文化

木材削りマイ箸作り 高遠美術館子どもWS

伊那市の信州高遠美術館は18日、同市高遠町長藤の古民家で子どもワークショップ「木をけずろうはしをつくろう」を開いた。市内の小中学生約20人が参加。東京芸術大学美術教育研究室の教授ら4人を講師に、子どもたちがマイ箸作りに挑んだ。 子どもワーク…

全文を読む

障がい者の感性輝く創造の宇宙展 辰野美術館

辰野町荒神山公園の辰野美術館で、障害者たちの作品を集めた企画展「創造の宇宙―よろこびのアトリエ」が開かれている。上伊那地方など県内の障がい者支援施設の利用者ら69人が手がけた、平面と立体の約700点を展示。自由な感性のおもむくままに生み出さ…

全文を読む

「樹・音」世界に 「モッカ」プラハで披露へ

原村を拠点に全国でオリジナルの木の笛「森のオカリナ樹・音(じゅ・ね)」の演奏活動をする姉妹ユニット「MOCCA(モッカ)」の安川桃さん(32)カンナさん(27)は18~23日、チェコの首都プラハで開催される国際交流イベント「ジャパンウィーク…

全文を読む

古典オルゴールを特別展示 下諏訪のすわのね

下諏訪町にある日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのねは「オルゴールの日」の10日、古典オルゴールの特別展示を始めた。1890年代に制作された、音色に合わせてガラス内の風景が動く仕掛けがされた「ジオラマ」を初出品した。 ジオラマは、ガラス…

全文を読む

諏訪の建造物巡る 県建築士会支部がまちブラ

県建築士会諏訪支部(大井一美支部長)は5日、まち歩きを楽しむ「まちブラ」を諏訪市のJR上諏訪駅と高島城周辺で行った。一般を含む16人が参加。同支部副支部長の五味光一さん(63)=同市四賀=の案内で貴重な建造物などを訪ねた。 普段一般公開され…

全文を読む

蓼科高原映画祭 来年は会期1週間程度に

茅野市で9月16~24日に行われた第20回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭の反省会が1日夜、市役所で開かれた。組織・実行合同委員会の役員ら約30人が出席。各委員会の事業報告に続いて、映画祭の継続を確認。来年は会期を通常の2日から1週間程度にす…

全文を読む

弥生高華道部「花の甲子園」へ 同窓会が激励

生け花を学ぶ高校生が技を競う全国大会「Ikenobo 花の甲子園2017」(池坊華道会主催)に出場する伊那市の伊那弥生ケ丘高校華道部の生徒3人が1日、同校を訪れた久保田裕子同窓会長から激励を受けた。生徒たちは、12日に京都市で開かれる全国大…

全文を読む

信州総文祭プレ大会 本番さながら開会式

来年8月7~11日に県内で開かれる第42回全国高校総合文化祭(2018信州総文祭)のプレ大会総合開会式が28日、松本市のまつもと市民芸術館で開かれた。運営や出演で約750人の生徒が参加。本番の開会式のリハーサルと第24回県高校総合文化祭を兼…

全文を読む

交響詩160人大合唱 「明日歌」28日定演

駒ケ根市を活動拠点にする混声合唱団「明日歌」(新井克太郎団長)の第34回定期演奏会は28日、同市文化会館大ホールで開く。今年は市民や中学生約160人との大合唱を企画。参加者は本番に向けた仕上げの練習に励んでいる。 大合唱で披露するのは、交響…

全文を読む

駒ケ根三十六景フォト・絵画コンテスト

駒ケ根市のこまがね市民活動支援協会は、第2回「駒ケ根三十六景いかまいか!フォト・絵画コンテスト!」の入選作品を決めた。写真の部は東伊那のふるさとの丘で撮影した北澤利一さん=駒ケ根市=の「満月の夜景」、絵画の部は中沢にある夕陽の丘を描いた和田…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP