地域

竪穴住居跡見つかる 尖石遺跡の西側範囲調査

茅野市が特別史跡「尖石石器時代遺跡」(豊平)の西側に隣接する民有地で進めている遺跡範囲調査で22日、竪穴住居跡2カ所が見つかった、と発表した。出土した土器の文様などから、史跡内の竪穴住居跡と同じ縄文中期中頃の住居跡とみられる。遺跡の縄文集落…

全文を読む

出場ランナーに今年も高評価 駒ケ根ハーフ

駒ケ根市で9月24日に開いた第5回「信州駒ケ根ハーフマラソン」が今年も全国のランナーから高い評価を得ている。ランニング情報サイト「RunNet(ランネット)」を通じた出場ランナーによる投票では昨年開催のハーフマラソン大会中、全国1位を獲得し…

全文を読む

井月俳句カレンダー復活 2年ぶりに作成

駒ケ根市中央の割烹食堂「水車」は、来年度版の「井月俳句カレンダー」を作成した。幕末から明治初期に伊那谷を漂泊した俳人、井上井月(1822~87年)の俳句と水彩画を組み合わせた人気シリーズの8作目。昨年版で一度終了させたが、惜しむ声が多く寄せ…

全文を読む

合併問題テーマに 3団体と岡谷市長が懇談会

岡谷市の連合壮年会、連合婦人会、高齢者クラブ連合会の3団体と今井竜五市長との市政懇談会が21日夜、市役所で開かれた。約60人が出席し、市町村合併を中心に意見を交わした。今井市長は「市町村合併は住民の機運の高まりが不可欠。まだその段階にない」…

全文を読む

絵本風パンフレット 伊那路と木曽路PR

上下伊那と木曽地域の行政や観光関係者でつくる伊那路・木曽路広域観光連携会議は、両地域の美しい風景を紹介したフォトパンフレット「おやすみとれたよ~信州伊那路・木曽路への旅」を作成し、配布を始めた。「見てほしい景色」を視覚的にアピールしようと、…

全文を読む

現地食材で日本料理 スペインで腕前披露

茅野市仲町の和食「から木」店主で料理人の唐木正文さん(43)が、スペイン・マドリードの二つ星レストラン「タスキータ」が開いた、現地料理との「コラボレーションディナー」で日本料理を提供した。メニュー6品のうち3品を諏訪市の酒蔵・宮坂醸造の「真…

全文を読む

保健の普及向上を評価 川島小が文科大臣表彰

辰野町川島小学校(竹若康雄校長)が、2017年度の文部科学大臣表彰「学校保健の部」を受賞した。児童会の企画行事「健康ウオークラリー」や、目標を立てて規則正しい生活を送る「パワーアップ週間」など独自の活動を通じて、保健の普及向上を図った努力が…

全文を読む

桜いっぱいの下諏訪に 植樹続けて32年

下諏訪町内の有志らでつくる「下諏訪桜いっぱいにする会」が解散し、20日、会の残金約110万円を町に寄付した。「町木の桜で町じゅうをいっぱいにしたい」と植樹活動をしてきたが、諏訪湖畔をはじめ多くの場所が桜で彩られるようになり、32年の活動に終…

全文を読む

清水多嘉示「のびゆく」原中生徒が磨き上げ

原村出身の彫刻家、清水多嘉示(1897~1981年)の生誕120周年を記念し、20日、同村原中学校で昇降口前に設置された多嘉示のブロンズ像「のびゆく」のクリーニング作業があった。3年生約60人が参加。見慣れたブロンズ像を磨き上げ、地元出身作…

全文を読む

ゲレンデうっすら雪化粧 今季一番の冷え込み

20日の諏訪地方は、強い寒気と放射冷却の影響で今季一番の冷え込みとなった。長野地方気象台によると、最低気温は諏訪で氷点下2・5度、原村で同5・8度となり、12月中旬並みの今季最低を記録した。山間部には雪が積もり、オープンを間近に控えたスキー…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP