大粒イチゴ収穫本格化 諏訪湖いちご園

LINEで送る
Pocket

大粒イチゴの収穫が本格化=8日、諏訪市有賀

大粒イチゴの収穫が本格化=8日、諏訪市有賀

諏訪市豊田有賀の「諏訪湖いちご園」でイチゴの収穫が本格化し、養液栽培のハウス内で育った真っ赤な大粒をパックに詰めて近くの農産物直売所に出荷している。今月下旬になるとクリスマスケーキ用の需要が加わり、一段と忙しさが増す。

甘い「あきひめ」、程よい酸味を持つ「紅ほっぺ」「さちのか」など4品種を栽培している。同園によると、例年より生育が遅れたが、師走に入ってから日に日に収量は増えている。今年はイブを挟んで3連休となるため、洋菓子店からの注文は22日ごろに集中しそうだという。

豊田地区にある二つの直売所(さざなみ新鮮市、夢マーケット文出)に出すほか、午前中は園での直売にも応じている。「(輸送時間を考慮する必要のない)地産地消なので、新鮮で食べごろのイチゴばかりです。諏訪産の味を楽しんでください」と話している。30分食べ放題のイチゴ狩りは例年通り元日から始める。

おすすめ情報

PAGE TOP