80人ひと足早い春 清陵中で合格発表

LINEで送る
Pocket

掲示板で合格者番号を確認する保護者たち=12日午前9時、諏訪清陵高校で

掲示板で合格者番号を確認する保護者たち=12日午前9時、諏訪清陵高校で

諏訪清陵高校付属中学校(諏訪市)の来年度入学試験の合格発表が12日、同校であった。諏訪地方を中心に小学生男女40人ずつの計80人に、ひと足早い春が訪れた。

午前9時、高校正面玄関に合格者番号が掲示されると、保護者ら約50人が駆け寄った。番号を確認すると「やった」「よかった」と歓声を上げ、携帯電話で写真を撮り、家族などに連絡して喜びを伝えた。

母親と合格を確かめた茅野市の男子児童(12)は「化学が好きなので、化学部に入って好きな実験をしたい」と笑顔。同市の40代の両親は娘の番号を確認し「開校してから目指していたので努力が実ってよかった」と安堵の表情だった。清陵高OBで孫の合格を確認した諏訪市の祖父は「心配していたが良かった。昔のバンカラのムードを残せる清陵生になってほしい」と期待していた。

3日に行った入学者選抜は262人(男子132人、女子130人)が受験。倍率は3・28倍。前年比0・09ポイント増の狭き門だった。

屋代高校付属中学校(千曲市)も12日に男女各40人の合格者を発表した。

おすすめ情報

PAGE TOP