スポーツ

高校野球長野県大会 岡谷南スタンド熱い応援

長野オリンピックスタジアムで5日に行われた2020年度夏季高校野球長野県大会準々決勝の岡谷南―飯山。新型コロナウイルス対策でスタンドでの保護者の観戦が1チーム50人に制限され、吹奏楽の演奏やメガホンの使用が禁止される中、保護者や控え部員は拍…

全文を読む

全力尽くす 南信地区高校陸上競技大会

県高校総体代替大会の南信地区高校陸上競技大会(県高体連など主催)が24日、伊那市陸上競技場を会場に2日間の日程で始まった。多くの3年生にとって、今シーズン最初の大会が高校最後のレースとなり、短距離種目にエントリーした女子生徒は、ウオーミング…

全文を読む

特別な夏、球児熱戦 県高野連の独自大会開幕

新型コロナウイルスの感染拡大で第102回全国高校野球選手権長野大会が中止となったことを受け、県高野連が独自に開催する「2020年度夏季高校野球長野県大会」が18日、78チームが参加して開幕した。開会式は行わず、原則無観客とするなど感染防止策…

全文を読む

高校野球県大会 諏訪清陵、拍手で応援

県高野連の独自大会「夏季高校野球長野県大会」が18日開幕し、諏訪市のしんきん諏訪湖スタジアムでも南信地区の熱戦が始まった。新型コロナウイルス対策で開会式も華やかな入場行進もない開幕だったが、保護者らは「こうやって試合ができる。野球をやる子ど…

全文を読む

高校野球県大会 高遠高、保護者席からエール

県高野連の独自大会「夏季高校野球長野県大会」が18日、県内4地区で始まった。南信地区は、しんきん諏訪湖スタジアムの富士見―高遠戦で開幕。新型コロナウイルス対策で開会式も華やかな入場行進もなかったが、高遠高校野球部保護者会の松崎泰久会長(53…

全文を読む

リモート駒ケ根マラソン 参加受け付け開始

9月26日から10月11日にかけてオンライン上で開催される「リモート信州駒ケ根チャリティーマラソン」(駒ケ根市、市教育委員会など主催)の参加受け付けが11日から始まる。同大会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月27日に予定していた「信…

全文を読む

大けが乗り越え臨む 野球部3年の原さん

新型コロナウイルスの影響で全国高校野球選手権大会と地方大会は中止となり、県独自の代替大会が18日に開幕する。甲子園へと続く道は絶たれたが、球児たちの最後の大会に懸ける思いは強い。諏訪清陵高校(諏訪市)野球部3年の原翔之助さん(17)は大けが…

全文を読む

J2ホーム開幕戦 山雅ドロー

サッカーの明治安田J2リーグは4日、各地で第3節8試合を行った。ホーム開幕戦となる松本山雅FCは、松本市のサンプロアルウィンで甲府と対戦。開始直後の失点で劣勢に立たされたが、後半41分に相手のオウンゴールで追いつき、1-1で引き分けた。試合…

全文を読む

霧ケ峰を駆け巡る オリエンテーリング大会

県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約400人がエントリー。新型コロナウイルスの感染拡…

全文を読む

諏訪でトライアスロンを 賛同6000人到達

諏訪湖と八ケ岳山麓を結ぶトライアスロン大会「スワコ8(エイト)ピークスミドルトライアスロン2021」の実現を呼び掛ける署名の賛同者が6000人に到達した。署名活動は1万人を目標にしており、関係者は10日の目標達成に向けて、さらなる協力を呼び…

全文を読む

おすすめ情報

PAGE TOP