先輩社員からのメッセージ

編集局報道部 宮崎 佳奈(2017年入社)

・現在携わっている仕事の内容
 取材記者として町で行われたことを取材し、記事にする仕事をしています。
・入社を決めた理由
 新聞記者になることは私の夢でした。地域紙は狭い範囲で発行されている分、地域密着型なので発信する側の記者と読み手の距離がとても近く、また読み手同士の距離も近いことが魅力だと考えます。遠い国で起こっていることもニュースとして大切ですが、近いところで日々起こったことをニュースとして伝えることに地域紙の可能性を感じ、入社を決めました。
・仕事のやりがいを感じるとき
 取材先の方に「この前はいい記事ありがとう」と言ってもらえた時です。記事を書くのはとても難しいのですが、こう言ってもらうと頑張ってよかった、と思います。
・将来の夢
 諏訪地域に関することを一つでも多く知り、この町のスペシャリストになることです。
・職場の雰囲気
 ベテラン記者に囲まれていますが、とても居心地がよく働きやすいです。
・後輩へのメッセージ
 カメラとノートとペンを持って、諏訪地域で働きませんか?記者として一緒に働くのを、楽しみに待っています。
広告事業局 窪田 孝史(2017年入社)

・現在携わっている仕事の内容
 新聞記事下の広告の営業をしています。新聞以外にも婚活パーティーやサッカー教室などのイベントを主催してそのスタッフをすることもあります。
・入社を決めた理由
 ずっと地元の長野で就職したいと考えていました。長野日報社は地域第一主義をかかげているので、仕事の中で地域に貢献でき、今までよりも一層地域との関わりを深めることができると思い入社を決めました。
・仕事のやりがいを感じる時
 仕事を通して新しく人と知り合うことができて、広告を通してその人の力になれた時。
・将来の夢
 明るい家庭を築きたいです。
・職場の雰囲気
 仲良くやっています。
・後輩へのメッセージ
 [長野日報社の窪田として]
 ここまで地域と関わっていく仕事も少ないと思います。地元が好きなあなたは地元がもっと好きになれるのではないでしょうか。(私は伊那の出身ですが)
 [広告事業局の窪田として]
 新聞社といえば記者と思われがち(思いがち)ですが、新聞広告も文化です。広告営業も新聞を成り立たせるための大事な役割だと感じています。
 [個人の窪田として]
 新入社員としてあなたが入ってくるのを本当にお待ちしています。
印刷センター印刷部 西村 星耶(2017年入社)

 私は今春入社し、印刷センターに配属されました。現在携わっている仕事は、名前の通り新聞の印刷および発送関連の業務です。
 入社理由は、高校3年の時に担任に紹介され、印刷センターの職場見学をさせていただいたのがきっかけでした。印刷部の皆さんが一生懸命仕事をしている姿を見て、やりがいのある仕事だと思い、入社を決めました。
 機械のメンテナンス作業もありますが、特にやりがいを感じる時は印刷時です。
 印刷中はいろいろとやる事がありますが、カラー面の色出しは緊張します。新聞の刷り出しは初めからいい色がでている訳ではないので、色見本を見ながらインキの調整をして行きます。難しい作業ですが、早く先輩方に追いつくよう頑張り、できれば役職に就くのが夢です。
 楽しい先輩が多いので、良い雰囲気の中で仕事をしています。
 最後にメッセージを送りたいと思います。ぜひ、印刷センターに入ってください。とても楽しい職場です。私も仕事を覚えるため必死にやっていますが、できたら一緒に頑張りましょう。