マリンバ奏者三村さん 8月5日コンサート

LINEで送る
Pocket

茅野市出身で、日本を代表するマリンバ奏者の三村奈々恵さん=東京在住=が、8月5日に岡谷市カノラホールでカノラ・ウイークエンドコンサート「三村奈々恵マリンバ・リサイタル」を開く。同ホールでのコンサートは15年ぶり。長野市でのコンサートに合わせて帰郷した三村さんが6日、同ホールで会見して地元でのコンサートをPRした。

三村さんは3歳からマリンバを始め、1997年に国立音楽大学打楽器専攻を首席卒業。ボストン音楽院で修士号を取得し、バークリー音楽院で講師を務めた経験もある。史上3人目の「アロージ賞」(スイス)など数々の国際コンクールで優勝。国際的若手アーティストの登竜門とされるニューヨークの「コンサート・アーティスト・ギルド・コンペティション」で、マリンバ・ソロとして初めて最高賞を受賞したことをきっかけに、1999年にニューヨークのカーネギーホールでデビューリサイタルを開いた。

演奏活動は米国を中心にヨーロッパ、アジア、中南米など世界20カ国に及び、国際コンクールの審査員も務める。国内では東京フィルなど各オーケストラと共演。クラシックからポップス、民族音楽までジャンルを超えて幅広い演奏活動を展開し、昨年12月には4枚目となる最新CDアルバム「マリンバ・クリスタル~祈り~」を発売した。2年前から八ケ岳マリンバ・キャンプを主宰し、後進の指導にも本格的に取り組んでいる。

今回は前半で三村さんが「一番好きな作曲家」というバッハなどの「アカデミックな曲」を、後半では「マリンバの知名度、魅力を大勢の人たちに知ってほしい」という願いも込めて、映画音楽などなじみやすい曲を演奏する。若手打楽器奏者の関聡さんがパーカッションで共演する。

チケットは全席自由で2000円(小中高生は500円)。同ホールのほか岡谷市の笠原書店、オグチ楽器、諏訪市の平安堂諏訪店、ローソンチケットなどプレイガイドで発売中。問い合わせは同ホール(電話0266・24・1300)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP