4種のパラスポ体験 下諏訪で27日イベント

LINEで送る
Pocket

4種のパラスポーツが体験できるイベントをPRするチラシ

下諏訪町教育委員会は、開幕が間近に迫った東京オリンピック・パラリンピックにちなんだ「Letsパラスポ!in下諏訪町」を27日に下諏訪体育館で開く。4種のパラスポーツを体験できるイベントで、元パラリンピアのメダリストもゲストとして来場する。

会場では、競技用車いすで行う「ウィルチェアラグビー」、ローイングエルゴメーターを使った「パラローイング(ボート)」、年齢や性別問わずにできる歩いて行う「ウオーキングサッカー」、目隠しで音を頼りに行う「ブラインドサッカー」の4種目が体験できる。

特別ゲストは2004年アテネパラリンピックの水泳200メートル銀メダリスト・前田大介さん(松川町出身)、16年リオパラリンピックのウィルチェアラグビー銅メダリスト・官野一彦さん(千葉県出身)の2人。松本山雅スポーツクラブ関係者も講師として参加する。

東京五輪・パラリンピックのホストタウン自治体向けの観戦チケットが当たる町民限定の抽選会も実施。東京五輪はボート、バドミントン、男子体操など6競技、パラリンピックは陸上。無観客など五輪開催方式の変更、国内におけるコロナの感染状況などで観戦ができない場合は、当選者に個別に連絡する。

イベントは27日午後2~4時(受け付けは午後1時30分から)。町では「子どもも大人も楽しめるパラスポーツをゲストと一緒に楽しんでみては」と来場を呼び掛けている。

事前申し込みは不要で、抽選会以外は町外の人も参加できる。イベントおよびチケットに関する問い合わせは町教育こども課スポーツ振興係(電話0266・27・1455)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP