県縦断駅伝 上伊那大会新で3連覇

LINEで送る
Pocket

3連覇を決めるゴールに飛び込む上伊那のアンカー宮下竣(専大)=県飯田合同庁舎前

3連覇を決めるゴールに飛び込む上伊那のアンカー宮下竣(専大)=県飯田合同庁舎前

第65回記念県縦断駅伝競走大会の最終日は20日、郡市の代表15チームが松本市―飯田市の10区間98・5キロで競い、初日トップの上伊那が通算11時間38分9秒の大会新記録をマークし、3年連続36度目の優勝を飾った。

初日で2位に3分40秒の大差をつけた上伊那は16~18区の3連続区間優勝などでリードを広げ、終盤も安定した走りでたすきリレー。2日間とも首位を奪って圧勝した。

3年ぶりの優勝を狙った全諏訪が12分35秒差の2位となり、上田東御小県が3位。飯田下伊那が4位だった。

おすすめ情報

PAGE TOP