行政・政治

小鳩園を児童発達支援センターに移行 伊那市

伊那市は、児童発達支援事業所「小鳩園」(山寺)を児童発達支援センターに移行する。障がいや発達特性のある子どもや保護者への支援を強化する狙い。2020年度一般会計当初予算にセンター化に関する費用3735万円を計上している。21年度当初の設置を…

全文を読む

民間と連携しHP作成サービス 茅野市

茅野市は3日から、民間企業「ペライチ」(東京)と連携し、市民や市内事業所が同社提供のホームページ(HP)作成サービスを活用してHPを作り、発信できるプロジェクトを始めた。イベントや店の魅力のPRなどに活用でき、インターネット上での市関連情報…

全文を読む

万全対策で学校再開 県知事と教育長が会見

原山隆一県教育長は3日、阿部守一知事と県庁で共同会見し、新型コロナウイルス感染症対策で休校していた県立学校について、「万全の感染防止対策を講じた上で教育活動をスタートしていく」と発表した。県が2日に開いた新型コロナウイルス感染症対策専門家懇…

全文を読む

ネットで移住セミナー 伊那市が5日に初開催

伊那市は、インターネットを利用したオンライン移住セミナーを4月5日に開く。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京など都市部での移住セミナーを中止していることを受けて初めて企画。ウェブ会議システム(Zoom)を活用することで、双方向でのやり…

全文を読む

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。感染防止に配慮しつつ、運動周知を図るため、映像の…

全文を読む

県が年度始め式取りやめ 知事あいさつ

県内の官公庁で1日、新年度の業務がスタートした。県は、例年は県庁講堂に職員を集めて開いている年度始めの式を新型コロナウイルス感染症対策で取りやめ、部局長会議で阿部守一知事が感染症対策をはじめとした、今年度の取り組みの方向性について考えを伝え…

全文を読む

感染拡大スピード抑制 県が基本対処方針

県は3月31日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を県庁で開き、国の方針を踏まえた県の基本的対処方針を決定した。(1)感染拡大のスピード抑制 (2)医療提供体制の強化 (3)重症化しやすい人を守る (4)医療関係者を守り確保する―を最重点…

全文を読む

星ケ塔遺跡発見100年 下諏訪町が記念事業

下諏訪町東俣国有林内にある国指定史跡の星ケ塔遺跡が発見から100年を迎え、同町は今年度、記念事業を展開する。遺跡発見に関係する資料の企画展やトークショー、現地見学会などで、遺跡から出土した黒曜石にスポットライトを当て、地域に残る縄文文化の魅…

全文を読む

伊駒アルプスロード 国直轄の事業化決定

国道153号バイパス・伊駒アルプスロードが3月31日、国土交通省の新年度の道路関係予算配分概要に記載され、国直轄整備事業として新規事業化が決定した。県事業として計画が進められてきたが、県は高度な技術が必要として国直轄による権限代行事業を求め…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP