ものづくり技術発信 諏訪圏工業メッセ開幕

LINEで送る
Pocket

諏訪圏工業メッセ2018」が開幕し、419の企業・団体がブースを並べている会場

諏訪地方を中心にした県内外の製造業などが独自技術や製品をアピールする「諏訪圏工業メッセ2018」が18日、諏訪市の諏訪湖イベントホール(旧東洋バルヴ諏訪工場跡地)で始まった。諏訪地方の6市町村や商工会議所、商工会、県などでつくる実行委員会が主催(長野日報社共催)。419の企業・団体が出展し、20日までの3日間、ものづくり技術を内外に発信する。

メッセは今年で17回目。出展企業・団体数は過去最多だった昨年の422に匹敵し、地方開催の工業展示商談会として国内最大級に発展した。初日は開会式を行い、小林秀年実行委員長が「第4次産業革命といわれ、ものづくりが大きく変革する時代になる。今まで以上に地域一丸となって『魅力あるSUWAブランドの創造』を目指したい」とあいさつ。関係者がテープカットして開幕を祝った。

ブース数は過去最多の575を開設。分野別に各社・団体が強みなどを売り込む「加工技術」「電気・機械・光学」「ソリューション」「産学・研究」の4ゾーンをはじめ、地域ごとに出展した企業の「地域連携」ゾーン、医療や環境、航空宇宙といった新分野、成長分野の取り組みを紹介する「企画・テーマ」ゾーンを設けた。このほか「海外交流」ゾーンではアジアや米国など7カ国の企業、バイヤーを招き、国際展開を図っている。小規模企業の「小規模展示コーナー」には諏訪地方の12社が出展した。

会場には、新技術などを求める県内外の企業の関係者ら大勢が来場。各ブースを回って展示品を熱心に見たり、出展企業から説明を受けたりしていた。

開場は午前9時30分~午後4時30分(最終日は午後4時まで)。19日には記念講演会を諏訪市文化センターで午後5時30分から開く。

おすすめ情報

PAGE TOP