年ぶり制覇

東海大諏訪、春38年ぶりの頂点-。第140回春季北信越高校野球県大会の決勝は16日、しんきん諏訪湖スタジアムで行い、東海大諏訪が都市大塩尻を7-6で破り、2013年秋以来11季ぶり、春は1981(昭和56)年以来2度目の優勝を果たした。 東…

全文を読む

諏訪湖マラソン 20日から県民枠受け付け

秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第31回諏訪湖マラソンの県民枠のインターネット(RUNNET)エントリーと申込書の持ち込みによる受け付けが20日午前9時30分から始まる。持ち込みの受け付け会場は長野日報社本社(諏訪市高島)、同伊那支社(伊那市西春近…

全文を読む

中ア楽しむ機会に 7月7日にトレイルラン

中央アルプスを舞台にした新たなトレイル・ランニング大会「中央アルプススカイラインジャパン」が、7月7日に開かれることになった。駒ケ根市駒ケ根高原を発着点とする5種目を用意。実行委員会は上級者から初心者まで幅広く中アの自然を楽しめる機会にした…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP