下諏訪町長選15日告示 現新一騎打ち濃厚

LINEで送る
Pocket

任期満了に伴う下諏訪町長選が15日告示される。立候補を予定しているのは、4選を目指す現職の青木悟氏(62)=魁町=と、新人で前町議の中村直亮氏(45)=矢木西=の無所属2氏。他に動きはなく、2012年の前回選と同じ現新一騎打ちが濃厚になっている。投開票は20日。

青木氏は3期12年の実績の上に、安全に健康で暮らせる町や安心して子どもを産み育てる環境づくりなど四つの重点目標を掲げ、具体的には子育てふれあいセンターの増設や自主防災組織の再編強化、新婚夫婦向けの集合住宅建設、旧労災リハビリ施設の取得活用などに取り組むとしている。後援会は区単位に設けた10の支部を軸に組織固めを進め、選挙戦に臨む。

中村氏は銀行員の経験から町政を見直し、介護職員の経験を生かして福祉を守り、大学院で学んだことから活性化への取り組みをするとし、町中心部にある遊休地などの有効利用や町出身者と連携を深めるまちづくり、父親参加型の保育と教育、3期12年を上限とした多選禁止条例の制定などを行うとする。後援会はミニ集会などを通じた住民との対話を進めてきた。

同日程で行われる町議補選(欠員定数1)には、無所属新人で会社役員の岩村清司氏(67)=東山田=が立候補を表明している。出馬を検討中の元職は立候補を見送る可能性が高まっている。

9月2日現在の有権者数は1万7689人(男8480人、女9209人)。

おすすめ情報

PAGE TOP