「私のたからもの」募集 9、10月に写真展

LINEで送る
Pocket

「私のたからもの写真」の応募を呼び掛けるNPO法人のメンバー

富士見町のNPO法人「たくさんの手」(名取あゆみ代表)は、9、10月に「私のたからもの写真展」を町内で開く。家族やペット、友人、自然景観など、コロナ下の生活の中で改めて感じた「身近にある大切なもの」の写真を展示し、ささやかな幸せを共有する場とする。8月20日まで町内や近隣市町村の住民から展示写真を募る。

写真展は9月12~24日に町コミュニティ・プラザロビーで開催。続いて、同法人が運営する同町乙事の「子育てひろばAiAi」で同27日から2週間程度開く。

「私のたからもの」がテーマで題材は自由。祖父や祖母の笑顔を納めた子どもたちの作品も寄せられている。名取代表は「長引く新型コロナの影響で、行事やお祭り、家族での遠出の機会などは減っていますが、身近にある大事な物、宝物への気付きは増えたと思います。身近な幸せの輪が広がる写真展にしたい」と応募を呼び掛けている。

写真データを添付してメール(takusannote@gmail.com)で応募する。紙面掲載のQRコードからもアクセスできる。写真は主催者側で印刷し、2L判で展示する予定だ。問い合わせはAiAi(電話0266・62・5505)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP