ドライブインシアター人気 下諏訪

LINEで送る
Pocket

多くの家族連れが車に乗ったまま映画鑑賞を楽しんだ「夜空のドライブインシアター」

下諏訪商工会議所青年部は20日夜、車に乗ったままスクリーンの映画を鑑賞する「夜空のドライブインシアター」を下諏訪町の赤砂崎公園で開いた。新型コロナウイルス感染症の影響で 諏訪地域のイベント中止が相次ぐ中、子どもたちに特別な体験をしてもらおうと企画 。多くの家族連れが訪れて人気を集め、車内で 映画館の雰囲気を味わった。

21日まで2日間、夕方から夜にかけて1日2回ずつ開く。公園に設置した縦5メートル、幅10メートルの大型スクリーンに映像を投影し、FMラジオで音声を配信する仕組み。上映作品は2016年の米国映画「ペット」。主催者によると2日間で137組の事前申し込みがあり、希望者が多かった上映回は抽選を行った。

初日の1回目の上映には子どもを乗せた車が多く来場した。会場で配布された地元飲食店の軽食を食べながら、大型スクリーンの中で展開する物語に見入っていた。作品を上映している間だけ運転席と助手席に子どもを座らせる保護者の姿もあった。

同商議所青年部の宮本総子会長は「『すべては子どもたちのために』を合言葉に進めてきた企画。みんなで楽しんでもらえれば」と話していた。 

おすすめ情報

PAGE TOP