文化

宇宙から長野撮影 県立美術館で映像作品展

県立美術館(長野市)は19日から、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の人工衛星「だいち」が撮影した県土の高精細画像を基にした映像作品展「めぐりあいJAXA―ながのとながめ」を開く。今年4月にオープンした新しい美術館が、絵画や彫刻だけでなく、映…

全文を読む

五輪卓球カナダ代表へ熱いメッセージ 岡谷市

東京五輪・パラリンピックでカナダのホストタウンに登録されている岡谷市は、卓球カナダ代表選手に贈る寄せ書きを集めている。代表選手3人の紹介パネルと寄せ書き用のカナダ国旗を市内3施設に設置。市民からのメッセージの書き込みを募っている。今月30日…

全文を読む

月面に謎の「X」出現 伊那の野口さん撮影

伊那天文ボランティアすばる星の会代表の野口輝雄さん(69)=伊那市西箕輪=が17日夜、月面に「謎のX(エックス)」を捉え、写真撮影に成功した。明暗の境の部分に「X」が白く浮かび上がり、秘密の場所を知らせているかのようだ。 「上弦ぐらいの月の…

全文を読む

原田泰治さんと椋鳩十の世界 諏訪で企画展

諏訪市在住の画家、原田泰治さん(81)と、原田さんの背中を押し続けた下伊那郡喬木村出身の児童文学作家、椋鳩十(本名久保田彦穂、1905~87年)の作品に触れる企画展「椋鳩十と原田泰治二人の世界 画文集『太陽の匂い』原画展」が17日、同市渋崎…

全文を読む

伊那北高同窓会 創立100周年記念の美術展

伊那北高校同窓会(酒井茂会長)の同校創立100周年記念事業「薫ケ丘美術展」が16日から20日まで、伊那市の県伊那文化会館美術展示ホールで開かれる。現役の生徒から同窓生まで出品者96人の作品計99点を一般公開する。同窓会では「貴重な作品を一堂…

全文を読む

パレスチナの現状学ぶ アンの家が講演会

パレスチナ刺しゅうの販売などを通じて現地を支援している手芸品販売のアンの家(諏訪市諏訪)は12日、パレスチナを学ぶ講演会を諏訪市総合福祉センターで開いた。約30人が参加。中東問題に詳しい識者ら3人が講師を務め、自らの活動から見える現地の状況…

全文を読む

ぼくらの未来プロジェクト 動画制作始まる

茅野市のまちづくりに子どもたちが取り組む「茅野市ぼくらの未来プロジェクト」は今年度、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿する動画制作に取り組む。全10回の講座を通して、子どもたちがテーマや内容を決め、撮影や編集を行い、ユーチューブにアップロ…

全文を読む

武田信玄と上社の関係紹介 神長官守矢史料館

武田信玄(出家前は晴信)と諏訪上社(諏訪大社上社)は互いに好意的な関係にありながら、それぞれ相手の力を利用し合っていたとみられることが、茅野市神長官守矢史料館で開催中の企画展で紹介されている。 戦国時代の混乱で上社の祭礼は衰退するも、力を付…

全文を読む

福島さん最高賞 長野日報社お手軽フォトコン

長野日報社が5月の大型連休中に募集した「みんなでお手軽フォトコンテスト」は、221点の作品応募があり、厳正な審査の結果、特別賞32点、入賞18点が決まった。最高賞には福島千晴さん=茅野市塚原=の「兄貴!!バスケって難しいな…」が選ばれた。特…

全文を読む

尖石縄文まつり 来年度以降新たな開催形式へ

茅野市5000年尖石縄文まつり実行委員会は10日夜、市役所で開いた。2022年度以降の内容について正副実行委員長が現在のにぎやかなイベント型ではなく「新たな形に変えたい」と提案し、了承された。「縄文文化を深く知ってもらう場にしたい」とし、今…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP