こまくさの湯20周年 10日に記念感謝祭

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市駒ケ根高原にある市の日帰り温泉施設「こまくさの湯」が、10日でオープン20周年を迎える。地元住民をはじめ、中央アルプス登山の帰途などに利用する観光客の利用も多く、今年3月には開業以来の入場者が400万人を突破。市民や観光客の憩いの場として親しまれている。こまくさの湯では10日、20年記念感謝祭を開き、餅つきや入浴料のサービス、限定メニューの提供などを行う。

同施設は都市と農村との交流の活性化や地域農業の活性化などを目的とした市農業公園構想の中核を担う交流促進センターの位置付けで、1996年7月10日に開業。同年7月1日にオープンした産地形成促進施設「駒ケ根ファームス」や周辺の観光施設などと連携した観光ゾーンを形成し、駒ケ根高原への誘客にも貢献してきた。

感謝祭は今年度から施設の指定管理者を務めるトヨタエンタプライズ(本社・名古屋市)の主催。記念企画として通常300円の小学生入浴料を無料とし、スタンプカードのポイントを2倍進呈する。

施設前では炭火焼きの五平餅を販売。ロビーでは午前11時と午後3時ごろの2回、餅つきを行い、来場者につきたての餅を振る舞う。食堂では手作りフルーツゼリーを数量限定で無料サービス。特別メニューの「ソースかつ串」(限定50本)を1本100円で販売する。このほか生ビールやソースかつ丼などを割引料金で提供する。

営業時間は午前10時~午後9時(入館締め切りは午後8時)。問い合わせは同施設(電話0265・81・8100)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP