行政・政治

また行きたい駒ケ根市 施策を中間報告

駒ケ根市政の個別課題について研究する「市政策研究所」の一環として、市のシティプロモーション戦略を研究するプロジェクトグループは8日、都市ブランドの確立に向け検討してきた施策を中間報告として取りまとめ、市に提言した。観光を切り口に市を「また行…

全文を読む

新山保育園建て替えへ 園児数の確保見込む

建て替えの方針が示された伊那市の新山保育園

伊那市の白鳥孝市長は8日の市議会12月定例会一般質問で、同市富県の新山保育園を建て替える方針を明らかにした。同保育園は建設から50年以上が経過し、老朽化が進む一方、園児数の減少が課題となっていたが、地域住民による取り組みもあって今後数年は園…

全文を読む

諏訪市老人福祉センター浴場 存続判断は年度内

諏訪市は市老人福祉センター(湖岸通り)の浴場について、存続の是非を今年度内に判断する方針だ。5月に男湯から県基準の4倍のレジオネラ属菌が検出されて以降、男女浴場の営業を休止し、原因が特定されていないため再開へ向けてめどが立っていない。年明け…

全文を読む

下諏訪町長選の投票率 18歳50%、19歳26%

下諏訪町選挙管理委員会は、任期満了に伴って行われた町長選(11月20日投開票)の年代別投票率をまとめた。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて、諏訪地方では初めての地方選挙。18歳は50.28%、19歳は26.97%で、10代全体にすると3…

全文を読む

八ケ岳・霧ケ峰周辺縄文遺産群 日本遺産登録目指す

長野、山梨両県にまたがる八ケ岳周辺にある縄文遺産群の「日本遺産」登録に向けて、長野県教育委員会が諏訪地域を含む県内8市町村と申請準備を進めていることが6日、県教委などへの取材で分かった。「山の縄文」をキーワードに八ケ岳山麓で花開いた縄文文化…

全文を読む

信州あったかスポット 諏訪地方8施設登録

信州あったかシェアスポットの登録施設に配布されているステッカーとポスター=諏訪市美術館

県は、今月からスタートした「冬の信州省エネ大作戦・2016」(来年3月31日まで)の取り組みの一環として、暖かく快適に過ごせる場所を共有(シェア)する節電施策「信州あったかシェアスポット」に登録した施設や店舗の利用を呼び掛けている。諏訪地方…

全文を読む

夢と希望伝えたい 油井さん県「大使」

信州ゆめ・きぼう大使に委嘱された油井さん=県庁

県は、県民に夢と希望を与えた県ゆかりの人物に委嘱する「信州ゆめ・きぼう大使」を創設し、6日、国際宇宙ステーション(ISS)に昨年7月から12月まで滞在し多くの任務を成功させた県出身初の宇宙飛行士、油井亀美也さん(46)=南佐久郡川上村出身=…

全文を読む

鳥インフルに緊張感 諏訪地域防疫推進会議

高病原性鳥インフルエンザの発生に備え、県諏訪地方事務所は5日、関係機関・団体との諏訪地域防疫推進会議を諏訪市内で開いた。全国で感染確認が相次ぎ、安曇野市で野生のコハクチョウからもウイルス遺伝子が検出された事態を受け、浅井秋彦所長は「いつ、ど…

全文を読む

上諏訪駅前開発公共スペース 年度内にWS

諏訪市は5日、JR上諏訪駅前の民間開発で建設される商業棟に市が設置する公共的スペースについて、内容を検討する市民参加のワークショップを今年度内にも設置する考えを示した。市議会12月定例会代表質問で、森山博美氏(創生すわ)の質問に河西秀樹企画…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP