行政・政治

空き家バンク登録伸び悩む 25日から相談会

諏訪市は25日から、人口減少抑制対策として移住希望者に空き家を紹介する「空き家バンク」の物件登録相談会を市駅前交流テラスすわっチャオで始める。登録物件数が伸び悩む中、空き家所有者を対象に月1回実施して登録物件数を増やし、購入や賃借といった契…

全文を読む

千人塚公園の桜植え替え 今秋から飯島町

飯島町は22日、寿命とテングス病で樹勢が衰えている同町七久保の千人塚公園の桜の植え替えと土壌改良を今秋から始めると、町議会全員協議会に報告した。県の元気づくり支援金を活用し、3年間で約150本を計画。今年度は50本を植え替え、上伊那地方を代…

全文を読む

住民移送サービス導入へ学習会 茅野市

茅野市は21日、住民主体の移送サービスに関する学習会を市役所で開いた。地区社会福祉協議会や区・自治会の役員、民生児童委員や福祉推進委員ら約80人が出席。高齢者らの移送サービスを地域住民が担う仕組みの導入を視野に、国土交通省長野運輸支局の中村…

全文を読む

65歳以上に介護支援ボラポイント 伊那市

伊那市は、65歳以上の高齢者を対象にした「介護支援ボランティアポイント事業」を6月1日からスタートする。市内の介護施設などでボランティア活動を行うと買い物に使えるポイントや商品券などと交換できる仕組み。22日からボランティア登録の受け付けを…

全文を読む

ご当地ナンバー新たに3車種追加 宮田村

宮田村は、原動機付き自転車(原付き)90ccと原付き125cc、農耕車を含めた小型特殊自動車のご当地ナンバープレートを交付し、村のオリジナルナンバープレートを利用できる車種を増やした。村のイメージキャラクター「みやさん」と特別シンボル「こま…

全文を読む

医師不足偏在解消へ 県が国の施策説明

県は17日夜、伊那市内で開いた上伊那医療圏地域医療構想調整会議で、国の政策に基づいて今年度策定する医師確保計画を説明した。国の新たな指標(医師偏在指標)で全国335の2次医療圏ごとに医師の充足度を示し、下位3分の1の医療圏を「医師少数区域」…

全文を読む

すわっチャオ開所 上諏訪駅前にぎわい創出

JR上諏訪駅東口の商業ビル「アーク諏訪」3階に諏訪市の公共スペース「駅前交流テラスすわっチャオ」が18日開所した。発表会ができるイベントスペースや未就学児の親子が遊べるキッズコーナーなどを設け、多世代交流の拠点として活用する。2月に開店した…

全文を読む

茅野市塚原の大火 出動体制「適正だった」

4月20日に茅野市塚原で発生した大規模火災を受け、諏訪広域消防本部(岡谷市)は16日、当日の出動体制についての検討結果を発表した。発生日は他の火災や救急での出動が重なったが、塚原の火災への対応は「適正だった」とする見解を示した。消防車両の到…

全文を読む

住民主体の移送サービス学習会 茅野市

高齢化や免許返納に伴う高齢者の移動手段の確保が課題になる中、茅野市は21日、住民主体の移送サービスに関する学習会を市役所で開く。国土交通省長野運輸支局(長野市)の運輸企画専門官を講師に迎え、地域の助け合いを基本とした輸送サービスを後押しする…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP