文化

蓼科高原映画祭テーマ「家族」 22日開幕

茅野市蓼科高原を晩年の仕事場にした小津安二郎監督(1903~63年)にちなむ「第21回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」が22日、同市で開幕する。小津監督が描き続けた「家族」をテーマに、30日まで9日間にわたって国内外の映画21本を上映する。…

全文を読む

尖石縄文文化賞に西野雅人さん 茅野市

茅野市は18日、第19回宮坂英弌記念「尖石縄文文化賞」の今年度受賞者が、千葉市埋蔵文化財調査センター所長の西野雅人さん(56)=東京都江戸川区=に決まったと発表した。重要な貝塚の調査を数多く手掛け、海岸地帯に暮らした縄文人の生業(なりわい)…

全文を読む

高遠文学賞を創設 ブックフェス実行委が宣言

伊那市高遠町で本との出合いや町歩きを楽しむイベント「高遠ブックフェスティバル」を開催している同実行委員会はイベント初日の15日、同市西高遠の江戸時代の武家屋敷・北原読書楼で、「高遠文学賞(仮称)」の創設を宣言した。遠藤覚実行委員長が会見を開…

全文を読む

勇壮「胸たたき」 上社で十五夜祭奉納相撲

諏訪市の諏訪大社上社本宮で15日、県無形民俗文化財の十五夜祭奉納相撲があった。地元の神宮寺区の青年力士が相撲踊りを奉納。あいにくの小雨模様だったが、現存する全国の相撲踊りで唯一受け継いでいるとされる勇壮な「胸たたき」で境内を沸かせた。 奉納…

全文を読む

県工芸美術展が開幕 かんてんぱぱホール

第10回県工芸美術展(県工芸美術会主催、長野日報社など共催)が14日、伊那市西春近のかんてんぱぱホールで開幕した。県内の68人が応募した立体造形作品など111点を展示。約40部門にわたる多彩なジャンルの作品が並び、多くの来場者を楽しませてい…

全文を読む

鶴田真由さん小林紀晴さん写真展 茅野市民館

女優鶴田真由さんと茅野市出身の写真家小林紀晴さんの写真展(実行委員会主催)が15日、茅野市民館で開幕する。2人が昨年2月に南インドを旅しながら、それぞれの感性で現地の人々の暮らしや風景を切り取った写真76点を展示。17日には2人のトークイベ…

全文を読む

「黒曜石」テーマに秋季企画展 県立歴史館

縄文時代に和田峠や霧ケ峰周辺で盛んに採掘され、全国に流通した「黒曜石」をテーマにした県立歴史館の秋季企画展が15日から、千曲市の同館で始まる。本州最大規模を誇った下諏訪町と長和町の原産地や、諏訪地方の遺跡などから出土した資料約600点を展示…

全文を読む

現代染色の若手作家が作品展 信州高遠美術館

伊那市の信州高遠美術館で、若手アーティスト5人による作品展「現代染色の世界」が開かれている。同じ染色作品でありながら、作家それぞれに手法やモチーフ、表現方法が違う14点を展示。若手作家のみずみずしい感性が光り、多くの来場者が訪れている。10…

全文を読む

日本山岳写真協会南信支部 県文で写真展

日本山岳写真協会南信支部(津野祐次支部長)は、伊那市の県伊那文化会館で第24回写真展「貌・季節の中で」(長野日報社など後援)を開いている。会員が撮影した山岳写真53点を季節ごとに展示。多くの市民が訪れ、雄大な自然の一瞬を収めた作品に見入って…

全文を読む

漆芸作家の竹森さん 安曇野で企画展

漆芸作家の竹森公男さん(69)=諏訪市湖南南真志野=の企画展「うるわし Lacquer 重なりゆく世界」が、安曇野市の安曇野高橋節郎記念美術館で開かれている。同館で竹森さんの作品を展示するのは初めて。80~100号の計9点が並んでいる。今月…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP