飯島陣屋を火災から守れ 飯島町教委が訓練

LINEで送る
Pocket

建物への放水も行った飯島陣屋の防災訓練

飯島町教育委員会は23日、伊那県庁跡地の史跡として県文化財に指定されている町歴史民俗資料館「飯島陣屋」で防災訓練を行った。26日の文化財防火デーに合わせて毎年実施する訓練。関係者が分担し、来館者の避難誘導や119番通報などの手順を確認して万一に備えた。

訓練は町教委職員や同施設の運営に協力する「飯島陣屋友の会」の会員ら約10人が参加。代官屋敷を再現した建物内でいろりの火が燃え広がったと想定し、出火に気付いた職員が「火事だー」と大声で周囲に知らせた。

来館者を迅速に建物から離れた場所に避難させ、直ちに通報。上伊那広域消防本部伊南南消防署(同町)のポンプ車が到着し、署員が放水した。初期消火は悪天候のため訓練ができなかったが、改めて消火器や消火栓の使い方を点検した。

同署の伊藤秀樹消防司令補は「まず火事を起こさない努力をすることが重要で、火の元の安全を心掛けてほしい」と話した。丸山浩隆館長は「昔ながらの体験をしてもらうため火を取り扱うことも多いので、防火を徹底していく」と気を引き締めた。

おすすめ情報

PAGE TOP