田畑さん「欧州スケッチ展」 みはらしの湯

LINEで送る
Pocket

旅情を感じさせるヨーロッパの街並み作品と田畑さん

箕輪町松島の田畑惠一さん(76)のアクリル画展「ヨーロッパスケッチ展」が、伊那市西箕輪の日帰り温泉施設みはらしの湯ロビーで開かれている。ベルギーやオランダ、バルト3国など計6カ国の各都市の街並みを旅情たっぷりに描いている。30日まで。

高校時代から絵画を始め、社会人となって休止していたが、10年ほど前に高校時代の美術教諭、安川博さん=仏ノルマンディ在住=に師事して再開。水彩やアクリル画を使った写実画を専門としてきた。同施設での個展は2017年に同施設で開いて以来、2回目。

作品は17年6月に渡欧し、リトアニア、ラトビア、エストニアのバルト3国やルクセンブルクなど6カ国を巡って制作。 都市部や水辺の街並みを「 より色彩美が強調できる」とアクリル画材を用い、緻密な構成で仕上げている。

作品は全8点。サイズはいずれも縦約50センチ、横約75センチ。

田畑さんは「ヨーロッパの街並みは、必ず寺院があって信仰心の厚さが感じられ、色彩豊かで心引かれる」と話し「温泉と共に、ヨーロッパの街並みも楽しんで」と話している。

開場は午前10時~午後9時30分。第1・3・5火曜日休館。作品展のみ入場は無料。問い合わせはみはらしの湯(電話0265・76・8760)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP