中ア千畳敷2612メートルで夏の体験を

LINEで送る
Pocket

見頃を迎えた高山植物を紹介するフラワーマップ。開花情報を1週間ごとに更新する

「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」を運行する中央アルプス観光(駒ケ根市)は、夏の中ア千畳敷カール(標高2612メートル)の魅力を伝える企画「夏の2612体験」を9月3日まで実施する。雄大な自然や美しい景観に加え、季節ごとの「体験」を通じて千畳敷の魅力を発信しようと、今年度スタートした企画の第2弾。見頃を迎える高山植物に焦点を当て、フラワーマップの無料配布やプレゼントが当たるキャンペーン、女性限定のトレッキングツアーなどを用意している。

8月31日までは千畳敷カール内に咲く約150種の高山植物の開花情報を1週間ごとに更新したマップを作成。同社ホームページで公開するほか、ロープウエーのしらび平駅と千畳敷駅、ホテル千畳敷で無料配布していく。期間中はマップで花を探し、撮影した写真を会員制交流サイト(SNS)に投稿した人を対象とした高山植物2612キャンペーンも実施。投稿した画面をホテル千畳敷で提示した人に豪華賞品が当たる抽選応募券を進呈する。

8月4、8、26日と9月2、3日の5日間は駒ケ根観光協会との共催で女性限定のトレッキングツアーを開く。登山初心者を対象とした日帰りツアーでガイドとともにホテル千畳敷から乗越浄土までを往復する。定員は各回先着15人。参加費はロープウエーや昼食代込みで8600円。

このほか「山の日」の8月11日には、千畳敷駅にある「2612Cafe」で商品を購入し、フロントにレシートを提示した人に日本最高所駅登頂記念証明書(先着限定100枚)を交付。11~20日は毎日2612番目のロープウエー利用者にオリジナルマグカップとコーヒー1杯をプレゼントする。

同社は「中アの夏の魅力を体験してもらいたい」とし、多くの利用を期待している。各企画の問い合わせは同社(電話0265・83・3107)、トレッキングツアーの申し込みは駒ケ根観光協会(電話0265・81・7700)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP