文化

思い出の「石神の松」線香花火に 中川東小

松くい虫被害によって枯死し昨年7月に伐採された中川村の「石神の松」について学習してきた中川東小学校4年生25人が、伐採枝を燃やしてできたすす(松煙)を材料にした線香花火作りに取り組んだ。山梨県在住の和火師、佐々木厳さん(37)が作り方を指導…

全文を読む

伊那市西箕輪上戸 小正月の「でえもんじ」

伊那市西箕輪の上戸で14日、小正月の伝統行事「でえもんじ」があった。色鮮やかな飾りなどを付けた、高さ約15メートルの柱を集落中心部にある道祖神の脇に立てた。雪の舞う中での作業だったが、約40人が協力して進め、厄除けや地域の安全を願った。 午…

全文を読む

今年一年占う「筒粥神事」 諏訪大社下社春宮

今年1年の世相と農作物の豊凶を占う諏訪大社の「筒粥神事」が14日夜、下諏訪町の諏訪大社下社春宮で始まり、神職がヨシなどを入れた釜を夜通し炊き上げた。結果は15日早朝に告げられる。 午後8時から火入れの神事を行い、幣拝殿でお払いをした後、北島…

全文を読む

「静謐と郷愁」テーマ 松澤泉次さん作品展

伊那市西春近のかんてんぱぱミュージアム南展示室で、飯田市の洋画家松澤泉次さん(72)の作品展が開かれている。古い写真やカメラ、ランプ、旅行かばんなどをモチーフにした油彩画21点を展示。細密に描かれた作品が並び、古道具の魅力を伝えている。 松…

全文を読む

29日茅野で映画「咲む」上映

全日本ろうあ連盟の創立70周年を記念した映画「咲(え)む」の上映会が29日、茅野市民館コンサートホールで開かれる。健常者も障がい者も楽しめる感動作。主催する上映会実行委員会の大和清委員長(59)=茅野市宮川=は「映画を通して障がい者への理解…

全文を読む

上伊那の中学校 美術部、創作部の合同展 

上伊那地方の中学校美術部、創作部の合同展が8日、伊那市西春近のかんてんぱぱホールで始まった。コロナ禍で発表や活動の場を失う中でも、4校の102人が力作を出品。中学生のみずみずしい感性を生かした水彩やアクリル、日本画、立体作品など計172点を…

全文を読む

「先輩に学ぶ」出版 穴山歴史研究会

茅野市玉川穴山区の有志でつくる穴山歴史研究会(伊藤博夫代表)は、大正末から昭和の大変な時代を生きてきた地元の人たちに聞いた地域の歴史や文化に関わる貴重な体験をまとめた「先輩に学ぶ」を出版した(長野日報販売編集協力)。元教員の伊藤代表(90)…

全文を読む

町の名所・伝説かるたに 箕輪町郷土博物館

箕輪町郷土博物館は、町内の観光地や文化財、伝説を題材としたご当地かるた「箕輪学かるた」を作製した。かるた遊びを通じて、町について知ってもらうことが目的。300セット作り、町内の小中学校や保育園、学童クラブなどに無料配布した。希望者には有料で…

全文を読む

松澤宥に脚光 来年生誕100年各地で企画展

生涯、下諏訪町を拠点に芸術活動を行い、日本のコンセプチュアルアート(観念アート)に多大な影響を与え、世界の美術界に名を残した故松澤宥さん(1922~2006年)。近年、アメリカ5都市で松澤さんの企画展が開かれ、2022年の生誕100年に合わ…

全文を読む

小石に託して災い払う 諏訪大社で石送神事

諏訪市の諏訪大社上社本宮で27日、今年1年の災いを小石に託して払う石送神事が行われた。大総代約30人が見守る中、北島和孝宮司が神職6人が手渡してつないだ小石を受け取り、伊勢神宮遥拝所の玉垣に投げ入れた。 斎庭の脇片拝殿前に一列に並んだ神職た…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP