天候に恵まれにぎわい 諏訪地方のスキー場

LINEで送る
Pocket

晴天に恵まれにぎわうスキー場=茅野市の白樺湖ロイヤルヒル

年末年始の休みに入った29日、諏訪地方のスキー場は入り込みが本格化した。今季は人工降雪機による雪造りに必要な冷え込みが続き、ゲレンデも順次オープン。天候にも恵まれ、にぎわいをみせている。

茅野市郊外の白樺湖ロイヤルヒルでは、県内外から大勢の家族連れやカップルなどが訪れた。積雪量は65センチで、昨年よりやや多く、雪質も良好。上部の天然雪エリアを除いた全コースが滑走可能で、スキーヤーやスノーボーダーが思い思いにシュプールを描いていた。晴天率80%というのも人気で、ゲレンデに面した直営ホテルは元日を除いて満室だという。

千葉県船橋市から家族4人で訪れた中川浩さん(45)は、スキースクールに入った2人の子どもレッスンの様子を眺め「来年は親子で滑りたいですね」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP