アルストロメリア視察 タイの農協関係者

LINEで送る
Pocket

アルストロメリアのハウスで川口隆さん(左)の説明を聞くタイの農協関係者ら

タイ北部チェンマイの農協関係者らが18日、国際協力機構(JICA)の支援事業で上伊那地方を訪れ、JA上伊那の施設を視察した。上伊那が全国一の生産量を誇る切り花・アルストロメリアのハウスも見学。生産農家から管理や選別の方法、経費などに関して説明を受けた。

訪れたのは同国農業・協同組合省の幹部や、ドイサケット・パタナ農協の役職員、組合員農家ら9人。JICAの担当者と通訳が同行した。同農協は、信用・購買事業で経営は安定するが、主力のコーヒー生産では、営農指導がなく農家がそれぞれの方法で栽培・加工しているため、品質が均一でないなど課題が多いという。

一行はまず、伊那市東春近原新田のアルストロメリアのハウスへ。生産農家の川口隆さん(68)から6棟・50アールで通年栽培し、年間50万本を出荷していると説明を受けた。

「当JA管内のアルストロメリア生産者は56人。同じ品質の花を市場に出すことが重要です。コーヒーも品質が均一でないと値が下がってしまうと思う」と川口さん。農家仲間で作ったという選花機も披露し、「使いやすさを追求した。農家自らが研究や工夫を重ねることも大切」と助言していた。

見学後、同省協同組合振興局のアチャ・スウォンニタヤ副局長は「日本は土地が狭いが、収益を上げられるような土地利用をしている。農家の努力も知ることができた」と収穫を口にした。同農協のスリヌアン・タイトン組合長は「組合員の収入を増やすことが私たちの使命。日本を参考に持続可能な農業をつくり上げていきたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP