映画ロケ地の横河川PR 岡谷駅

LINEで送る
Pocket

映画のロケ地となった横河川の桜並木をはじめ、岡谷の観光をPRするコーナー

岡谷市観光協会とJR岡谷駅は、同駅構内で、桜の名所として知られる同市の横河川堤防で撮影された映画のロケ風景写真などを展示している。満開の桜並木の下で撮影した様子をはじめ、紅葉の出早公園、塩嶺御野立公園などの写真も並べ、岡谷の観光をPRしている。10月27日まで。

2018年4月20日に横河川堤防で桜並木のシーンを撮影した映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」の全国公開を記念して企画した。同映画の撮影風景のほか、同市内でロケが行われ過去に上映された映画3作品、市内の紅葉の写真など計21枚を展示。映画に関する写真は諏訪圏フィルムコミッション、同映画製作委員会から提供を受けた。

展示コーナーでは桜の花びらの形の紙を用意。駅利用者に願いや桜の思い出、映画の感想などを書いて提出してもらい、壁面に貼り付けて“満開の桜”を演出するキャンペーンを行っている。

「駅の役割の一つは旅の目的地をつくること。観光スポットを紹介して地域活性化につながれば」と岡谷駅の長屋健駅長。市観光協会の武居和子事務局長は「映画で横河川の桜のトンネルを見た人が来春、実物を見に訪れてくれたらうれしい」と期待していた。

映画「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」は10月4日から岡谷スカラ座などで公開。岡谷スカラ座でも同様の企画を行っている。

おすすめ情報

PAGE TOP