冬の諏訪湖畔彩るイルミネーション

LINEで送る
Pocket

水上スターマインを表現したイルミネーションの点灯が始まった諏訪市の諏訪湖畔

水上スターマインを表現したイルミネーションの点灯が始まった諏訪市の諏訪湖畔

諏訪市の諏訪湖畔公園周辺で26日から、イルミネーションの点灯が始まった。諏訪湖花火の名物「水上スターマイン」を電飾で表現。付近の街路樹にも取り付けるなど約3万球の発光ダイオード(LED)が冬の湖畔を彩っている。

諏訪観光協会や諏訪湖温泉旅館組合、諏訪商工会議所でつくる光の祭典実行委員会が主催して13回目。高さ3メートルの半円形の水上スターマインが5基あり、赤や緑、青、金などの色で光り輝く。街路樹は昨年を上回る20本余に施し、雰囲気を高めた。

岡谷市から5歳の長男と訪れた女性は「岡谷側の夜景が一緒に見えてきれいですね」。点灯式で実行委会長の佐久秀幸・諏訪観光協会長は「イルミネーションが輝くと通る車も減速するほど。観光客らにゆっくり楽しんでほしい」と語った。

来年2月28日まで。点灯時間は午後5時~同9時30分。

おすすめ情報

PAGE TOP