行政・政治

岡谷市の土石流現場 県が砂防えん堤整備へ

8月15日に岡谷市川岸東で発生した土石流災害で、県は24日、国の災害関連緊急砂防事業に採択されたのを受けて砂防えん堤の整備事業に着手すると発表した。応急対策として進めてきた仮設えん堤(大型かご枠工)の上流側に整備し、実質的には中大久保、大久…

全文を読む

中川村議会 議員報酬引き上げ諮問へ要望

来夏に村議選を控える中川村議会(定数10人)は24日、議員報酬について「若年層が世代別に生計を維持できる水準」への引き上げを村特別職報酬等審議会に諮問するよう、宮下健彦村長に要望した。若い世代を中心とする議員のなり手不足問題に直面している村…

全文を読む

地元食材で特産品 辰野町と企画製造会社連携

辰野町は、食品企画・製造のFOOD ARCHITECT LAB(東京都)と連携して、地元食材を生かした特産品開発などのブランド創出事業に乗り出す。同社は都内で約40の飲食店を経営し、商品の企画PRも展開。来年にも本社を同町川島へ移転する計画…

全文を読む

国定公園指定の宮田高原 利活用の提案を

県と宮田村は、昨年3月に国定公園指定された宮田高原(標高1650メートル)の新たな活用方法や事業による集客に向けたアイデアの募集を始めた。対象は民間の事業者など。広く意見や提案を求め「環境を生かした観光的要素の濃い利用」(村担当者)の実現に…

全文を読む

富士見町名取町政2期目 初の議会大荒れ

富士見町議会は9月定例会最終日の21日、名取重治町長がこの日提出した副町長に植松佳光氏(64)=同町落合=を再任する人事案を賛成少数で不同意とした。町側が提出した17議案のうち15議案は原案通り可決したが、土地開発の事前協議に関する町環境保…

全文を読む

辰野町長選 武居氏が政策発表

任期満了に伴う辰野町長選(10月19日告示、24日投開票)に立候補表明している、現職で1期目の武居保男氏(63)=無所属、宮木=が21日、宮所中央の後援会事務所で会見を開き、八つの項目を軸とする政策を発表した。「自然災害から立ち直り、コロナ…

全文を読む

電動車でのんびり観光 駒ケ根市が実証実験へ

国土交通省が公募した今年度の「グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証実験支援事業」で、駒ケ根市が計画した中央アルプス山麓エリアの観光拠点を周遊する環境配慮型観光モビリティの実証実験が、全国7カ所の調査地域に選ばれた。市は無償貸与され…

全文を読む

太陽光施設発電量応じ規制強化 伊那市条例素案

伊那市は17日の市議会全員協議会で、制定を検討している太陽光発電施設の設置に関する条例の素案を明らかにした。条例の規制対象とする施設の発電出力を10キロワット以上として現行のガイドラインより引き下げ、より広く規制をかけるとともに、施設を設置…

全文を読む

新型コロナ 諏訪、茅野感染警戒レベル5

阿部守一知事は16日、諏訪、茅野、上田3市の新型コロナウイルス感染症の感染警戒レベルを「5」(特別警報2)に引き上げると会見で発表した。いずれも29日までの予定。上田市では酒類を提供する飲食店へ営業時間短縮などを要請する方向で検討中だが、諏…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP