純白のヤマシャクヤク見頃 八ケ岳山野草園

LINEで送る
Pocket

純白のヤマシャクヤクが見頃を迎えている八ケ岳山野草園

茅野市北山柏原にある「つどいの里 八ケ岳山野草園」(平澤俊一代表)で、同園を代表する植物の一つヤマシャクヤクが見頃を迎えている。茶花にも用いられる純白の清楚な花。木立に群生をつくり、訪れる人の目を楽しませている。

ヤマシャクヤクはボタン科の多年草。緑色の葉に包まれるように5~7弁の花を1本の茎に1輪付ける。丸みを帯びたつぼみも愛らしいと、ファンも多い。14年前の開園当初、自生も含め1万本を植栽。種で増え続け、散策路を登った上部に群生している。

原村から訪れた山梨秀子さん(72)、愛さん親子は「先月、カタクリを見に来て、苗を買って帰ったヤマシャクヤクはもう花が終わり、本物の群生を見に来た。すてきですね」と喜んでいた。

園内では、鮮やかなピンクのサクラソウが真っ盛り。シラネアオイ、ヒトリシズカ、ニリンソウなども見られる。同園では「まもなくクマガイソウが咲く。澄んだ空気の中でリフレッシュしてもらえたら」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP