行政・政治

諏訪市の空き家見学会 来年度から民間と共催

諏訪市は18日、まちづくり団体や建築士などの民間と連携し、遊休不動産の活用を目指す県事業を活用して実施してきた空き家見学会をJR上諏訪駅周辺で開いた。3回目となる今回は県が派遣するアドバイザーを招いて行う最後の見学会。これまでの取り組みを振…

全文を読む

駒ケ根市 中心市街地で「空き店舗ツアー」

駒ケ根市は18日、中心市街地の空き店舗を紹介する「まちなか空き店舗ツアー」を開いた。市内外から開業などを検討する9人が参加。立地や設備などの条件を確認し、市が用意した物件を見て回った。 市商工振興課によると、昨年9月に駒ケ根青年会議所が行っ…

全文を読む

AI自動配車のタクシー導入へ 伊那市

伊那市は16日、地域公共交通の確保に向けて、人工知能(AI)による乗合タクシー自動配車システムを導入すると発表した。スマートフォンのアプリや電話で配車を予約するとAIシステムが最適ルートを割り出し、運転手に知らせる仕組み。複数の利用者に対応…

全文を読む

茅野市制60周年 タイムカプセル収蔵式

茅野市は16日、市制施行60周年を記念したタイムカプセルの収蔵式を、同市運動公園時計塔前で行った。写真や映像、新聞など茅野市の歩みを将来に伝える資料107種類のほか、市内の小中学生と年長児が10年後の自分にあてた4248通の手紙を段ボール箱…

全文を読む

小中一貫教育プラン 諏訪市城北小で説明会

諏訪市教育委員会は15日、小中一貫教育の導入を見据えた「未来創造ゆめスクールプラン」基本計画案の保護者向け説明会を同市城北小学校で開いた。市教委は2021年度から同校と高島小学校を統合し、上諏訪中学校との施設併設型小中一貫教育を始める計画を…

全文を読む

上伊那クリーンセンター 火入れ式安全祈願

上伊那広域連合が伊那市富県桜井に建設している新ごみ中間処理施設「上伊那クリーンセンター」の焼却炉に点火する「火入れ式」が15日、同センターで行われた。2016年秋の着工以来、工事は順調に進み、10月から試運転を開始。12月からは実際にごみを…

全文を読む

橋の点検技術者養成 市町村職員対象に講座

道路法が義務付ける橋の定期点検で、市町村道を管理する小規模自治体を中心に点検の担い手が不足している。県や信州大学工学部など県内の土木関係の6団体でつくる「信州橋梁メンテナンス支援協議会」は2019年度から、市町村職員らを対象にした点検技術者…

全文を読む

”新生”森林税、広がる活用 上伊那で新事業

県の第3期森林づくり県民税(森林税)を活用した新たな事業が上伊那地方で動き出している。従来からの里山整備に加え、今年度からの”新生”森林税では「森林の利活用」にも使い道を拡大。「信州やまほいく」認定園の活動場所や学校林の整備も可能になり、2…

全文を読む

箕輪町長に白鳥氏再選 前々回以来の無投票

任期満了に伴う箕輪町長選は13日告示され、現職で再選を目指す白鳥政徳氏(64)=無所属、福与=以外に立候補の届け出はなく、無投票で白鳥氏の当選が決まった。前々回(2010年)の選挙以来となる無投票。白鳥氏は「住民に良くなった、変わったと言っ…

全文を読む

管理施設の改築起工 下諏訪町総合運動場

下諏訪町は13日、町総合運動場管理施設の改築工事起工式を同町西鷹野町の現地で開いた。運動場入り口の管理棟を建て替えて施設を集約化し、トイレ棟を新築する。災害発生時には避難所として使える機能を備える。 管理棟は鉄筋造りで、床面積は1階が133…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP