文化

26日に田楽座伊那公演 高齢者割引で

伊那市富県の歌舞劇団「田楽座」は26日午後3時30分から、伊那公演を同市荒井のいなっせで開く。長引くコロナ禍の影響で「自粛疲れ」が叫ばれる中、ワクチン接種が進む高齢者向けの割り引きを企画。相次いで中止となる全国各地の祭りと音色を表現し、ステ…

全文を読む

大賞・菊花賞3人表彰 信州書道展授与式

第47回信州書道展(長野日報社主催、南日書道協会など後援)の、同協会会員を対象にした大賞と菊花賞の表彰状授与式が19日、諏訪市高島の同社本社で行われた。大賞の北條早希さん=伊那市=と菊花賞の上島武留さん=同市=、北原弥花さん=駒ケ根市=の3…

全文を読む

日本画家中村土川さん遺作展 伊那

今年8月に72歳で他界した伊那市高遠町荊口の日本画家、中村土川(本名和夫)さんの作品展「伊那谷の祈りと煌めき」が、同市西春近のかんてんぱぱホールで開かれている。仏教思想を表現した代表作「即身成仏」など約30点を展示。大胆な筆遣いの作品が並び…

全文を読む

シダレグリの魅力紹介 辰野美術館でパネル展

辰野町荒神山公園の辰野美術館は、同町小野の「小野のシダレグリ自生地」の国天然記念物指定100周年を記念したパネル展(長野日報社など後援)を開いている。愛好者らが撮影したシダレグリの季節の写真、町内児童が描いた絵画など40点余りを展示し、地元…

全文を読む

木曽の林産物利用し紙すき実習 上農高3年

上伊那農業高校(南箕輪村)のコミュニティデザイン科里山コースの3年生が、林産物利用で紙すきを始めた。木曽地域の山林で採取したコウゾや校内にある桑を材料に、出来栄えを確かめながら和紙の試作を重ねている。 木材活用の実習で初めて和紙作りを取り入…

全文を読む

四季折々の自然 山岳写真協会南信支部写真展

日本山岳写真協会南信支部は、第26回写真展「貌・季節の中で」(長野日報社など後援)を伊那市の県伊那文化会館で開いている。会員が撮影した山岳写真72点を季節ごと展示。さまざまな視点から自然の表情を収めた作品が訪れた人たちを魅了している。20日…

全文を読む

「諏訪神仏」調査開始 来秋一斉公開へ

諏訪地方の神社と寺院が協力し、来秋に諏訪神社(現・諏訪大社)に付属していた神宮寺由来の仏像などを一斉公開する「諏訪神仏プロジェクト」で、調査部会による調査が14日、始まった。初日は岡谷市長地柴宮の平福寺と同市長地小萩の真秀寺で計15点の制作…

全文を読む

諏訪頼重に焦点 諏訪市博物館で企画展

鎌倉時代後期から南北朝時代初期に実在した諏訪の武将、諏訪頼重(不明~1335年)が主要なキャラクターとして登場する少年漫画「逃げ上手の若君」の人気を受け、諏訪市博物館は14日から、頼重に スポットを当てたミニギャラリー展を始めた。漫画ではミ…

全文を読む

3年目の酒米収穫 伊那市の横山維者舎

伊那市横山の住民グループ「横山維者舎」は12日、酒米「美山錦」の収穫作業を地区内の水田で行った。酒米栽培を通じ、地元の豊かな自然や人情をPRしようと清酒「信濃錦」蔵元の宮島酒店(同市荒井)と手を組み、純米吟醸酒を製造する3年目の活動。会員ら…

全文を読む

諏訪中文化祭成功を オータム花火メッセージ

最後の文化祭を成功させたい―。諏訪市諏訪中学校の3年生20人が、10月1日から始まる「諏訪湖オータム花火」にメッセージを寄せた。諏訪観光協会が本紙に掲載したメッセージ用紙を切り抜いて提出したもので、花火初日は同校の文化祭「梶の樹祭」の当日。…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP