文化

岡谷聖バルナバ教会 国登録有形文化財へ

文化庁の文化審議会文化財分科会は16日、1928(昭和3)年に建設された岡谷市本町の日本聖公会中部教区岡谷聖バルナバ教会を、国の登録有形文化財にするよう文部科学大臣へ答申した。年度内にも告示される。英国教会の伝統を受け継ぐ構造を有している一…

全文を読む

松澤宥の業績顕彰 下諏訪で「松フェス」

「日本概念芸術の祖」とされる、下諏訪町出身の松澤宥さん(1922~2006年)の業績を顕彰するイベント「松フェス!」は15日夜、同町平沢町のマスヤゲストハウスで始まった。松澤さんが残した作品と資料を展示し、その芸術性を受け継いだ松澤宥アーカ…

全文を読む

諏訪交響楽団18日に定演 宮田大さんと共演

諏訪交響楽団(丸茂洋一理事長)は18日午後2時から、第164回定期演奏会を岡谷市のカノラホールで開く。世界的に活躍するチェリストの宮田大さんを迎え、東欧の作曲家作品を中心に4曲を披露する。 宮田さんは、世界のチェロ奏者の登竜門として知られる…

全文を読む

「仮面の女神」 パリの展覧会で注目

フランスのパリ日本文化会館で開催中の展覧会「縄文―日本における美の誕生」(12月8日まで)で、茅野市から出土した縄文時代の国宝土偶「仮面の女神」がポスターや図録、会場入り口パネルのデザインに採用され、“芸術の都”で注目を集めている。 展覧会…

全文を読む

駒展が開幕 駒ケ根市立博物館で25日まで

県美術展や全国展に出品するなど、駒ケ根市内で活躍する作家の作品を集めた第17回駒展と、市内7小中学校の児童・生徒の優秀作品を展示する第3回ジュニア駒展が10日、市立博物館で開幕した。25日まで。 市や市文化財団などが主催する事業。駒展は市内…

全文を読む

岡工吹奏楽部OB演奏会 現役部員も出演

岡谷工業高校(岡谷市)吹奏楽部は、10日に同市のカノラホールで開くOBの初コンサートに出演する。同部は近年部員数が減少し、現在は1年生4人のみ。大人数によるオーケストラ演奏で、豊かな表現力を磨いてほしい―とOBが共演を呼び掛け、合同練習を重…

全文を読む

高遠文芸賞 全国公募きょうから

伊那市高遠町で本との出合いや町歩きを楽しむイベント「高遠ブックフェスティバル」を開催している同実行委員会(遠藤覚実行委員長)は、高遠に関する文芸作品を顕彰する「高遠文芸賞」を創設し、1日から全国公募する。10月31日に遠藤委員長が同市高遠町…

全文を読む

18日茅野でオペラ蝶々夫人 三井さん意欲

二期会会員で声楽家の三井ひかりさん(49)=諏訪市大手=は、オペラを地元諏訪でも楽しめるようにしようと精力的に活動している。18日には諏訪地方では初となる本格オペラ「蝶々夫人」の公演を控えている。 もともと歌うことが好きだったという三井さん…

全文を読む

諏訪の文化財年に1地区紹介 中洲編3日から

諏訪市教育委員会は今年度から、市内5地区の文化財を1年に1地区ずつ紹介する催し「未来に伝えよう諏訪市の文化財」を始める。今年度は中洲地区所在の文化財を対象に3日から12月2日まで市博物館で行う。県宝や市有形文化財の実物展示のほか、講演会やガ…

全文を読む

能の奥深い世界 伊東近代美術館で文化講座

諏訪市諏訪2の伊東近代美術館で28日、文化講座「能の世界を楽しむ」があった。同館が主催し、日本の伝統文化を学び親しむ全5回の集いの最終回。能と面についての講演と能楽の語り上演があり、20人が能の奥深い世界を堪能した。 能と面の歴史や魅力につ…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP