スポーツ

3年目のV1シーズンを報告 VC長野

バレーボールクラブのVC長野トライデンツ(南箕輪村)は13日、Vリーグ男子1部(V1)2020~21年シーズンの報告会を開いた。新型コロナウイルス感染予防のため、会員向けにオンライン配信。笹川星哉ゼネラルマネジャー(GM)は「2年連続最下位…

全文を読む

県総体15年ぶりV 岡谷工バレー男子全国へ

名門復活―。県高校総体のバレーボール男子で岡谷工が15年ぶり29度目の優勝を飾り、全国制覇した2006年以来となるインターハイ出場を決めた。松本国際と対戦した7日の決勝は、粘り強い守備と多彩なコンビ攻撃が光りストレート勝ち。インターハイの男…

全文を読む

北信越高校野球県大会 高遠4位

第144回春季北信越高校野球県大会は19日、しんきん諏訪湖スタジアムで高遠-長野日大の3位決定戦を行い、高遠は3-5で敗れて4位となった。松商学園-岡谷南の決勝は雨によるグラウンドコンディション不良のため順延された。 高遠は七回まで1-1で…

全文を読む

宮田出身・水上投手を支配下登録 西武

プロ野球西武は13日、新人で育成選手の水上由伸投手(22)=宮田村出身=を支配下登録すると発表した。背番号は128から69に変わる。年俸は470万円。球団は同日、会見の様子を動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)の公式チャンネルで公開…

全文を読む

東京五輪フェンシング 西藤選手代表入り

日本フェンシング協会は25日の理事会で、男女16人の東京五輪代表を承認し、男子フルーレで箕輪町出身の西藤俊哉選手(23)=セプテーニ・ホールディングス=を選出した。県勢のフェンシング五輪代表入りは初。 西藤選手は2017年世界選手権で銀メダ…

全文を読む

県市町村対抗駅伝 駒ケ根市23年ぶり優勝

23年ぶりの王座奪回-。24日に行われた第30回県市町村対抗駅伝競走大会(松本平広域公園陸上競技場発着、9区間43.785キロ)で、駒ケ根市が1998年の第8回大会以来となる3度目の優勝を飾った。2区でトップに立って以降は安定したたすきリレ…

全文を読む

BC信濃10日開幕戦 八幡投手新加入

野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの信濃グランセローズは10日、2021年シーズンの開幕を迎える。今季は箕輪町出身の八幡宥喜投手を含む15人が新加入。3年目の指揮を執る柳沢裕一監督の下、4年ぶりのリーグ優勝と悲願の独立リーグ日本一を目指…

全文を読む

高校総体テニス カウントダウンボード設置

県教育委員会は23日、松本市内で8月に開かれる夏の全国高校総体(インターハイ)テニス競技をPRしようと、カウントダウンボードをイオンモール松本(同市)に設置した。下諏訪向陽高校(下諏訪町)3年生の白鳥奏羽さん(18)=茅野市=がポスターをデ…

全文を読む

2年ぶり伊那路駆ける 春の高校駅伝

早春の伊那路をたすきでつなぐ男子第44回、女子第37回春の高校伊那駅伝(県高校新人駅伝)が21日、伊那市陸上競技場を発着点に行われた。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止したため、2年ぶりの開催。新型コロナ対策が徹底され、県内外から…

全文を読む

山雅ホーム開幕戦ドロー 先制も白星ならず

サッカーの明治安田J2リーグ第3節は14日、各地で7試合を行った。松本山雅FCは松本市のサンプロアルウィンでモンテディオ山形と対戦し、1-1で引き分け。今季のホーム開幕戦を白星で飾れなかった。 松本山雅は前半30分すぎから主導権を握り、41…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP