スポーツ

全国小学生バドミントン 木下・小松組準優勝

バドミントンの第30回全国小学生選手権大会(全小)で、駒ケ根市を拠点に活動するチームイシバジャパン長野(TIJ長野)の木下華乃・小松奏乃組(ともに赤穂小4年)が女子ダブルス4年生以下で準優勝した。全国の強豪ひしめくトーナメントを勝ち上がり、…

全文を読む

原点に戻って再出発 松本山雅FC新体制発表会

原点に戻って再出発―。昨年サッカーJ2リーグ最下位で降格し、今季は1年での復帰を目指してJ3で戦う松本山雅FCが10日、松本市のまつもと市民芸術館で2022年シーズンの新体制発表会を開いた。会場を埋めた約1600人のサポーターを前に、選手2…

全文を読む

新天地での活躍誓う 山雅新加入選手記者会見

サッカーJ3松本山雅FCは9日、新加入選手とコーチの記者会見を松本市内で開いた。この日までに加入が発表された選手6人のうち、外国籍の2人を除く4人が出席。新任コーチは3人が顔をそろえた。会見に臨んだ選手全員がチームの印象についてファン、サポ…

全文を読む

西武の水上投手 宮田でシーズン報告

プロ野球埼玉西武ライオンズの水上由伸投手(23)=宮田村南割出身=が4日、宮田村役場を訪れ、2021シーズンについて報告、22シーズンへの決意を述べた。水上投手は「野球を楽しめたのが無失点記録につながった」と振り返り、「来シーズンは投球の幅…

全文を読む

夢はマラソン五輪代表 上農高の山川選手

陸上長距離の山川拓馬選手(上伊那農高3年)が4月から、大学駅伝の強豪・駒澤大に進学して競技を続ける。高校時代は全国レベルの大会で目立った実績を残せなかったが、将来性を高く評価された。マラソンでオリンピック出場―という大きな夢を抱き、新たなス…

全文を読む

伊那市陸上競技場の改修完了 来月中旬本格利用へ

伊那市は28日、市陸上競技場(西町)の日本陸上競技連盟第2種公認更新改修工事の竣工式を同競技場で開いた。改修工事は当初、昨年度に行う計画だったが、財源として見込んでいたスポーツ振興くじ助成金が不採択となったため、今年度に1年先送りされた。2…

全文を読む

全国高校バスケ 男子東海大諏訪初戦を突破

第74回全国高校バスケットボール選手権(ウインターカップ)第2日は24日、東京体育館など都内2会場で男子の1回戦と女子の2回戦を行った。男子県代表の東海大諏訪は87―84で美来工科(沖縄)に逆転勝ちし、4年連続で初戦を突破した。男子の2回戦…

全文を読む

都道府県対抗中学バレー 南箕輪の4人県選抜

バレーボールの第35回全国都道府県対抗中学大会は26~28日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪などで行われる。上伊那地方からはいずれも南箕輪の山下翔蓮と中本悠翔、武井陽菜と渕井胡杜の男女各2人が県選抜入り。それぞれ上位進出を目指すチームで…

全文を読む

日本一誓う 春高控え岡工バレー部知事表敬

バレーボールの第74回全日本高校選手権大会に出場する岡谷工業(岡谷市)の選手らが20日、県庁に阿部守一知事を表敬訪問した。大会に向けて3年生の石坂朋也主将(18)は「見てくれる人が熱くなれるようなプレーをし、チーム一丸となって全力で日本一に…

全文を読む

19日全中駅伝 男子赤穂、26年ぶり出場

第29回全国中学駅伝は19日、都道府県代表など男女各48チームが参加して滋賀県希望が丘文化公園で行われ、6区間18キロの男子は赤穂が県代表で出場する。11月の県大会を制して26年ぶり3度目の全国切符をつかみ取ったチームは8位入賞を目標に掲げ…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP