スポーツ

ソフトボールの発展誓う 県協会70周年

県ソフトボール協会は25日、創立70周年記念式典を伊那市高遠町の高遠さくらホテルで開いた。1949年の協会設立以来、ソフトボールの発展に果たした役割を振り返り、新たな一歩を踏み出す機会にした。白鳥孝会長は「協会は今後も、競技スポーツとしての…

全文を読む

全国高校スケート男子500 倉坪2連覇

スピードスケートの第69回全国高校選手権(インターハイ)が23日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで4日間の日程で開幕し、初日は男女3種目を行った。男子500メートルは倉坪克拓(岡谷南)が35秒67で圧勝し、2連覇を果たした。県勢の同種…

全文を読む

タッチラグビー体験会 たつの未来館アラパ

辰野町荒神山公園のたつの未来館アラパが企画した、タッチラグビー体験会は21日夜、同町民体育館で開いた。町内を中心に中南信地域の園児から大人まで、幅広い世代の約40人が参加。経験者のスタッフらの指導で、タックルの代わりに相手に触れる安全なタッ…

全文を読む

「強い全諏訪」期待 県縦断駅伝優勝祝賀会

昨年11月の第68回県縦断駅伝競走で6年ぶり12度目の栄冠に輝いた全諏訪チームの優勝祝賀会(諏訪陸上競技協会主催)が18日、茅野市のマリオローヤル会館で開かれた。選手やスタッフのほか関係首長、県議、OBら84人が出席。前回大会まで5年連続2…

全文を読む

62チーム出場 諏訪郡市教職員バスケ

諏訪地域の小中学校、養護学校に勤務する教職員が参加する第67回諏訪郡市教職員バスケットボール大会(諏訪教育会主催、長野日報社後援)の開会式は16日、諏訪市の諏訪教育会館で開いた。出場する47校62チームの主将が出席し、健闘を誓った。大会は2…

全文を読む

J1昇格へ再出発 松本山雅FC新体制

捲土重来を期して再出発-。昨年サッカーJ1リーグ17位で降格し、今季は1年での復帰を目指してJ2で戦う松本山雅FCが13日、松本市のまつもと市民芸術館で2020年シーズンの新体制発表会を開いた。会場を埋めた約1800人のサポーターを前に、新…

全文を読む

スケート滑って健康づくり 大人対象に教室

岡谷市内山のやまびこ国際スケートセンターで11日、大人を対象にした初のスケート教室が行われた。市内外から20~80歳代の男女23人が参加。久しぶりにスケート靴を履いたという参加者が多く、同センター職員の指導を受けながら氷の感触を楽しんだ。 …

全文を読む

白寿の現役ボウラー 米寿の相棒と腕磨く

「生涯の友とのボウリングは本当に楽しいねぇ」―。5年ほど前に新たな趣味としてボウリングを始めた小平晃三さん=諏訪市湯の脇=は現在99歳。自分仕様に改良したマイボールを投げ、アベレージは120前後、調子がいいと180台を出すこともあるという。…

全文を読む

雪上のユニバーサル デュアルスキー体験会

信州綜合開発観光は9日、信州大学との共同で、パイロットがサポートする障がい者用チェアスキー「デュアルスキー」の体験会を、同社運営の車山高原スカイパークリゾートスキー場で開いた。スキー場スタッフら20人が参加し、障がい者の気持ちになってスキー…

全文を読む

アルカス高遠FC30周年 ボールあそび部新設

少年サッカーのアルカス高遠FCが今年、発足30周年を迎える。Jリーガーや強豪校で活躍する選手を輩出してきたクラブは、一貫して教えてきた「サッカーを楽しむ」「好きになる」を大切に、未就学児向けの「ボールあそび部」を新設。参加する子どもたちの募…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP