2023年12月23日付

LINEで送る
Pocket

新聞を作るための弊社サーバーがコンピューターウイルス(ランサムウエア)に感染し、通常の新聞製作ができない状況が続いている。読者、取材先、広告クライアントなどの皆さまにご迷惑をおかけしており、大変申し訳なく思う▼今月19日深夜にウイルス感染が判明した。前代未聞の事態に翌日の20日は新聞製作ができるのか予断を許さない状態だった。編集局の感染しなかったコンピューターを使い、広告デザインを担当する部署の端末も用いるなど手探りの紙面作りとなった▼書き上げた記事を出力するだけでも通常に比べて手間と時間がかかる。こうした煩雑な作業があらゆる場面で発生した。新聞が製作できない状況は回避したが、ページ数は減らさざるを得なかった▼トレンドマイクロ社がセキュリティー責任者らを対象にした調査によると、過去3年間で56・8%がサイバー攻撃の被害を経験し、被害コストが最大だったのは身代金要求型のウイルス「ランサムウエア」だった。仕事に多大な影響を与え、一時的に業務停止に陥るケースもある。課題として専門的な知識や技術を持つ人材確保が挙げられている▼今回の事態は、セキュリティー対策の甘さを突き付けられた。これまでコンピューターウイルス感染の報道に接してもどこか人ごとだった自分がいたのも事実。業務運営の大前提として危機管理が重要だと改めて痛感させられた。

おすすめ情報

PAGE TOP