スポーツ

選手700人鉄人レース トライアスロン大会

諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔と八ケ岳山麓を駆け抜ける100キロコースで行われた。記…

全文を読む

子どもたち自転車で疾走 富士見の立沢大橋

スワコエイトピークストライアスロン大会の自転車コースとなった富士見町立沢の八ケ岳エコーライン・立沢大橋(全長約606メートル)では、全選手が走り抜けた後の交通規制時間内に「ミニサイクルフェス」が開かれた。町内の小学生や保護者、スタッフら約7…

全文を読む

25日トライアスロン大会 前日受け付け続々

全国から約750人の選手が集う「スワコエイトピークスミドルトライアスロン大会」(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合で構成する実行委員会主催)の前日受け付けが24日、諏訪市の諏訪湖イベントホール(旧東バル…

全文を読む

南小ドラゴンズ大勝 日報旗上伊那少年野球

第16回長野日報旗争奪上伊那地区少年野球大会最終日の19日、伊那市の高遠スポーツ公園総合運動場で行い、南小ドラゴンズが飯島ファイターズを破って初優勝した。南小は過去3位が最高だったが、この日は準決勝で伊那北スポーツ少年団に競り勝ち、決勝に進…

全文を読む

諏訪湖マラソン 10月23日に3年ぶり開催

秋の諏訪湖畔を駆け抜ける諏訪湖マラソン(県、諏訪地方6市町村、長野日報社でつくる諏訪圏健康推進協議会主催)が10月23日、3年ぶりに開かれる。新型コロナウイルスの影響を考慮して2年連続で中止してきたが、大会実行委員会は「コロナとの共存生活が…

全文を読む

小中生からボート競技を 県協会が新クラブ

県ボート協会は、小中学生対象の「すわこRowing(ローイング)クラブ」の活動を今年度からスタートする。クラブメンバーの1期生を10人程度募集している。小さい頃からボートに親しめる環境を整備し、2028年に諏訪湖で開催予定の国民スポーツ大会…

全文を読む

駒ケ根ハーフマラソン市民枠30日受け付け開始

駒ケ根市で9月25日に開く第9回信州駒ケ根ハーフマラソンの実行委員会は30日から市民優先枠、6月6日から一般参加者の申し込みを受け付ける。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3年ぶりの開催となる大会。出場者やスタッフの接触場面の削減やス…

全文を読む

チアチーム「BLOSSOM」 全国1位輝く

伊那市総合型地域スポーツクラブの地域密着団体として同市を拠点に活動しているチアリーディングスクール「M’s☆STARS(エムスターズ)」の中高生チーム「BLOSSOM(ブロッサム)」が、チアリーディングの全国大会「USA The PEAK2…

全文を読む

スピードスケート 小平選手10月で引退

スピードスケート女子で五輪4大会に出場し、2018年平昌五輪500メートル金メダリストの小平奈緒選手(35)=茅野市出身、相沢病院=が12日、長野市内のホテルで会見し、10月に長野市エムウェーブで開催予定の全日本距離別選手権を最後に引退する…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP