鷲ケ峰と八島湿原巡る 地域密着型ツアー開発

LINEで送る
Pocket

鷲ケ峰と八島湿原を巡る新ツアーなどを説明する下諏訪町観光振興局スタッフ

下諏訪町観光振興局は、下諏訪でしか体験できない地域密着型のツアーとして、新たに「知られざる絶景『鷲ケ峰』と天空の箱庭『八島湿原』ハイキング」と、「プロカメラマン同行《諏訪湖花火》と《八島湿原》フォトツアー」を開発した。地元の専門家らの案内で、新たな地域の魅力を発信する。

ハイキングツアーは、霧ケ峰高原の西端、八島湿原の北西にそびえる鷲ケ峰(標高1798メートル)に登り、八島湿原の木道を一周するコース。霧ケ峰の最高峰「車山」に比べて知名度が低い鷲ケ峰だが、手軽に稜線(りょうせん)歩きを楽しめ、天気が良ければ山頂から諏訪湖や八ケ岳、富士山、北・中央・南アルプスなど、360度の絶景を望める。講師は八島ビジターセンター職員の福原正子さん。湿原の成り立ちや高山植物を解説する。

日程は、8月24日、9月4、10、16、24日、10月10、15日。定員15人。イヤホンガイド付き。料金は1人8900円。貸し切りバス。四ツ角駐車場を午前8時出発、午後3時30分解散。

フォトツアーは、プロカメラマンの笹川寛司さん=同町)=と町内の名所を巡り、カメラの撮影技術を学ぶ1泊2日のツアー。1日目は八島湿原で高山植物などを撮影。下諏訪温泉・ぎん月に宿泊。午後8時30分から打ち上がる湖上花火を赤砂崎公園から撮影する。2日目は下諏訪町内の街並みを撮影する。各日ともフォト講座がある。参加費は3万7000円~。カメラは各自持参する。日程は8月27~28日(1泊2日)のみで残りわずか。

申し込みは観光サイト「おいでなして しもすわ」へ。問い合わせは同振興局(電話0266・27・1800)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP