諏訪東理大入試志願者 前年の2.7倍

LINEで送る
Pocket

諏訪東京理科大(茅野市)は、26日現在の一般入学試験志願者状況(速報値)をまとめた。25日が出願期限だった大学独自試験のB方式前期は317人で、前年の2・7倍に達した。センター試験利用のA方式前期は1・9倍の460人で推移しており、出願期限の2月2日には3倍に達する見通し。

志願者は短大から四年制に改組、開学した2002年以来初めて、1000人を上回る見込み。同大は18年4月の公立化を目指しており、授業料が低く抑えられる公立大への期待感もあって志願者が増えたと見ている。河村洋学長は「期待に応えられる大学にならなければ」と気を引き締めた。

おすすめ情報

PAGE TOP