文化

諏訪湖まちじゅう芸術祭開幕

諏訪湖周の諏訪、岡谷、下諏訪3市町にある17の美術館、博物館が連携し、さまざまなイベントを展開する「諏訪湖まちじゅう芸術祭2017」(実行委員会主催)が15日、始まった。8月31日まで行い、夏の観光シーズンの呼び物としてアピール。各館はギャ…

全文を読む

皇室の養蚕と信州 駒ケ根シルクミュージアム

駒ケ根市東伊那の駒ケ根シルクミュージアムで15日、第45回特別展「皇室の御養蚕と信州」(長野日報社など後援)が始まった。明治時代から歴代の皇后に継承されている皇室の養蚕や、かつて養蚕が盛んだった上伊那地域や県内との関わりを紹介している。8月…

全文を読む

早太郎の絆50年 サムライナッツ記念公演

駒ケ根市の劇団サムライナッツは29、30の両日、市文化会館で開く恒例の夏公演で、同市と静岡県磐田市の友好都市協定締結50周年の記念事業として、両市で語り告がれる霊犬早太郎伝説を基にした演劇を上演する。駒ケ根市の光前寺で飼われていた山犬・早太…

全文を読む

諏訪で隆盛ギター産業 すわまちくらぶ企画展

戦後の一時期、諏訪地域の主要産業となったギター産業を紹介する企画展「すわで花開いた楽器ヒストリー」が、諏訪市諏訪1のまちづくり拠点「すわまちくらぶ」で開かれている。当時製造のギターや生産工程などの写真を展示し、諏訪の木工技術や風土に支えられ…

全文を読む

土染め“縄文色”Tシャツ 茅野市民館出前講座

茅野市民館の出前講座「土と布で遊ぼう!土染め体験」が13日、豊平、北山、金沢の3小学校で開かれた。同市内の赤土を材料にした染料などを使い、真っ白なTシャツを思い思いに染め上げた。 同館主催の「JOMONファッション『縄文の衣』~喜びを伝える…

全文を読む

考え方は信州人 岡谷出身の作家柳谷郁子さん

高校時代の同期会で古里を訪れた、岡谷市出身の作家柳谷郁子さん(80)=兵庫県姫路市在住。古里を離れて60年余になるが、「諏訪湖のほとりに生まれ、八ケ岳を仰ぎ見て育った。物の考え方、執念のもっていき方は今も信州人と、年月を経るごとにつくづく思…

全文を読む

薬師寺東塔の校名瓦 県内117校分里帰り

信濃教育会主催の「薬師寺東塔『縁の瓦』里帰り式」が11日、長野市の同会館で開かれ、薬師寺(奈良県)で解体修理中の国宝「三重塔」(東塔)で発見された、長野県内の学校名が刻まれた瓦の一部が各学校に返還された。瓦を引き渡した薬師寺元管主で現長老の…

全文を読む

風景写真のトーナメント 茅野で15、16日

5人一組の団体戦で優勝を争う風景写真のトーナメント戦「チームチャンピオンズカップ2017長野」が15、16の両日、茅野市民館を主会場に開かれる。全国各地から16チームが参加。正しい撮影マナーを順守し、規定の時間内に県内で撮影した風景写真の出…

全文を読む

老松場古墳群の調査 「金のバトン賞」受賞

市民と研究者がともに活動する全国組織「文化財保存全国協議会」の第48回新潟大会(2日、新潟県)で、伊那市東春近の「老松場古墳群」を整備し測量調査を行った東春近小学校の当時6年生と、住民有志の老松場の丘・古墳公園整備委員会らがこれまでの活動を…

全文を読む

人情喜劇「高島城騒乱」 岡谷で16日村芝居

岡谷市の小井川区壮年会による「村芝居」が16日、小井川区民会館で開かれる。区民演芸祭に合わせて約30年前から続いている恒例行事で、今年は江戸時代に高島藩で起きた「二の丸騒動」をモチーフにした「高島城騒乱~日本一の嘘つき家老の野望」を上演する…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP