バラの季節 しんわの丘ローズガーデンで祭り

LINEで送る
Pocket

バラが見頃を迎えた「しんわの丘ローズガーデン」

バラが見頃を迎えた「しんわの丘ローズガーデン」

伊那市高遠町のしんわの丘ローズガーデンで4日から、第9回バラ祭りが始まった。市はオープニング式典を開き、バラが咲く季節の到来を祝福した。今年の開花は平年より1週間ほど早く、黄色のゴールデンボーダーやオレンジのルーピング、赤と白のノスタルジーなどが見頃を迎えている。ガーデン中腹には新に建設した休憩所「麓のバラ茶屋」が開店し、多くの人たちでにぎわった。

ガーデンは、同市高遠町に工場がある精密機械メーカー「伸和コントロールズ」が2004年に市に寄付して開所。8851平方メートルの敷地内に172種類2160株のバラが植えられている。26日までの祭り期間中は、バラを管理するバラ友の会が苗木を販売し、育て方の相談に応じている。

開店した茶屋は、伸和コントロールズから贈られた約2000万円を利用して市が建設した。同社が経営し、コーヒーやソフトクリーム、ハーブティーなどを提供する。茶屋の設置に合わせて車椅子用のトイレと展望台、スロープ付き遊歩道を整備した。

オープニング式典で白鳥孝市長は「高遠の町並みと中央アルプスを望むバラ園は日本でここしかない。内外に発信し、日本中から来ていただきたい」とあいさつ。同社の辛島宏邦社長は「観光の町として杖突街道を復活させたい」と話した。

26日までの祭り期間中の土、日曜日は一般車両は進入禁止。ループ橋下からシャトルバスが運行する。問い合わせは市観光課(電話0265・78・4111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP