公式ホームページをリニューアル 辰野町

LINEで送る
Pocket

リニューアルした辰野町公式ホームページ。武居町長もスマホを使うなどしてPRした

辰野町は公式ホームページ(HP)をリニューアルし、1日から新たに運用を始めた。町の風景写真などを使って視覚効果を高め、スマートフォン(スマホ)やタブレット端末からも見やすい表示に切り替えた。行政や観光のほか、各分野の情報を簡単に検索できるよう構成してあり、広く利用を呼び掛けていく。

HPのリニューアルは10年ぶり。町によると、2020年度13万2900件余のアクセスがあった中で、スマホとタブレットでの閲覧が全体の3~4割で推移し、近年の増加傾向を特徴づけたという。スマホに適した表示や視覚 弱者らに対する配慮などの必要性を踏まえ、昨年10月からリニューアルを進めてきた。

トップページにはゲンジボタルの乱舞や冬の花火などの写真を大きく載せ、自然や文化にあふれた町の魅力をPR。行政、観光、仕事、暮らしのメニューから、それぞれの情報サイトへ誘導する。災害時に町のサーバーに不具合が生じた際、外部から情報を更新する仕組みも構築した。

見やすさの工夫では、パソコンやスマホなど使用する端末に合わせて、文字のサイズを自動で切り替え。視覚や色弱などの障がいのある人も確認しやすいよう、背景と文字の色の差をはっきりさせた。5年間の保守点検料を含めた総事業費は1898万円。

武居保男町長は「明るい写真を使うなど、わくわくする画面構成。新たなHPを土台により正確で分かりやすい情報を発信したい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP