最新ニュース≫記事一覧
更新:2015-5-29 6:01

 約220ヘクタールを焼いた2013年4月の霧ケ峰大規模火災に伴い、県の委託事業で延焼地の植生影響調査をした信州大学農学部の大窪久美子教授が28日、諏訪市内で開いた霧ケ峰自然環境保全協議会で結果を示した。出現した植物の種類は多く「外来種の顕著な増加は見られず、希少種も確認できた」と説明。延焼地の植物群落は「順調に回復している」とした。県環境保全研究所(長野市)は、延焼地内で草原を好むチョウを多く確認したと報告した。 [全文]

PR
  • ブロードバンド料金比較
きょうの1枚
伝統的な染色の技法を使った藤沢さんの作品=高遠美術館で7人展開幕
長野日報創刊115周年記念 岩波昭彦氏作品頒布
注目のニュース(Top10)
天気予報
長野県の天気
全国の天気(tenki.jp)

-天気予報コム- -FC2-
気象情報(気象庁)
地震情報(気象庁)
Google
Web サイト内

携帯でも長野日報ニュース

www.nagano-np.co.jp/mobile/


購読のお申し込み

TEL:0266(52)2002

FAX:0266(58)8895

広告のお問い合わせ

TEL:0266(53)2000

FAX:0266(53)6789

記事・写真のお問い合わせ

TEL:0266(58)2000

FAX:0266(58)5385

| 会社概要 | 長野日報社の在り方 | 長野日報社のあゆみ | 個人情報保護方針 | お問い合わせ |
Copyright 2006 The Nagano Nippo.All Rights Reserved.
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会編集委員会の見解)

[?]