地域

札に青春かるた女子 岡谷東高に同好会発足

上級生を相手に、素早く札を取る競技かるた同好会長の小松さん(左から2番目)

70年近く伝統行事としてかるた大会を行う岡谷東高校(岡谷市)に、「競技かるた同好会」が発足した。1年生の女子生徒5人が所属。17日には全校生徒約460人による競技大会があり、同好会メンバーの活躍が会場を沸かせた。同好会長の小松都瑚さん(16…

全文を読む

「茅野市 縄文かるた」 1カ月で450部完売

茅野市縄文プロジェクト実行市民会議「『縄文』を識る部会」が昨年12月に販売を始めた「茅野市 縄文かるた」が、1カ月で販売予定数450部を完売した。販売窓口の市尖石縄文考古館では「縄文文化がじわじわと市民の中に浸透していってほしい」と、利用の…

全文を読む

2月4日諏訪郡市教職員バスケ 諏訪で開会式

開会式で優勝旗、準優勝杯を返還する代表チームの主将

諏訪地方の小中学校と特別支援学校の教職員が参加する第64回諏訪郡市教職員バスケットボール大会(大会長・野澤幹雄諏訪教育会長)の開会式が17日、諏訪市の諏訪教育会館であった。各チームの主将ら約50人が出席。2月4日の大会本番に向けて健闘を誓い…

全文を読む

弱者の除雪支援考える 駒ケ根市小町屋

除雪体制の検討を通じ、弱者支援について考える参加者ら

駒ケ根市小町屋の地区社会福祉協議会と民生委員は16日夜、同区の北部地区を対象にした「地域福祉を支える会」を小町屋北部いきいき交流センター(北心館)で開いた。隣組の組長ら約40人が参加。地区内の除雪の支援体制を検討し、高齢者や生活弱者を支える…

全文を読む

最強寒波で諏訪湖結氷 御神渡りに期待

半分以上が結氷した諏訪湖=16日午前9時50分ごろ

強い寒気が県内に入り込んだ影響で、14~16日にかけて諏訪ではこの冬一番の冷え込みを記録した。諏訪湖は16日早朝に氷上が雪化粧するなど湖面凍結が進んだ。 諏訪の最低気温は14日に氷点下6・6度、15、16の両日は同7・8度を観測するなど今季…

全文を読む

高島小4年2部 “長寿の秘訣”フェスで発表

協力して「フェスティバル」の準備をする児童。プレゼントするヘチマのたわしも使い方を書いた紙とともに袋詰めにした

諏訪市高島小学校4年2部の児童23人が、市内のお年寄り約120人から聞き取った「元気の秘密」をまとめ、19日午前10時から市いきいき元気館で「すわっこいきいきフェスティバル」を開いて発表する。参加したお年寄りにアンケートを行い、さらにサンプ…

全文を読む

分杭峠の麓に古民家カフェ 伊那市長谷

古民家を改装したカフェ「月詠」=伊那市長谷市野瀬

「気場」で知られる伊那市長谷郊外の分杭峠の麓に位置する市野瀬集落に、築約120年の古民家を改装したカフェ「月詠」が開店した。上伊那地方で普及が広がるガレットを、上伊那産そば粉を100%使って提供する。オーナーの椿さつきさん=市野瀬=は「分杭…

全文を読む

縁起物おすそ分け 茅野下槻木「炭売り」

袋に入れられた炭を地域の家庭に購入してもらう茅野市泉野下槻木の子どもたち

茅野市泉野槻木区の下槻木で15日、小正月の伝統行事「炭売り」が行われた。地元の小学生たちが、前夜のどんど焼きでできた炭や、燃え残った木をまきにして、縁起物として地域の人たちに売り歩いた。 下槻木ではどんど焼きが2カ所で行われた。それぞれの会…

全文を読む

今年の世相「七分二厘」 箕輪で御筒粥神事

箕輪南宮神社 御筒粥占

箕輪町木下の箕輪南宮神社で14日夜、この1年の世相や農作物の作況を占う「御筒粥神事」が行われた。同神社例祭(初祭り)の宵祭りに行う伝統行事。釜でヨシの筒粥を炊き、米の入り具合で占った。ご宣託によると、世相は「七分二厘」で、昨年を三厘上回った…

全文を読む

五穀豊穣願い田遊神事 諏訪大社上社

豊作を願い斎庭で舞を披露するみこ

諏訪大社上社の田遊神事、新年祈請祭は15日、諏訪市神宮寺の本宮で大総代や氏子総代、区役員らが参列して行われた。雪が舞うなか、多くの氏子たちが見守り、今年一年の五穀豊穣、地域の安全や無病息災を祈願した。 田遊神事は、斎庭に設けられた仮拝所前に…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP