文化

雌雄一対「阿吽の舞」 伊那・羽広獅子舞

伊那市西箕輪羽広に伝わる「羽広獅子舞」(市指定無形民俗文化財)が13日、地元の仲仙寺本堂で奉納された。地域住民でつくる羽広獅子舞保存会が、雌雄一対の獅子による一連の舞い合わせ「阿吽の舞」を厳かに披露し、五穀豊穣や地域の安寧を祈願した。 16…

全文を読む

ガラス窓に「わにわに」 イルフ童画館でWS

岡谷市のイルフ童画館は13日、開催中の企画展に合わせて、絵本「わにわに」シリーズで人気のイラストレーター山口マオさんが、子どもたちと一緒に同館1階のガラス窓に絵を描くワークショップを開いた。園児と小学生17人が参加。山口さんが描いた「わにわ…

全文を読む

県文でザワメキアート展始まる

長野市と伊那市、東京都を回る巡回展「ザワメキアート展2018~信州の障がいのある人の表現とアール・ブリュット」(実行委員会主催)が10日、伊那市西町の県伊那文化会館で始まった。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて16年から毎年…

全文を読む

県内の入選作一堂に 安曇野で日展工芸美術展

改組新第5回日展工芸美術長野県入選者展が、安曇野市の安曇野高橋節郎記念美術館で開かれている。昨年10月に発表された日展の工芸美術部門で県内から入選した15人の作品のほか、日展会員の高橋貞夫さん=大町市=や同会員の木下五郎さん=駒ケ根市=、準…

全文を読む

茅野で音楽・ダンスイベント 来月17日

音楽やダンスパフォーマンスのイベント「SUWARISE2019」(同実行委員会主催)が2月17日午前11時から、茅野市の茅野市民館で開かれる。第一線で活躍するタレントやプロ歌手、オーディションを勝ち抜いた若手の音楽グループなどが共演する。 …

全文を読む

岡谷蚕糸と連携企画展 東京農工大科学博物館

岡谷市の岡谷蚕糸博物館と連携協定を結ぶ東京農工大学科学博物館(東京都小金井市)で3月30日まで、連携記念企画展「繭から糸を繰る~技術の変遷と未来~」が開かれている。協定締結後、両館の連携による初の催し。製糸技術の変遷に焦点を当てた企画展で岡…

全文を読む

建築物に見る地元産鉄平石 すわまちくらぶ

諏訪市諏訪1のまちづくりの拠点「すわまちくらぶ」で、諏訪地域の建築物に使われている地元産鉄平石が50枚以上の写真で紹介されている。何層にも重なった火山岩が平たく剥げ、かつては屋根材、現在も外壁や門柱などを飾る鉄平石。見慣れた場所に地場産品が…

全文を読む

本陣岩波家の古い温度計 明治の酒暖計と判明

中山道下諏訪宿の本陣問屋だった「本陣岩波家」(下諏訪町横町)に残る古い温度計が、日本酒を加熱殺菌(火入れ)する際の温度管理に使った明治20年頃の「酒暖計」であることを、公立諏訪東京理科大学(茅野市豊平)の河村洋学長(76)が2年余りの調査で…

全文を読む

山車飾りの準備着々と 箕輪南宮神社例大祭

箕輪町木下の箕輪南宮神社例大祭(初祭り)は12、13の両日、同神社で開く。呼び物の山車飾りは「赤穂浪士の討ち入り」など6舞台を展開。同神社山車飾保存会(後藤忍会長)が昨年11月に着手した準備作業も着々と進み、祭り本番に向け最後の追い込みに入…

全文を読む

個人所有の武井作品 イルフ童画館に預けて

岡谷市西堀出身の童画家・武井武雄(1894~1982)の作品を収蔵、展示する同市のイルフ童画館(山岸吉郎館長)が、個人で所蔵する武井作品の童画館への寄託を呼び掛けている。山岸館長は「『文化財』としての武井作品の保護のためにも、さらに深めなけ…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP